「もう3人処刑した」…日本の処刑人:安倍を殺した犯人の運命は?

絵の説明[사진출처 = 연합뉴스]

安倍晋三元首相を射殺した山上哲也容疑者(41)の処罰は?

日刊現代は10日、日本が死刑を適用しているため、山上被告の死刑判決の可能性が非常に高いと報じた。 日本は、いまだに死刑を執行している数少ない先進国のひとつです。

安倍晋三前首相が8日の選挙戦中に射殺されました。

安倍さんの治療を担当した奈良県立医科大学病院(奈良市)の救急医療担当の医療関係者が同日午後6時15分ごろ記者会見し、午前5時ごろに安倍さんが死亡したと発表した。 :午後3時

安倍晋三元首相は同日午前11時30分ごろ、奈良県奈良市で参議院選挙の応援運動中に数メートル離れたところから2メートル離れたところから容疑者に撃たれた。 6分後、午前11時37分に救急車が到着し、心臓マッサージなどの応急処置を行った後、救急車に運ばれました。 搬送時は心肺停止状態。 消防士は、首の右側に切り傷と出血があり、左胸に皮下出血があったと述べた.

山上容疑者は警察の捜査で「母は信心深く、多額の寄付をして破産した。罰を受けなければならない」と語ったことが知られている。

「最初は宗教団体の指導者をターゲットにしていましたが、なかなか伝わらず、安倍首相が宗教団体に送ったビデオメッセージを見て、関係があると考えてターゲット(阿部)を変更しました」と続けた。

最初から安倍前首相を狙っていたわけではない。

他の日本のメディアも、山上が重い罰を受けることを期待している.

彼らは銃が殺人目的で作られたこと、殺人が綿密に計画されていたこと、銃が至近距離で次々と発砲されたことを挙げた。

地元メディアによると、日本では、1 人の容疑者が複数の人を殺した場合、または残忍な殺人を犯した場合、死刑が科せられます。

犠牲者が1人だけの場合、無期懲役または無期懲役が課せられます。

このような観点からすると、山上被告は無期懲役・無期懲役の可能性が高いのですが、日本のマスコミでは、被害者が著名な政治家であり、罪悪や過ちを犯しているため、被害者に死刑が言い渡される可能性があるとの分析が支配的です。彼は多くの人がいる公共の場所で犯罪を犯しました。 .

実際、2007 年に長崎の伊藤一丁時代の市長を銃で殺害した男は、控訴審で無期懲役に減刑されたが、その直後に死刑を宣告された。

しかも、今回の事件は被害者が元総理大臣であり、日本を代表する有力者であることから、最高裁の判決が言い渡される可能性が高い。

もちろん、死刑が宣告されたとしても、執行されるかどうかはわかりません。

しかし、日本での死刑執行は2020年にはゼロから、岸田文雄首相の就任後は3人に増えるとの慎重な意見や、実際の死刑執行までもある。

岸田首相は昨年12月21日、就任後初の死刑執行を行った。

その日に処刑された死刑囚の 1 人は、2004 年に 7 人の親戚を刺し殺した罪で死刑判決を受けた 65 歳の男性でした。

[이상규 매경닷컴 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。