[D:이슈] 「結婚するのがいい」…「韓国語コンテンツの劣化」に対する日本人の認識の変化

菅田将暉「30代の俳優…」

日本ではむしろ逆風

「韓国に負けない」と主張する傾向が出てきた

「30代の俳優が恋愛ドラマで頑張ってナルシストのように振る舞うのがいいのか悪いのかは気にしない。『そんなものを見たい?』 「こうしてファンを作る方法はあるの?」アジアのスターのようなものを見ると、

須巳正樹、山田孝之ⓒ「花束のような愛」、「50回目のファーストキス」はまだカット

俳優の菅田将暉は最近、日本のフジテレビでフジテレビの「松本と中井のマッチングナイト」に出演し、MC中居正広の質問に答えました。

また、菅田将暉は「30代半ばのようなロマンスを視聴者が撮るのはちょっとお世辞ではないけど、ちょっと…」と言葉の結末を曖昧にしている。

共演した山田孝之氏は、「韓国の映画やドラマに比べて、日本のレベルは低いとは思わない」と語った。 そのようなものがあります(人気の要因のような)」と彼は指摘し、これは簡単に流れる話であると強調しました。

菅田将暉と山田滝之のこのような発言は、韓国の俳優が年をとって逆風に直面しても恥ずかしくないという嘲笑と解釈されます。 ここで、「アジアの星」という言葉は、アジアとは違うという意味で使われています。

韓国では、菅田将暉と山田孝之の言葉が自然にトップに立った。 おもしろいのは、日本でも二人の俳優の発言は歓迎されないということです。 日本のネチズンは、「主題を理解してください。皆さんが恥ずかしいです」、「韓国ドラマに移ります」、「山田がNetflixで映画を作ったことで世界的に認められたと言って衝撃的です」と述べました。 、「良い点」あなたは自分が見たり学んだりすることを考えなければなりません。それを何かであるかのように評価しますか?

日本の俳優は、有名人や韓国のコンテンツについてしばしば蔑称的な発言をしました。 監督兼コメディアンの北野武は、「韓国のドラマや映画はすべて日本語からコピーされている」と「独島を盗んだ国のドラマは好きではない」と批判し、高岡蒼佑は「フジテレビに感謝しているが、見れば韓国の番組だと思いますが、韓国関連の番組が出るとテレビの電源を切ります。

彼が韓国の歌手のファンであると言って日本のネチズンに非難されたケースがありました。 日本のモデル、ワチツキ・チャイナズは、彼女がBIGBANGのG-Dragonのファンであることを明らかにした後、悪意のあるコメントで洗礼を受けなければなりませんでした。 この事件と菅田将暉と山田孝之の言葉をめぐる論争は、日本の韓国の大衆文化の衰退に対して過去と現在の間に温度差がある点です。

この背景には、アジアだけでなく世界中で話題を呼んでいる韓国のポップカルチャーの包括性と、2015年にNetflixやAmazonなどのグローバルOTTサービスが日本で提供されて遭遇したときに起こった認識の変化がありますより多くの国からのコンテンツ。 日本の視聴者は、他国の作品と自国の作品を比較することで視聴し始め、輸出を考慮せずに国内消費のみで制作された日本のドラマから目をそらし始めました。

日本の視聴者が自分の映画に飽き飽きしていた頃、ポン・ジュノ監督の「パラサイト」が世界のトップ映画賞や映画祭を席巻し、第92回アカデミー賞の最優秀映画を含む4つの賞を受賞し、BTSは最も成功を収めました世界中。 昨年Netflixで公開された映画スターからアイドルに転向した「イカゲーム」は、世​​界の視聴ランキングで46位にランクされ、Netflixの最大の興行収入としてランク付けされました。 このように、韓国語コンテンツの宣伝はさまざまな分野で続いています。

特に日本では、韓国ドラマへの嗜好が高まっています。 Netflix Japanの27位ランキングによると、1位「39歳」、3位「今、私たちの学校」、4位「愛の不時着」、5位「気象庁の人々」、7位「梨泰院クラス」、 9位「WeAreYou」を含むトップ10の6作品がリストに載っています。 日本語の内容は、2位の「金魚の妻」、6位の「私はソロ」、10位の「風の最後の章:始まり」の3作品です。

日本の評論家は、「(日本は)主に海外進出の意欲のない放送局や配給会社で構成されている。もちろん、市場に特化したコンテンツを作っているだけだ。他国と競争する必要はない」と語った。 、だから品質はあらゆる面で改善されるでしょう。」 幸いなことに、多くの人がこの側面を認識しています。 日本のコンテンツの質的な方向性は、有用なネット機能になるでしょう」と彼は言いました。

韓国の文化はもはや少数の狂信者の一部ではなく、非常に影響力のある文化であるため、日本のエンターテインメント関係者はそれを自然な出来事と見なしました。

店長は「韓国のコンテンツが注目されているので、マスコミやマスコミで 『日本の作品は韓国に負けない』とクリエイターに言わせたい雰囲気を意図的に作り出している。しかし、ハリウッドには絶対にできないという良識があった。 「特に『パラサイト』 『クラッシュ・ランディング・オン・ユー』 『イテウォン・クラス』とKポップブーム。それ以来、「正直なところ、日本はすべての映画、アイドル、ドラマを韓国に失っている」との世論が高まっている。

日本の制作会社の別の関係者は、菅田将暉と山田孝之のコメントを、「憎しみ」ではなく「ミソジニ」(女性に対する憎悪や軽蔑、または反女性的偏見)に起因する反感と見なした。 制作会社の関係者は、「山田孝之と菅田将暉は、元気いっぱいの男性だけがつくる世界を好む男だ。韓国のロマンスやドラマは、女性や叔母だけが見ている。熱狂的な男性同士の友情が優勢で、昔の考え方では更新されていないようだ」と語り、「そのようなドラマ自体が仕事や質に欠けていると感じたので、恨みを買った。特に、韓国はフェミニズムと価値観の面で日本よりも進んでいるので、どちらも拒絶感を感じていたに違いない」と語った。

©DailyanCo。、Ltd。 不正な複製および再配布は禁止されています

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。