「サムスンは違った」…日本の鋭い研究者、骨のある言葉

日本のマスコミコラムが「シャープの自信は完全な幻想」と批判

「厳格な性能、コスト管理、安全性…天と地の違い」

新着

日本のシャープに勤務し、サムスンに移籍したエンジニアが日本のメディアに掲載したコラムで、印象的な要素として、パフォーマンス、コスト管理、およびセキュリティ意識を挙げました。 その過程で元上司は「シャープのパネルが一番」と「完全な妄想」と表現。

日本経済新聞(Nikei)は2日、ディスプレイ技術者の竹内馨氏の体験談を掲載したコラムを掲載した。 シャープの堺工場が赤字の真っ最中だと書き始めたが、サムスン電子はなぜその性能が良いのかに興味を持ち、実際に体験してみることにした。

エグゼクティブレベルのシニアエンジニアとしてサムスンに入社した竹内氏は、「サムスンの厳格なセキュリティ管理に驚いた」と語った。 「会社からパソコンを持ち出そうとすると、玄関でアラームが鳴り、会社で使っている用紙がセットされているので、コピー機に別の用紙を入れたら印刷できません」そうしないと、廃業したときにアラームが鳴ります」と彼は言いました。

竹内氏は、スマートフォンに専用アプリをインストールしてカメラを制御する必要がないことや、セキュリティ担当者が常に会社を監視し、書類を置き忘れた従業員に通知することが印象的だと指摘しました。 「机の上に書類を山積みにして帰宅したシャープとは大きな違いでした」と竹内氏は語った。

竹内氏はまた、サムスン電子が競争力を持った要因としてコスト管理を挙げた。 同氏は「偏光子や回路材料などのサプライヤーから得た価格は、サムスンとシャープでそれほど変わらなかった」と語った。 倍近い高さでした。 当時、サムスンはシャープの60~80%のコストでパネルを作っていた」と述べ、「当時、シャープの幹部は常に『シャープのパネルは世界最高の競争力を持っている』と言っていた。錯覚。

竹内氏はまた、シャープとサムスンの違いは、データに基づいて競合他社の動向や能力を理解していることだと指摘した。 竹内氏は「当時、シャープの幹部が何の根拠もなくシャープのパネルは世界最高だったと言っているのとは対照的に、(サムスンは)近隣の企業も調査している」と語った。 「当時、サムスンはライバル企業を挙げていたが、ランキングにはシャープを含む日本企業の名前はなかった」と彼は回想する。

技術分野では、サムスンは 1990 年代からシャープとの技術ライセンス供与を通じて競争力を確保しており、韓国も中国が優秀な人材を採用しているため、困難に直面していると述べた。 彼は、「多くの才能が LG Display から中国に移動しているように感じます」と述べました。 中国最大のパネルメーカーであるBOEにはLG出身者が多く、CSOTにはSamsung出身者が多い。 “彼は言った。

最後に、竹内は技術者の処遇の違いを指摘した。 「パフォーマンス主義で競争は激しいが、役員になれば世界が変わる」と語った。 「車を手に入れれば年収は3000~4000万円、上流階級になれば数十億円になる。しかし、実績がなければ明日は出かけなくてもいい」となるでしょう。警告した。 彼は続けて、「幹部は退職後 2 年間、彼らの収入に対して補償を受けます。これは、他の企業への技術の売却を直ちに防止することも目的としています」と述べました。 竹内氏は「技術への関心度やエンジニアの処遇において、日本企業と天と地ほどの差がある」と記事を締めくくった。

< Détenteur des droits d'auteur ⓒ Seoul Economic Daily, réimpression et redistribution non autorisées interdites >

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。