「アトランタ韓国殿堂ガールズの設立を支援してください」

「歴史の中で二度と起きてはならないことを忘れて記憶してはならない。それを教えなければならない。より良い未来はそれ自体では来ない。私たちは目を覚まさなければならない。私たちは未来の平和を象徴する少女像の設立を支持し支持する」 .”

12日午前(韓国時間)、TBSニュースファクトリーでアトランタ・ガール像の建設が遅れていると語ったキム・ベクギュ元アトランタ州大統領のインタビューより、Googleの署名フォームがSNSに投稿されたもので、署名用紙に署名者が残した励ましのメッセージです。

調印式を行ったセウォル号を忘れないアトランタ人民協会(セサモ、アトランタ)の関係者は「『アトランタ平和少女(ペク大統領)』銅像建立委員会に力を与えたい」と話した。 -gyu Kim) と現在の韓国協会が少女像の設置に関する同意書に署名しています。

 

全体像を見る

▲ アトランタ・ガール像の制作を支える署名用紙 「平和の像は政治的な象徴ではなく、歴史と未来の世代の善良な人々に伝えられる平和と人権の普遍的なメッセージであるという観点から、私は韓国の全面的な支持を表明したいと思います-彫像の設立のためのジョージア州のアメリカ人コミュニティ。」
ⓒ アトランタ セサモ

関連写真を見る

アトランタ韓国協会(イ・ホンギ会長)は、8月15日の第77回解放記念日に合わせて、アトランタ韓国センターに2番目の平和の娘像を建立することを決定したが、数人の元韓国人の反対により、建立は中断された.大統領。 .

キム・ベクギュ会長によると、最高意思決定機関である取締役会で満場一致で採択されたが、公聴会がないことに反対する声もあった。 また、「韓国政府は日本政府との対話で解決しようと上機嫌だが、(少女像を)入れたら上機嫌に金水を注ぐようなものではない」という風潮もある。 金委員長は、「少女像は政治とは何の関係もない。過去の歴史を未来の世代に伝え、将来、事前にこのようなことが起こらないようにするだけだ」と述べた。 「韓国政府とは何の関係もない。我が国の真実だ。古代の歴史を伝えるためだ」と彼は語った。

実際、前大統領は諮問機関にすぎず、意思決定権はありませんが、複数の顧問の反対により、銅像の建立は保留されています。 韓国の会館以外の場所に設置すべきという立場もありますが、イベントの多い場所に設置する意義があるというのが設立のプロモーション側の立場です。主流社会から、しばしば接触することができます。

以下は、Google の署名フォームに投稿された応援メッセージです。

 


「私は、アトランタに第二の平和の娘の像を作ることを強く支持します。平和の像の創造は、普遍的人権と平和の観点からのみ議論されるべきです.アトランタのコリアン コミュニティ センターの中庭に第二の平和の娘の像を建ててください. .”

「理解できないし、親日派がいまだにいるのが恥ずかしい。せめてこうやって応援を送れる窓口を作ってくれてありがとう」

「個人の意見を抜きにして歴史を語ることは、今の世代に与えられた重要な責任だと思う。これからも応援していきたい」


「歴史が繰り返されないように、恥ずべき歴史を思い出し、反省しなければなりません。覚えておいてください!!」

「アトランタのコリアセンターに少女像を建てるだけでなく、日本の残虐行為を世界に知らせるためでもあります。」

「神の前に立つとき、誇りに思うためには、歴史に正直でなければならない。」

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。