44日間の断食中断…ハンコックワイパー、12月31日までカウントダウン

大きく考える

チェ・ユンミ金属労組京畿支部コリアワイパー支部長とイ・ギュソン金属労組京畿支部支部長が国会前でハンガーストライキを行った。
ⓒ フンジェ・ファン

関連写真を見る

「私たちはただ介入して戦わなければならないと思います。」

44日間断食した人の声とは思えないほど、明るい声でした。 「すごいですね」と言うと、「それが私の本来の性格です。

チェ・ユンミ大韓金属労組京畿支部韓国ワイパー支部長は11月7日から国会前でハンコックワイパーの清算停止と閉鎖を求めて断食を続けている。株式会社 (安山半月産業団地)は21日、体調不良で戦線を離脱した。 一緒に断食をしていた金属労組京畿支部のイ・ギュソン部長は23日、脱退する予定だ。

との通話中に 崔社長は22日、「体調不良もあるが、それ以上に断食が長くなっており、組合員が不安を感じている」と話した。 私は(意見)に従いました」と彼は説明した。

40代の崔社長が20代から18年間勤めたハンコックワイパーが、予定通り31日で閉店する。 今日の時点で、約 220 人の労働者が職を失います。 その家族を含め、1,000 人の生きる権利が危機に瀕しています。

閉店の理由は「累積赤字」。 組合側は「原因は日本の首都デンソーが『売れば売るほど売る』という歪んだ構造を10年間作り続け、売れば売るほど損をする」と指摘。 .

「赤字は構造の変形が原因」vs. 「それは賃金の上昇が原因です。」


この主張はMBCレポートに基づいています 9月19日。 報道によると、コリア ワイパーは日本の自動車部品会社であるデンソーが 100% 出資した会社です。 韓国ワイパーのワイパー部品は、韓国子会社デンソーコリアを通じて現代自動車などに供給された。 しかし、より多くの商品を販売すればするほど、より多くのお金を失いました。


Hankook Wiper は Denso Korea にコストを下回り、過去 10 年間で 440 億ウォンの損失をもたらしました。 現代自動車に供給していたデンソーコリアも過去10年間で360億ウォンの損失を被った。 この損失の間、デンソーは、デンソー コリアの技術を 10 年間使用したことに対して、2,400 億ウォンの料金を受け取りました。

同社は「わざと損をしたという主張はばかげている。価格競争が激しく、組合の要求が賃金や経費の増加につながった」と反論した。

労働者はデンソーコリアに特別労務監督を要求したが、労働部はデンソーコリアが韓国製フロントガラスワイパーを使用したことは証明されていないとし、特別労務監督は困難な立場にある。

Hankook Wiper が希望退職を発表したとき、これまでに 32 人が早期退職を申請しました。 残りの222名の組合員は、「2時間労働、6時間ストライキ」という形で闘争を始めた。

崔氏と李支店長は先月7日、国会でハンガーストライキを行ったが、220人解雇までのカウントダウンで状況が悪化している。 イ氏は記者との電話で「同情」の気持ちを伝えた。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です