LG Display、透明OLEDで鉄道市場を狙う

LGディスプレイとLG電子は20日(現地時間)、ドイツのベルリンで開幕した世界最大の鉄道技術展示会「Innotrans 2022」に参加し、新しい乗車体験を提供する「鉄道用透明OLEDソリューション」を公開した。

Innotrans は、電車、地下鉄、路面電車など、鉄道業界に関連するさまざまな技術や機器を展示する展示会です。 60カ国から3,000社以上が参加しました。

LGディスプレイは車内スタンドと発券コンセプトを用意した。 「電車の窓とドア用の透明OLED」と「発券用の透明OLED」が特徴でした。

電車の窓とドア用の透明OLEDは、55インチの透明OLED(窓用)と30インチの透明OLED(ドア用)を使用したソリューションです。 ガラス越しに外の景色を眺めながら、ドライブ情報や天気予報、ニュースなどの生活情報を提供します。

有名なランドマークや観光スポットを通過する際、その時間や場所に合わせたさまざまな情報や広告がAR(拡張現実)のようにウィンドウに直接表示され、顧客に新しい体験を提供します。

この製品は、旭硝子と世界的な工業用ガラス製造会社である Gouji と共同で、特殊な強化ガラスを適用することで、衝撃や振動に強い製品です。 地上でも地下でもクリアな画面を作り出します。

「発券用透明OLED」は、駅員と客席の間のガラススクリーンを高感度タッチ機能付き透明OLEDに置き換えた。 駅員の説明に従って画面を直接操作し、列車の時刻表やきっぷなどの各種情報を素早く正確に確認できる商品です。

今回の展示会で、ドイツの公共鉄道会社であるドイツ鉄道は、車窓にLGディスプレイの透明OLEDを搭載した次世代コンセプト列車を展示して注目を集めた。 これに先立ち、LGディスプレイは2020年から北京、深セン、福州など中国の主要都市の地下鉄と日本のJR東日本鉄道に鉄道用透明OLEDを供給した。

LGディスプレイは、北米、ヨーロッパ、日本、中国などのグローバル市場をターゲットに、電車、地下鉄、路面電車などのモビリティ産業で透明OLEDの適用を拡大する計画だ。

LGディスプレイは20日(現地時間)、ドイツのベルリンで開催された世界最大の鉄道技術見本市「Innotrence 2022」で発券のためのシームレスOLEDソリューションを披露した。

LGディスプレイが世界で唯一大量生産した透明OLEDは、自ら発光するOLEDのメリットを最大限に引き出す技術だ。 透明度が高く、既存のガラス窓に置き換わるほど薄くて軽いため、モビリティだけでなく、サイネージ、建築、デジタルアートなど、さまざまな分野で活躍しています。

LGディスプレイのチョー・ミンウ透明活動責任者は「モビリティ業界でガラス窓のような透明な画面で開放感を維持しながら情報を提供できる革新的な透明OLEDソリューションを引き続き紹介する」と語った。

パク・ソラ srpark@etnews.com

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。