「世界女子スリークッションレジェンド」肥田緒里恵が帰ってきた…グループ1、ラウンド16[하나카드 LPBA]

写真の説明肥田緒里恵は、危機を勝ち取った後、「ハナカードLPBAチャンピオンシップ」のラウンド16とラウンド16で彼のスキルを披露します。

女子世界3ストライプ選手権で4回優勝した肥田緒里恵は、スロン・ピアビ、キム・イェウン、リム・ジョンスクのキム・ガヨンとともに、彼女のスキルを発揮し、LPBAチャンピオンシップラウンド16に出場した。 キム・セヨンはギリギリまでの緊迫した戦いの後、16ラウンドに到達するのに苦労し、イ・ミレはパク・ヒョシンと平均スコアを結び、5ラウンドで押し戻された。

肥田緒里恵は、14日夜にソウル江西区のメイフィールドホテルで開催された「22/23シーズンハナカードカップLPBAチャンピオンシップ」第16戦で73得点を挙げてグループ1位を獲得した。プール2(キム・ガヨン、ハ・ユンジョン、パク・ソンギョン)でプレーし、4回に22ポイントを獲得し、前半は63ポイントで1位に終わった。 その後、飛騨は少し落ち着きを見せ、キム・ガヨンに2位に押し戻されたが、後半に再び集中力を取り戻し、グループ1位で試合を終えた。 平均も1.263に達した。

飛騨は今回の大会以来、前ラウンドで128ポイント114ポイントで1位を獲得し、好調を維持しています。

金佳映は最初は攻撃力がなかったため苦戦したが、8イニングで21ランで流れを変えた後、グループ2位で16ラウンドに進んだ。

開幕戦後、2連覇を目指すスロンピアビが余裕を持って16ラウンドに進み、キム・セヨンがギリギリの劇的なターンアラウンドを見せた。

写真の説明開幕戦後、2連覇を目指すスロンピアビが余裕を持って16ラウンドに進み、キム・セヨンがギリギリの劇的なターンアラウンドを見せた。

オープニングマッチ(ブルーワンリゾートカップ)の優勝者であるトロンピアビは、16ラウンド(1.333)で最高の平均を達成し、16ラウンドのチケットを獲得しました。 グループ1(ハン・スルギとキム・セヨン)でプレーしたトロンは、早い段階でリードし、前半はチョン・ボラに次ぐ2位でフィニッシュした。 後半、スロングは11イニングで9ラン、13イニングで8ランを含む攻撃を遅らせず、76ランで試合を終えた。

最初のグループでは、Throngが1位を早く確認し、KimSe-yeonとJeongBo-raが2位を争いました。 キム・セヨンは後半開始(11イニング)でわずか25ポイント、ボボラ(69ポイント)に44ポイント差をつけ、ノックアウトの可能性が高いようだった。 しかし、ボ・ボ・ラの遅さを利用して、12イニングで6ラン、14イニングで9ラン、16イニングで15ランを全力疾走し、17イニングでチョン・ボラを4ラン(50:54)キャッチした。 キム・セヨンは最後の18イニングでバンクし、チョン・ボラに対して56:52の劇的なターンオーバーを達成し、ラウンド16のチケットを獲得しました。

また、キム・イェウン(97点)、東内(94点)、リム・ジョンソク(87点)、キム・ボミ(79点)が16ラウンドを比較的高いスコアで通過した。

対照的に、グループ7(イ・ミレ、ヨンヒョン、パク・ヒョシン、ソ・ジヨン)では、ソ・ジヨンが69ポイントで1位になり、イ・ミレとパク・ヒョシンが得点した。均等に49ポイント。 両選手の平均は同じで、結局、5回目のハイランで遅れていたイ・ミレ(1ポイント)がパク・ヒョシン(2ポイント)に敗れた。

そんな中、16ラウンドに進出した日本人選手4名(肥田緒里恵、東内奈津美、林浪子、酒井綾子)が16ラウンドに進出し、注目を集めた。 [김동우 MK빌리어드뉴스 기자]


[ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。