[27th BIFF] 「なぜ映画祭でドラマを? »… OTT セクションの拡大に関する 2 つの視点


[SBS연예뉴스 | 부산=김지혜 기자] 「OTT映画が映画祭に招待されるかどうかわからなかった」

日本のジャンル映画の巨匠、三池崇史が初の OTT ドラマ「コネクト」で釜山国際映画祭に招待されて驚いた。 映画祭で連続ドラマを上映するなんて、彼には想像もできなかった。

はい。 釜山国際映画祭には、シリーズを上映するセクションがあります。 これは、映画のパラダイム シフトの多様性に対応し、人気を高めるために昨年作成された「オンスクリーン セクション」です。

低い


従来の劇場公開だけでなく、ドラマ形式のシリーズも取り入れた釜山国際映画祭は、新しい OTT 作品の激戦区になっています。 また、今年は投影サイズが3倍に拡大。 昨年はNetflixの「Hell」、HBO ASIAの「My Name」、「Forbidden」など計3作品。 今年は、ティービング「ヨンダー」「ランサム」、ネットフリックス「グリッチ」、ディズニー+「コネクト」、ウェーブ「ウィークヒーロークラス1」など、OTTごとに合計9作品がオンスクリーン部門で上映される。 各シリーズは短いもので 30 分、長いもので 1 時間あることを考慮して、映画館では 2 から 4 つのエピソードが連続して放送されます。

また、ソウルシネマセンター周辺には様々な体験ができるOTTブースが設置されています。 個々の作品を宣伝するだけでなく、プラットフォームのブランドを宣伝するために多大な努力を払っています.

釜山国際映画祭


釜山国際映画祭は「オンスクリーン」部門を強化し、OTT作品をより広く受け入れたいという意向を示している。 コロナ19以降、観客がコンテンツを消費する方法は、スクリーンベースの映画館からインターネットベースのテレビや携帯電話への映画祭レベルでの環境の変化を積極的に受け入れる動きです. 対象範囲は世界中の映画祭に拡大されていますが、オンスクリーン セクションと同様のセクションを提供しているのは、ベニス国際映画祭とトロント国際映画祭だけです。

トレンドの進化を受け入れるならば、「オンスクリーン」セクションの強化は、イベントの多様化とスターゲストの動員という点で、フェスティバルの大きな資産です。 実際、シン・ハギュン、ハン・ジミン、チョン・ジョンソ、チン・ソンギュ、チョン・ヨビン、ナナ、チョン・ヘイン、コ・ギョンピョ、キム・ヘジュンなど若いスターが多い。これらの作品を招いて釜山を訪れました。 Open Talk や GV などのイベントに参加し、自分たちの仕事についてさまざまな話をします。

問題


OTT には、欠点よりも多くの利点があります。 シリーズの約半分を正式リリース前に先行公開するのは大変勇気のいることですが、口コミの拡散と宣伝効果の最大化という点でメリットの方がはるかに大きいです。

ただし、OTT 映画ではない OTT ドラマを劇場で上映することが、劇場と OTT の共存を説明する映画祭の性質に適合するかどうかはまだわかりません。

ebada@sbs.co.kr

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です