「うちで寝ませんか?」…衆議院議長がセクハラ疑惑を告発

[서울=뉴시스] ▲キム・イェジン記者〓日本の週刊紙が報じた細田博之衆議院議長のセクハラ疑惑が続いている。 細田社長は2度にわたり抗議し、法的措置を取る意向を表明したが、与党はこれが7月の選挙に影響を与える可能性も懸念している.

読売新聞などによると、細田社長は27日、女性記者や自民党職員へのセクハラを繰り返した疑いで、前日、週刊週刊誌の編集部に苦情を申し立てた。

2度目の苦情です。 細田社長は抗議文で「23日には根拠のないことだと強く抗議したが、今日も同じ趣旨の記事が掲載されたことに強く抗議する」と述べた。

今後、通常国会が閉会した後、弁護士に相談し、法的措置を検討して、もう一度会ってみたいと思います。」

週刊文春はニュース19号で、細田社長が過去に複数の記者に「彼氏はいる? または夜遅くに電話して、「今すぐ来ませんか?」と言いました。

その後、第26号では、細田社長が記者に対し、「警察が立っているから大丈夫。うちに来い」「寝たら(重要な情報)教えてあげる」などのセクハラ発言をしたことが報じられた。あなたの次に。”

細田社長はこれを根拠のないものだと繰り返し否定しているが、セクハラ問題は沈静化していない。

細田総裁は与党自民党の「大物」であるため、与党はまた、彼が7月の参議院選挙に影響を与えることを恐れている。

時事通信は「細田社長は事実無根を否定しているが、是正はされていない」と指摘。[la situation]. 与党内で参議院選への影響を懸念する声が上がり始めた。

細田総裁は、官房長官などの閣僚、自民党書記長、幹事長などの要職を歴任した日本の政界の重鎮です。

特に、安倍晋三元首相はグループ長を辞任したものの、2014年から2021年まで、自民党最大派閥の清和政策研究会の会長を務めた。自らを「細田派」と名乗った。

野党は攻勢を強めている。 25日の衆議院本会議で、立憲民主党の議員が岸田文雄自民党党首に「大統領としての資質があると思いますか。

岸田首相は「行政長官として、意見を述べることはできない」と応じなかった。

27日の衆議院予算委員会で細田社長のセクハラ疑惑について改めて問われると、細田社長は「セクハラは個人の尊厳や人権に関わる非常に重要な課題。

◎同情メディアニュース aci27@newsis.com

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。