「アサーティブ効果」のおかげで、株価は公募価格に比べて273%跳ね上がりました。

ミニチュア

ツールウーマンのキム・ジュヨン最高経営責任者(CEO)は、3月にコスダックに上場し、4カ月後には930億ウォン相当の富裕層の仲間入りをした。 前日のキム代表の持ち株の価値は、韓国の上場企業の全個人株主の中で314番目に高かった。

金融監督院の3日の電子開示システムによると、ツールウーマンの筆頭株主であるキム代表の持ち株の価値は前日、930億ウォンと推定された。 取引開始以来、株価は大幅に上昇しており、キム代表の持ち株の価値は、以前の249億ウォンから273%増加した。

現在、キム代表が保有する株式数は747万株で、ツールウーマンの全株式の33.90%を占めています。 代表取締役および関係者は、TS 2018-12 M&A (33.36%) とムン・ウンギョン (0.27%) の 5 名であり、TS インベストメントの投資組合であり、約 34.35% の株式を保有しています。

ツールウーマンは、3月にKOSDAQに上場したとき、興行収入に失敗しました. 機関投資家の需要予測では、ファンドマネージャーの参加が少ないため、競争率は56.91対1にとどまりました。 結局、IPO価格はグループ最安値より30%低い2万ウォンで確定した。 公募株数は112万株、公募規模は224億ウォンに減少した。 2万ウォンのIPO価格に基づいて、時価総額はわずか734億ウォンでした。

しかし、上場後の6月14日、同社は普通株式1株につき5株の新株を500%無料で発行することを発表した。 ほとんどの株が弱気相場で下落したときも、2日連続で上限に達し、大きな注目を集めました。

その後、株価は無料銘柄を発行した6月29日から2日連続で再び上限を記録し、翌月の翌月1日には投資リスク銘柄に指定された。 そして取引は1日停止されました。 株価は、取引停止が解除された翌日から 2 日間にわたって再び上値を付けて急騰し、4 日連続で上値を付けました。 その後、日中は5万4500ウォンまで反発したが、すぐに再び下落し、14日には下限を記録し、かつての右前の価格に戻った。

しかし、それでも公募価格(調整後株価3,337ウォン)から273%のリターンを記録した。 時価総額は公募価格ベースで734億ウォンだったが、2日終値ベースでは2743億ウォンに跳ね上がった。価値最高経営責任者の金社長の持ち株はピーク時から大幅に下落したが、依然として高い水準にある。出品時よりもレベルアップ。

ツールウーマンは、2006年に会社として創業し、2003年のブランド立ち上げから、体型に関係なく欲しい服が買える婦人服専門モールです。 特にプラスサイズ(既製服の標準サイズよりワンサイズ大きいサイズ)に強いブランドです。 ツールウーマンとしての使命も0から9までのすべての数字を表現することで、すべての女性が体型に関係なく自由に自分の着たい服を選べることを意味しています。

昨今、ファッション業界が非対面の時代に移行する中、ブランドが流通業者を介さずオンラインで直接消費者に販売するD2C(Direct to Customer)方式がe-tradeに登場しています。 Tool Woman は、独自のオンライン指向のプラットフォームを作成し、D2C のようなビジネス モデルを適用することで、業績としての成長を証明しています。

ツールウーマンの第1四半期売上高は、前年同期比31.1%増の100億ウォンを記録した。 同期間の営業利益も54.1%増の15億ウォン。

ツールウーマンの収益は3年連続で増加。 昨年、ツールウーマンは売上高473億ウォン、営業利益103億ウォンで、昨年同時期よりそれぞれ44.8%、92%増加した。 同期間の純利益は101.7%増の88億ウォン。

ツールウーマンは今後、ブランド、地域、事業領域を拡大することで、持続的な成長の基盤を築く予定です。 同社は、デザイン研究センターで、中心的な商品開発力を基に、商品開発と海外市場への参入を通じて、ファッションプラットフォームのスペシャリストとして飛躍する計画であると発表した。

未来アセット証券のチョン・ドンホ研究員は「ツールウーマンは50億ウォンを投資して米国、日本、東南アジアなどの海外市場に進出する計画であり、今後海外市場に進出する勢いが期待される。市場規模は10兆4000億ウォンと予想される。 ”

ジャーナリスト シン・ヒョチョル shinhc@

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。