「これかあれ」…「アライアンスチップ4」サムスンとSKが懸念を深める

ミニチュア

政府が「チップ4アライアンス」への参加を真剣に検討していることから、国内の半導体業界の懸念が高まっています。

国内の半導体メーカーはアメリカの半導体技術を使って半導体を製造しているため、アメリカとの協力は不可欠ですが、巨大な顧客である中国からの反発は無視できません。

米国主導の半導体サプライチェーンアライアンス「チップ4」は、韓国、米国、日本、台湾の4カ国からの参加を目標としています。

◇「アメリカの半導体技術なしでの製造は不可能…チップ4同盟が不可欠」=関連業界によると、バイデン政権は最近、韓国にチップ4同盟への参加を知らせるよう韓国に要請した。 3月から8月末に請求を行っています。

チップ4アライアンスの役割はまだ詳細にはわかっていませんが、米国が中国の「半導体の進歩」を制御する方法として解釈されています。 半導体は先進兵器やサイバーセキュリティの開発において重要な要素であるため、中国政府は半導体の独立を積極的に推進しており、米国は国家安全保障問題などの理由でそれを広く検証しています。

業界は、Chip4アライアンスへの参加は避けられないと考えています。 これは、米国には半導体のソース技術が多数あり、自国の技術を管理することは海外の半導体生産に影響を与える可能性があるためです。

韓国産業経済貿易研究所のキム・ヤンパン研究員は、「韓国は米国のコア技術なしには半導体を製造できないため、「チップ4同盟」を積極的に検討する必要がある。 私たちが次世代半導体の製造に力を注ぐならば、韓国は必然的に私たちの主要産業である半導体産業から排除されるでしょう。

「世界の半導体サプライチェーン再編運動と政策への影響」に関する最近の報告書の中で、韓国産業経済貿易研究所は、日本の半導体産業が1980年代半ばのアメリカの措置のために衰退し始めたという事実を主張しました。回復ではありませんが、カウンターティーチャーとして使用する必要があります。

1985年6月、米国半導体工業会は、半導体産業政策における民間企業の日本政府の支援が不公正であると主張して、UTSRに苦情を申し立てました。 プラザ合意後、日本企業の半導体価格競争力は低下し、米国の貿易報復により半導体産業は衰退し始めた。

しかし、主要顧客である中国の反応を調査しなければならないサムスン電子とSKハイニックスは慎重だ。

半導体業界関係者は、「 『チップ4同盟』はまだ決まっていないので、今後の対策について話し合うことができる状況ではない」と述べた。 私たちは見守っています」と彼は言った。

◇「問題は半導体だけではない…経済的報復の懸念」=韓国の半導体産業の構造上、米国と中国の双方向の道を選ぶのは難しいが、業界では「Chip4Alliance」は、中国での事業の突然の縮小を引き起こす可能性は低いです。 分析があります

サムスン電子とSKハイニックスの中国工場でのメモリ生産が減少した場合、最終的に苦しむのは中国企業です。

別の業界関係者は、「サムスン電子とSKハイニックスを除いて、残っているメモリ会社は米国ミクロンと台湾の会社だけだが、中国の観点からは、どの国からもセミドライバーを受け入れることは不可能だ。 「4アライアンス」への参加に無条件に反対することは難しいでしょう。

「最も象徴的なことは、中国にあるサムスンとSKハイニックスの工場が、中国でのコロナ19の封鎖中も停止しなかったことだと思います。

しかし、経済的報復が半導体以外の方向に戻るのではないかという懸念があります。 半導体の場合、代替手段はありませんが、THAAD配備時のように、経済的報復がゲームや化粧品などの他の方向に戻る可能性があります。

また、米国議会が米国の半導体産業に520億ドル(約65,000億ウォン)相当の助成金とインセンティブを与える「半導体産業振興法」を取り締まることが知られていることから、国内の半導体企業の地位はもっと曖昧。 。

この法案は、米国政府の補助金を受けた場合、中国またはその他の懸念国での半導体生産能力の物理的拡大を10年間禁止している。

SKグループの崔泰源社長は、「中国市場を可能な限り友好的にリードするのは良いことだ。それが好きかどうかにかかわらず、まだかなり大きな市場であることは事実だ」と語った。 ” 彼は言った。

ジャーナリストのイ・ジスクjisuk618 @

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です