ISFnet Japan代表がヨンジン大学を訪問し、「異例の産業・韓国・日本の大学協力」を披露

12日、ヨンジン大学を訪問したISFnetの渡辺行義社長(右)は、チャン・ヒョンジュ副社長に同社の契約クラスの学生に奨学金2000万ウォンを贈呈している。 (ヨンジン大学提供) 2022.07.12

日本のIT企業の代表が、休暇中の大邱(テグ)のヨンジン短期大学を訪れ、韓日産学連携の強さを誇示して注目を集めている。

12日午前、ISFnetの渡辺行義社長は、同大の計算機科学科の日本人計算機学生約60人と、ヨンジン大学図書館の視聴覚室で面会した。

韓国語での簡単な挨拶の後、渡辺行義社長は日本語で次のように述べました。 先輩方は誠実で優秀です」と、同社の成長過程や事業領域、企業文化、福利厚生などについて詳しく説明した。

「当社で最も大切にしているのは『人間関係』であり、性別や国籍、年齢による差別のない人事制度です。

東京に本社を置く ISFnet は、クラウド インフラストラクチャ、ソリューション、IT 構築会社として事業を展開しており、関連分野で日本最大の企業です。

現在、韓国を含む海外 3 カ国に支店を構える同社は、2017 年にヨンジン大学と提携しました。

そんな時、渡辺総長はこの大学の人材が日本のコンピューター業界で優秀だという噂を聞き、グローバルな人材が必要だとヨンジン大学に進学した。

また、韓国と日本の産学連携で設立されたエンタープライズコマンドクラスを運営するための奨学金を毎年支給し、優秀な人材の育成に貢献しています。

このように人材育成プログラムを開始し、2019 年の最初の卒業生 17 名を皮切りに、過去 4 年間で 65 名が採用されました。

ブリーフィングの後、彼は今年も2000万ウォンの奨学金を寄付した。 累計財布は9000万ウォン。

彼は「学生たちが2年半がんばれば、素晴らしい機会がたくさんある。 「これはあなたの未来を変えるチャンスだと彼は言いました。当社でグローバルな人材になることを楽しみにしています。」

同じく出席した同社韓国支社のホ・オクイン社長は、「当社がヨンジン大学のような関係を築いた事例は世界でも例がない。 だから私はヨンジンに深い信頼を寄せています。

説明を聞いたチョ・ジョンミン君(1歳)は、「日本のローカルな生活に気を配りたいというISFnetの思いが感じられた。 社長の説明を自分で処理したので、日本で会社説明会を聞いているような有意義な時間でした。

渡辺学長は、午後にISFnetに配属された契約クラスの3年生と面会し、韓国訪問を締めくくりました。

大邱=チェ・テウク記者 tasigi72@kukinews.com 全ての投稿を見る

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。