[ET뉴스픽!]「中国の習近平の強力な産業政策は『刃』になるだろう」

3期目は日経がコメント
「競争を阻害し、サプライチェーンを混乱させる
チャイナテックのイノベーションを阻止せよ」

3期連続で再選された中国の習近平国家主席は、中国が対米対抗で掲げてきた「製造大国」の姿勢が、逆に脅威となる「刃」に逆戻りするとの診断を日本のマスコミから受けた。彼の国。 日本経済新聞(日経)は、16日と22日に中国・北京の人民大会堂で開かれた第20回党大会で、習主席が「製造大国」を強調したと指摘した。 日経は、確固たる権力基盤を築いてきた習近平政権が、中国の自由競争や技術革新を阻害し、サプライチェーンの混乱を招き、製造工場への道を阻む刃になると警告した。

習近平主席は党大会で、「われわれは科学技術で高いレベルの自立を達成し、革新的な国の最前線を占めなければならない」と述べた。 日経は、習近平国家主席が国家動員体制の中で製造大国を目指していることを指摘し、それは「革新」と相反する可能性があると指摘した。 分析では、中国政府が実施した統制政策が企業の成長を妨げていると分析した。 中国で急成長を遂げた民間企業が国有企業に転換され、高官が解雇された事例は数え切れないほどあると指摘した。 これが市場の歪みと製造力の革新を妨げている、と彼は付け加えた。 特に、そのような政府の管理は、グローバル市場における中国企業と外国企業との間のギャップを広げていると彼は説明した。

>

日経は、情報技術 (IT) の巨人アリババとテンセントを代表的な例として挙げました。 中国政府が市場に介入し、両社の成長は急激に低下した。 日経は独占禁止法などで統制を強化し、「チャイナテック」のイノベーションが難しくなっていると評価。 資本の無秩序な拡大を防ぐため。

最近、米国を含む西側諸国は、長期政権を確立した習近平政権に対する警戒レベルを高めている。 日経は、中国が他国との協力を拒否すれば、製造力の基盤となる市場需要を確保できなくなり、主要なサプライチェーンを断つことになると考えている。


今月初め、米国政府は、ハイテク コンピューター半導体とスーパーコンピューター、および高度な半導体製造装置の中国への輸出を規制し始めました。 ハイテク生産設備がなければ、習近平政権が力を入れている「半導体の自給自足」は実現しそうにない。 日本経済新聞は「他国との協力を軽視する強国の考え方は、世界の分断につながる。 日経は、「3期連続で権力基盤を固めた習近平政権は、中国が製造大国になる道を阻むボトルネックになるだろう」と付け加えた。

ユン・ヒソク、pioneer@etnews.com

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です