「不登校の若者のための無料の健康診断を受けましょう」 – ポリシー ニュース | 新着

女性家族部は29日、国民健康保険庁と国民不登校支援センターと共同で「不登校青少年健康診断集中広報キャンペーン」を実施すると発表した。ユース(以下、ドリームドリームセンター)の翌月1日から11月30日まで。

不登校の若者の健康診断への参加を促進するため、女性家族部は国民健康保険庁と共同で「不登校の若者の健康診断認定イベント」を開催することを決定しました。 . 今月 1 日から 10 月 31 日まで、健康診断を受けて健康診断を証明した不登校の青少年先着 500 人に 10,000 ウォン相当のモバイル ギフト券が贈られます。

また、10代に多く利用されている「キャロットマーケット」や「QUANDA」などのモバイルアプリを活用し、全国のインターネットカフェのバナー広告で健康診断情報を提供します。

各地域のドリームセンターは、地下鉄の駅や広場、公園、青少年が頻繁に訪れる青春祭りや縁日などを直接訪問し、その場で広報活動を行っています。 各センターのフェイスブックやインスタグラムなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて、健康診断の認定、フィードバック、健康診断の日などのさまざまなイベントが開催されます。

2016年以来、レジャー・レジャー省は、不登校の青少年の健康管理、病気の予防、早期発見のために定期的な健康診断を実施しています。

学校に通っていない 9 歳から 18 歳までの若者は、指定された検査施設で無料で健康診断と確認検査 (二次検査) を受けることができます。 定期健診周期(3年)で健診を受診した不登校の青少年は、再度健診を受けることができます。

健康診断では、肥満や高血圧などの健康リスク要因を特定し、肝疾患、結核、口腔疾患などの健康診断を行います。 必要に応じて、感染症、糖尿病、肝炎などの精密検査を選択検査と確認検査で受けることができます。

健康診断を受けたい不登校の若者は、ドリームドリームのウェブサイト(www.kdream.or.krから申請書をダウンロードし、必要書類とともにお住まいの地域のドリームセンターにお越しいただくか、郵送または電子メールで申請してください。 詳細については、Dream Dream の Web サイトを参照してください。

低所得家庭の不登校で、健康診断後に治療が必要な若者は、「危険な若者のための特別支援」と地域の関係団体との協力を通じて、追加の支援を受けることができます。 「危険にさらされている若者のための特別支援」は、社会的および経済的困難を抱えている9歳から18歳までの危険にさらされている若者の治療と手術の費用を国がセーフティネットローカルユースを通じて負担するプロジェクトです。

また、中央退役軍人病院を含む6つの退役軍人病院(ソウル、釜山、大邱、仁川、光州、大田)の支援により、歯科、内科、産婦人科、眼科を受診することができます。

女性家族部のキム・グォンヨン青少年政策課長は「思春期は心身ともに非常に重要な時期なので、青少年が自分の健康のために健康診断を受けてほしい。

問い合わせ先:女性家族部青少年家庭政策室不登校青少年支援課(02-2100-6319)

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です