COP27 がグリーンウォッシングに関する報告書を発表

[2022.11.28.]



気候変動などの深刻な環境問題に対処するための世界的なコンセンサスが形成されるにつれて、それを促進するためのさまざまな政策が推進されてきました。 そのため、さまざまな企業が二酸化炭素の排出量を削減したり、二酸化炭素を排出しないネットゼロを宣言したりするなど、環境に配慮した事業を誇りに思っており、それを広告の手段として使用することがよくあります。 しかし、実際には、組織がそのような努力を怠ったり、むしろ環境汚染を悪化させる方向に動いたりしている事例が数多く報告されています。


上記の事例はグリーンウォッシングと呼ばれ、消費者を欺く行為であるだけでなく、真に環境に配慮した企業を害する可能性もあり、世界中で論争が高まっています。 この点、2022 年 11 月 8 日から 18 日にエジプトで開催された UNFCCC 締約国会議(以下、「COP27」という)で、特定の企業が本当に環境に優しいのか、ネットゼロを主張してグリーンウォッシングを行っているのかが報告された。判断の目安となるガイドラインを公開しました。


こうした国際的な動きを反映するかのように、各国当局が関連規制に乗り出す様子が次々と捉えられています。 そこで、本ニュースレターでは、グリーンウォッシングの背景、COP27で報告されたガイドラインの主な内容、最近のグリーンウォッシング関連の規制動向などを取り上げ、企業が今後取るべき方向性について検討します。



1. 起源

グリーンウォッシングという用語は、1986 年にアメリカの環境保護主義者であるジェイ ウェスターベルトが、環境のために客室のゲストにタオルを再利用するよう求めるホテル会社を批判したときに造語されました。 それは、製品やサービスの環境上の利点について消費者を欺く行為または欺瞞として使用され始めました。 .


最近の気候変動の台頭、ESG 経営文化の広がり、環境問題への一般的な関心のおかげで、環境に優しい製品やサービスを宣伝する多くの企業が世界中に出現しています。 最近では、炭素を排出しない、またはカーボン ニュートラルな方法で生産されているという意味で、ネット ゼロを強調する製品やサービスが消費者を引き付けています。


この種のマーケティングは、ブランドイメージを向上させ、環境に配慮した消費者を引き付けるための戦略として強調されていますが、簡単に検証することはできません. この疑惑は、虚偽の誇張された宣伝として批判されており、政府の規制や法的紛争が国内外で発生し始めており、多くの問題がまだ当局または裁判所の決定を待っています.


グリーンウォッシングの問題が表面化する中、昨年2021年にスコットランドのグラスゴーで開催されたCOP26で、ネットゼロに向けたグリーンウォッシングを防止するためのガイドラインを作成するよう勧告が提案され、今年のCOP27で関連するガイドラインが発表されるまでこれが受け入れられました。



2. COP27での報告書の主な内容

COP27で発表されたグリーンウォッシングに関するレポート企業などの非国家団体によるネットゼロの実施に関する専門家の意見が含まれており、ネットゼロに関連するグリーンウォッシングが行われているかどうかを判断するために使用される基準と、標準が機能することを保証するための 10 の推奨事項が提示されています。




3. 最近の緑化規制の動向

すでにいくつかのグリーンウォッシング紛争が各国の裁判所で係争中であり、2021.12. 2021.12. イタリアのゴリツィアでのグリーンウォッシング判決が公表され、注目を集めています。 イタリアの繊維会社 Mico は、同社が使用する繊維が低炭素マイクロファイバーであると発表し、裁判所は、誤解を招くため、この用語の使用を中止し、その決定を Web サイトで公開するよう命じました。 上記の決定は、今後のグリーンウォッシングの法的リスクへの前奏曲として評価されています.


裁判所だけでなく、各国の当局もグリーンウォッシングに関する調査と規制を徐々に強化しています。


行く。 アメリカ

米国政府は、証券取引委員会(SEC)と連邦取引委員会(FTC)を中心に、グリーンウォッシングの調査と規制を強化する計画です。 SEC は、2021 年 3 月に執行部門で ESG 関連の違反を調査するために ESG タスク フォースを結成し、2022 年からグリーンウォッシングにその能力を集中させると発表しました。特に、SEC は ESG ファンドから関連データの開示を要求する予定です。 ESG ファンドの分類基準について具体的な説明を求めることを発表しました。


また、FTC はグリーンウォッシングと闘うためのグリーン ガイドを発表しました。これは、1. すべての環境マーケティングの主張に適用される一般原則、2. 消費者がマーケティングの主張をどのように受け入れ、企業がそれらをどのように実証できるかを示しています。 3. 消費者に誤解を与えることを避けるために、企業が表現を更新する方法が含まれています。


自分。 EU

EU の金融規制当局である欧州銀行監督機構 (EBA)、欧州保険年金機構 (EIOPA)、および欧州証券市場機構 (ESMA) は、2022 年 11 月 15 日に、欧州におけるグリーンウォッシングに関連する証拠を収集することを決定しました。銀行、保険、金融市場セクター。 彼は始めていると言った。 この証拠収集は、欧州委員会が前述の当局に対し、さまざまな方法でグリーンウォッシングと関連するリスク、および問題に対処するために必要な手順を報告するよう求めた 2022 年初頭に始まりました。 欧州委員会は、この要請は持続可能な投資商品がグリーンウォッシングのリスクにさらされているという懸念によるものであり、これにより持続可能な金融への信頼が低下し、資金調達が妨げられると直接述べています。


この機関は、利害関係者から関連情報を収集し、グリーンウォッシングの動機を特定し、EU の金融セクターにおける潜在的なグリーンウォッシングの例、グリーンウォッシングの範囲、および脅威の高いセクターを提供します。 そして、この証拠を集めた後、2023 年までに報告書を欧州委員会に提出し、2024 年までに最終報告書を提出する必要があります。


全て。 日本

日本の金融庁は、2021 年 3 月に ESG 名を使用したミューチュアル ファンドのネーミング規制について、資産運用会社やファンド販売会社と協議すると発表しました。特に、米国の規制を検討していることが明らかになりました。


こうした金融庁の動きにより、日本では2022年を利用したファンド11. ESGの呼称はほぼ姿を消し、金融庁は2023年までに関連ガイドラインを作成・配布すると発表した。 . 3.


。 我が国

非営利団体であるクライメート ソリューションズは、2021 年 12 月に SK E&S を公正取引委員会に表示広告法違反で告訴しました。温室効果ガスの排出が伴うにもかかわらず、グリーンウォッシング。 公正取引委員会は 2022 年に判決を下しました。 3. これについて、これは我が国の企業にとって初めてのグリーンウォッシング審査でした。 そして 2022 年 10 月 27 日、Climate Solutions は再び炭素排出に関連するグリーンウォッシングがあると主張し、国内の石油精製所を公正取引委員会に報告しました。調査は進行中です。


環境省は最近、2022 年 11 月 7 日に、国内の石油および鉄鋼会社のグリーンウォッシングの調査を開始したことを発表し、環境ラベルおよび広告の違反を調査していると発表しました。 同時に、環境省は、企業が提出したデータを見直し、問題が見つかった場合は是正命令を出すと警告した.



4. 今後の対応の方向性

現在大きな問題となっているグリーンウォッシングは、環境に優しいものではありませんが、当社の製品またはサービスを宣伝するための誤解を招くまたは誇張された広告の一部です。 このため、公正表示広告法(以下「表示広告法」という。)、環境技術・産業支援法(以下「環境技術産業法」という。)、環境ラベルと広告のガイドラインを確認してください。


上記のルールをまとめると次のようになります。


221125_k_esg-2.jpg


COP27でのグリーンウォッシングに関する報告書の発表や海外での規制強化を受けて、韓国でも政府の調査が始まったように、環境保護運動に関連した概念にすぎなかったグリーンウォッシングが、実際に企業を絞め殺す法的リスクとして浮上している。 。州。 これに対応するため、国レベルでは、まず、①公正取引委員会の不起訴決定の結論と理由、今後の判断を精査し、②環境部の不起訴決定を十分に検討する。製油所、製鉄所、③これを踏まえて、上記の広告法等の指導規則や過去の判例等を詳細に分析する必要がある。


また、海外の場合は、上記のCOP27報告書の内容と、米国やEUで発行された、あるいは発行される予定の各種規制や報告書の内容を精査し、各国の裁判所や当局の判断を注視する必要があります。今後更新される国。



シン・スングク 外交弁護士 (synn@yoonyang.com)

イ・グァンウク弁護士 (kwlee@yoonyang.com)

イ・グヌ弁護士 (klee@yoonyang.com)

カン・ソクジュン弁護士 (kangsj@yoonyang.com)

ヤンヒコンサルタント (hyang@yoonyang.com)

コンサルタント キム・ヒョンジ (khji@yoonyang.com)


Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です