OECD韓国の矛盾した「死」…自殺率は1位だが死亡率は最も低い [뉴스원샷]

エキスパート ジャーナリストのタッチ: 誇らしげに最も低い死亡率で 1 位にランクされました

少し前に国家統計局が発表した2021年の死因統計を見ると、悲しみと喜びが交差しています。

悪いニュースは自殺です。 再び、経済協力開発機構 (OECD) がトップの座を維持しました。 人口10万人あたりの自殺率は23.6人で、他国に比べてかなり高い(統計局は韓国とは集計方法が違うので26人と言っている)。 リトアニア (20.3) と韓国だけが 20 を超えています。最低の国はトルコ (旧トルコ) で、4.4 です。 キリストは4.6と非常に低いです。 米国(15.2人)と日本(14.6人)は他の加盟国より高いが、韓国よりはるかに低い。

自殺が 10 歳、20 歳、30 歳の人々の主要な死因であるという事実は、さらに悲しいことです。 これは、韓国の若者の生活がいかに困難であるかを明確に示しています。 政府が自殺対策課を設けるなどの政策対応をしてから数年が経ちますが、それは今も変わっていません。 江原道は、年齢分布を同じ条件に調整すると、市・道別の自殺死亡率が最も高い。 世宗市で最も低い1.53倍だ。 キム・ジンテ江原道知事も注目すべきポイントだ。

良いニュースは、全体的な死亡率が OECD 諸国の中で最も低いことです。 100,000 人口あたり 582.1。 年々減少しており、2017年(635.9人)よりも大幅に減少しています。 メキシコは全体の死亡率が最も高い。 1533.7(2020年現在)で韓国の2.6倍。 メキシコに続いて、リトアニア、ラトビア、ハンガリー、チェコ共和国、スロバキア、アメリカ、ポーランド、トルコが最高です。 医療体制が整っていないというか、韓国と違って国民健康保険制度が整備されていないという。

韓国に続いて、日本、オーストラリア、スイス、ルクセンブルグ、イスラエル、カナダが死亡率が最も低くなっています。 これらの国では、医療および社会保険制度が確立されています。

なによりもガン死亡率が自慢です。 人口 10 万人当たり 142.7 人で、メキシコに次いで 2 番目に低い。 メキシコは 125.9 人でトップの座を獲得しましたが、少し傾いています。 これはハンガリーの上位半分にすぎません。 韓国の医師が医療技術を学んでいる米国(10位)と日本(6位)のほうが高い。

がんは最大の病気です。 この分野の「デファクトナンバー1」は、韓国の医療大国としての地位を示しています。 アメリカの週刊誌ニューズウィークの「2022年世界病院ランキング」では、サムスンソウル(6位)、ソウル峨山(7位)、ソウル大学校(15位)、ソウル城模(21位)、シンチョン(新村)セブランス(27位)、国立がん研究所、6センターセンター(35位)を含む 、がん治療のトップ50にランクインしました。 これらすべてが合わさって、良い結果が生まれました。

さらに、韓国は心臓病による死亡率が最も低い国です。 脳血管疾患による死亡率は9位と非常に良好です。 韓国の強みは心血管疾患の治療に現れています。

糖尿病による死亡率は14位と比較的低い。 日本が 1 位、フィンランドが 2 位、英国が 3 位です。

しかし、肺炎による死亡率は、メキシコ、トルコ、ポーランドに次いで 4 番目に高い。 交通事故の死亡率は着実に低下しているとはいえ、OECD 加盟 38 か国中 24 位にとどまり、依然として低中程度にとどまっています。

韓国の死亡率が低いおかげで、平均余命は急速に伸びています。 60~70歳に加え、80歳以上の超高齢者も大幅に増加しています。

サムスン医療センターがん病院のイ・ウヨン院長は「国民医療保険制度が整っており、医療水準が世界に広がるほど高い」と話した。 リー監督は、「あなたはそれを誇りに思うことができます」と付け加えました。

シン・ソンシク (ssshin@joongang.co.kr)


Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です