「それは清王朝の終わりのようなものです。」

◀アンカー▶

「先進国の廃絶が差し迫っている」、「崩壊前の中国の清王朝の終焉のようなものだ」。

これらは、最近の日本経済についての厳しいインサイダー警告です。

1990年代にバブルが崩壊した後、「失われた10年」という言葉は、まだ回復していない長期的な不況のために「失われた30年」に置き換えられました。

東京特派員のコ・ヒョンスンがいくらか報告している。

◀レポート▶

毎朝何万人ものサラリーマンが注ぐ東京の品川駅です。

これは日本経済のダイナミズムを示しているように見えますが、実際には深刻な危機を示す内部警報ベルがあります。

最大の問題は成長の停滞であり、1990年代のバブル崩壊後の「失われた10年」は現在「失われた30年」と呼ばれています。

過去20年間で、不況が繰り返された結果、1人当たりGDPは1.02倍に増加し、実質的に同じレベルにとどまっています。

生産性が低いため、購買力の尺度である平均賃金は、30,000ドルの範囲に結びついています。

韓国では同期間に2.56倍になり、日本の86%に達し、平均給与は40,000ドルで、2015年にはすでに日本を上回っています。

国家競争力では、韓国が23位、日本が31位であり、デジタル技術と電子政府のランキングの差はさらに顕著である。

2040年までの成長見通しも韓国の半分に過ぎず、日本は年平均1.1%の成長率です。

その結果、一人当たりのGDPは韓国の半分に過ぎなかった。

[노구치/교수]
「韓国の一人当たりGDPは徐々に日本を上回り、韓国全体のGDPは日本に近づくだろう」と語った。

ユニクロの柳井会長は、日本の崩壊について次のように警告した。「日本はすでに中所得国になり、発展途上国になる可能性があります。

また、中国の清朝末期に似ているという苦い声もありました。

[하라다 유타카/나고야상과대 교수]
「清朝末期、中国当局は 『これでいい』と思ったが、(現在の日本の当局者は)それを変える必要はないと言って何もしなかった。」

コロナの大流行に直面して、郵便とファックスに依存するアナログ政権は日本の現在の住所を明らかにしました。

さらに、少子化と高齢化、過剰な公的債務、州予算の半分を超える社会的支出も抑制されています。

東京のMBCニュースのヒョンスンコです。

ビデオ取材:イ・チャンシク、キム・ジンホ(東京)/ビデオ編集:イ・ジョンソプ

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトーク@mbcレポート

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。