MEDI:GATE NEWS 慢性的な低価格による必須医療の回避…韓国の医療の持続可能性のために

写真=ゲッティイメージバンク

[메디게이트뉴스] 韓国の医療制度は非常に確立されているため、世界でその起源をたどることは困難です。 代表的な例としては、国民健康保険の申請書、徒歩10分圏内に並ぶ病院・診療所、がんの早期発見など世界が羨む健康診断制度、即日診療を実現する医療制度などがあります。大学。 病院。 5 留学生が海外から医療を学びに来るほど、病院のレベルが向上している。

しかし、韓国の医療は腐っています。 慢性的な水道料金の低迷により、医師にとって不利な環境が多くあります。 出産時に事故が起きた場合、過失がなくても医師はその損害を修復しなければなりません。 梨花女子大学の木洞病院で、新生児を死亡させた疑いで小児科医が逮捕された。 最近、仁川のある大学病院は、小児科に専攻がなく、小児科患者を入院させることが不可能であると宣言し、2023年には、全国の小児科の専攻の16%(33/207)しか満たされなかった.

2005年に大邱でインターンシップをしましたが、外科インターンシップ中、通常の手術を終えて午後8時に最初の食事をするようになり、虫垂炎の患者2人と腹膜炎の患者1人が来ました。 食事中に手術室に入り、手術を終えたのは翌日の午前5時。 日常業務に戻りました。 脳神経外科でのインターンシップ中も同じでした。 30代前半とはいえ、このままでは一生無理だと思い、脳神経外科医になる夢を諦めました。

少子化で打撃を受けている産婦人科や小児科の志願者数が減少している。 しかし、小児科を希望する医学生もおり、志願率は維持されていたが、梨花女子大木洞病院の事件がきっかけで減少した。 小児科医が逮捕されたのを見て、実習生が小児科の申請をためらうのは当然のことです。 不可抗力の出来事でさえ治療結果に関連している場合、誰が患者を診察しますか?

韓国の医療崩壊には様々な理由があるだろうが、その原因を探ると、最終的には水不足の問題に行き着く。 ヒポクラテスの誓いを立てた医師は、お金を明かすだけだと言うでしょうが、医師でさえ家族を作り、スタッフの給料を払い、病院の家賃と薬を払わなければなりません。 健康保険公社一山病院も保険料負担で運営しており、赤字だ。 水不足は誰もが知っている問題です。

韓国の医療保険制度は単一の保険制度であり、すべての病院と診療所は当然、健康保険によって指定および管理されています。 帯の大きさを設定した上で、健康保険会社の数交渉の際に各職種(診療所、病院など)の数を分けて共有します。 一方が上がると、もう一方が下がります。 サプライヤー組織(ボトル、クリニック)は運営委員会から除外され、メンバー数の交渉が失敗した場合、サプライヤーはペナルティを受けます。

現在の番号交渉は、交渉を装った一方通行の通信ではありません。 商品を売買すると、需要と供給の原理によって市場価格が決まります。 しかし、価格交渉は供給者に権限がなく、消費者が価格を決める仕組みです。 医療の公共性を考慮して増加幅を調整することに同意しますが、何十年も繰り返されてきたように、韓国の医療は歪曲されます。 ソウル峨山病院で看護師が死亡した事件も同様だ。

小児科と青年だけではありません。 整形外科や形成外科の専攻も極端な仕事です。 しかし、人気のコースである理由は、難しくても将来が約束されているからです。 リハビリテーション科と放射線科は、安定した生活を維持できるように常にサポートしています。 小児科、産婦人科、胸部外科は、将来が不安で安定した生活を送ることが難しいため、支援対象外です。 結局、低価格が問題です。

医師の数が足りないので、公立医科大学を作って医師を増やせば解決するのでしょうか。 6 年間の医学部、4 ~ 5 年間のインターンシップとレジデントを含めると、現在割り当てが増えている医師は、早くて 10 年後には現場に配置されます。 10 年後の世代に影響を与える医療政策を決定することは容易ではありません。 残念ながら、公衆衛生従事者が不足している理由を特定する調査や事実調査は、適切に実施されたことはありません。

それを民間に任せて消えてしまってもいいのであれば、必須の医療ではありません。 小児科はほとんどカバーされていません。 保険診療のみで医療機関を運営することは困難です。 高齢化が進む介護病院も同じ状況です。 人頭制で定額料金を受け取る看護病院は、値上げに比べてインフレ率が低く、不払いがないため、数年以内に多くの病院が閉鎖されます。 耐久性なし

韓国の低価格はOECDの基準を下回っており、中国やカンボジアと比較するのが早い. 子どもの強制接種ワクチン(日本脳炎、DTPなど)は品切れが多い。 ワクチンは価格が手頃な場合にのみ輸入されますが、医療費が安いため、安定した供給を確保することは困難です。 泌尿器科では、必要な薬が間に合わないという問題も多い。 損傷は患者によって直接見られます。

健康保険の財源はあと7~8年と言われています。 健康保険制度を維持し、社会的合意を形成する方法を考える必要があります。 政府は8日、健康保険の財政効率を改善するために不可欠な医療支援策を提示した。 14日には、健康保険料交渉制度の改善に向けた議論が行われた。 料金交渉体制を一気に解決するのは難しく、相反する要素を段階的に進めていくロードマップが必要です。



※コラムはコラムニストの私見であり、本誌の編集方針とは一致しない場合があります。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です