「ゴキブリ」「死ね」… 憎悪に立ち向かう在日コリアン

◀ アンカー ▶

ゴキブリ、野生動物、韓国人は死ななければならない、これらの表現は今でも在日韓国人が日本人から耳にする公のヘイトスピーチの一部です。

在日韓国人は、そうした差別や憎しみに苦しみながら向き合っています。

コ・ヒョンスン特派員は、生存と尊厳のために戦っている在日韓国人に会った。

◀ レポート ▶

警察の警戒線の外に旭日旗を掲げた右翼団体が集まり、騒ぎを起こす。

[우익 시위자]
「私は彼が死ぬほど嫌いです。あなたはゴキブリです、ジョセンジン。」

その一方で、より多くの市民がより大きな声で立ち上がっています。

「人種差別主義者を止めろ!」

この反差別運動の中心にいるのは、日本最強の韓国人三世だ。

6年前にコリアタウンに来て憎しみをぶちまけた右翼連中の言動が我慢できなかった。

[최강이자/재일 한국인 3세(2016년)]
「いつでも、どこでも、誰にとってもヘイトスピーチは許されません。」

異国でのヒップな生活に耐えてきた在日コリアンにとっては大きな傷だった。

[박춘수 / 재일 한국인]
「(右側の人)行くように言われました。なぜ韓国人はここでナスを買うのですか?私は怒って肌が震えました。

崔氏は市民団体を結成してキャンペーンを開始し、2016年にヘイトスピーチ救済法を制定し、2019年にヘイトスピーチ処罰条例を制定した。

チョイと彼の家族が標的にされた。

[최강이자 / 재일 한국인 3세]
「死んだゴキブリが郵便で届けられました。頭を切り落とされた死んだゴキブリ…彼は『死ね』と言いました。」

崔はいつ攻撃されるか分からない防剣服を着ている。

「刃物で刺されても怪我をしないように、服の下には(防剣服)を着ています。もちろん、いつも着ています。

彼女は引き下がらなかった。

私たちは、匿名の加害者と訴訟を見つけながら、効果的な反差別法を作成することに焦点を当てています。

「怪我をするのはつらいですが、残念ながら、このままでは今の日本社会は良くなりません。」

日本の不動産コングロマリットである富士ハウジング。

在日は死んだ。 野生動物です

2013年以来、韓国人を中傷する文書を連日全従業員に配布しています。

これは今井社長の指示で、右翼的になりがちな記事に直接下線を引いたり丸をつけたりしました。

社員にも感想を募集し、韓国を強く憎む記事を掲載した。

我慢できなくなった在日コリアンA3世は、結局会社と社長を相手取って訴訟を起こした。

「そう言って資料を配り続けるのはとても辛かった」[les femmes de réconfort]売春婦または高級売春婦でした。 山のようにひどい書類がたくさんありました。 許しがたいことだった」

1回目と2回目の挑戦で勝利。

裁判所はすべての損害を認め、会社に1300万ウォンの賠償を命じた。

しかし、会社側は、あくまで社員教育のためであり、言論の自由を侵害するとして控訴した。

[A씨 / 재일 한국인 3세]
「(大企業が)そういうことをするのは当然だけど、日本ではそう見えないのが現実だと思う」

良心的な日本人も彼らの戦いに参加します。

[오사와 에미코 / 차별반대단체 회원]
「日本人でさえも直面する可能性のある他の差別を助長するのをやめることができると思います。」

日本に住む100万人の韓国人が、常に右傾化する日本で、差別と憎しみに苦しみ、闘っています。

彼らの戦いは、自らの生存と尊厳を守るだけにとどまらず、日本社会にも響き渡る。

大阪出身MBCニュースのコ・ヒョンスンです。

映像取材:イ・ジャンシク、キム・ジンホ(東京)/編集:チョ・ミヌ

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷ カカオトーク@mbcレポート

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。