WBC USキャプテン・トラウト「勝っても負けても、大谷選手との楽しい試合を楽しみにしています」

「2017年大会への出場を断念したことを悔やみ、最後の試合で応援したい」

メジャー リーグ ベースボールのロサンゼルス エンゼルスのマイク トラウトは、彼のキャリアで最高の打者と見なされています。 APニュース聯合

2023年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でアメリカ代表のキャプテンを務めるマイク・トラウト(32・ロサンゼルス・エンゼルス)が優勝への意気込みを語った。

トラウトは21日(韓国時間)、AP通信とロサンゼルス・タイムズとのビデオインタビューで「勝つためにWBC USAチームに入った。勝てなければ負ける」と語った。

2006年の第1回大会で8位、2009年に4位、2013年に6位に終わった後、アメリカはWBC 2017で初のチャンピオンシップを獲得しました。年。

個人的な理由で2017年のWBCに参加しなかったトラウトは、「あの時の決断を後悔している。あの時はアメリカのチームでプレーしなければならなかった」と語り、「最後の試合を応援したい」と願った.この大会で。」

彼のキャリアの中で最高の打者と見なされているトラウトは、WBC 2023 で早期のスタートを約束し、米国代表チームのキャプテンにも指名されました。 トラウトのアメリカ代表入りの発表は、最強のチーム作りのきっかけとなった。

外野手ムーキー・ベッツ (ロサンゼルス・ドジャース)、ワイドレシーバー JT リアルミュート (フィラデルフィア・フィリーズ)、一塁手ピート・アロンソ (ニューヨーク・メッツ)、ポール・ゴールドシュミット (セントルイス・カージナルス)、二塁手トレバー・ストーリー (ボストン・レッドソックス)、三塁手ノーランエラナド (セントルイス)、投手クレイトン カーショー (ドジャース)、アダム ウェインライト (セントルイス) などのメジャー リーグのスターが WBC に参加することを約束しました。

米国代表チームは、現地時間の3月6日にアリゾナでトレーニングを開始します。 ジャイアンツやサンフランシスコ・ドジャースとの評価戦でチームワークを固めた後、本舞台へと向かう。

グループCのアメリカは11日にイングランド、12日にメキシコ、13日にカナダ、15日にコロンビアと順番にアリゾナ州フェニックスのチェイスフィールドで対戦する。

トラウトは「最高のコンディションで戦うつもりだ」と述べ、「(昨年7月の)背中の怪我の後遺症はない」と語った。 彼はまた、日本のチームメイトである大谷翔平(エンゼルス)と対戦することも期待していました。 投手も兼任する大谷は、準決勝か決勝でアメリカと対戦すれば、投手としてトラウトと対戦できる。

「大谷は『僕は日本チームで最高の選手ではない』と言った。トラウトは『きっと彼らは素晴らしいチームだ』 “

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です