Swingは、国内のモビリティ企業として初めて日本市場に参入しました


[테크월드뉴스=조명의 기자] Swingは、日本で本格的な電気基板共有サービスを開始すると発表した。 7月15日に東京で正式にサービスを開始し、500台の電気ボードを運用します。




Swingは、韓国市場で蓄積された共有モビリティの経験とノウハウを利用して、海外市場に真剣に浸透する最初の国内パーソナルモビリティ企業になります。 Swingは、昨年、日本人が常駐する子会社を設立した後、日本のモビリティ環境に最適化されたサービスの提供に向けて準備を進めていると説明しました。


日本では、人口の半数が自転車を主な輸送手段として利用しており、コロナ19以降、電動スクーター、電動自転車、オートバイなどのパーソナルモビリティの需要も急速に高まっています。特に最近の道路交通法の改正により、電動スクーターのライセンスに関する必須条項の削除により、共有サービスの使用がより積極的になることが期待されます。


Swingは、日本の東京を皮切りに、7月にサービスエリアを1,500ユニットに拡大し、今年中に6,000を超える電気ボードを確保し、3つの都市に展開する予定です。 今後は、電動自転車や電動二輪車も順次シェアリングサービスを開始し、日本最大のマイクロモビリティ企業を目指します。


Swingは現在、70,000台の電動ウォーキングボードで構成される韓国最大の電動モビリティシステムを運用しています。 7月には160万人の加入者に達し、月間利用者数(MAU)も56万人を超えました。最近、全国のモビリティ企業の中で、中小ベンチャー企業省が主催する唯一のユニコーン特別保証会社に選ばれました。その成長の可能性と革新的な精神。


Swingのキム・ヒョンさん最高経営責任者(CEO)は、「日本と韓国の両方で最高レベルのデバイスとサービスを提供することで、業界をリードする企業として認められるマイクロモビリティブランドになりたい。それを可能にするために努力する」と語った。人々が自然に動くために。
















Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。