20万人の韓国人が埋葬されている日本の「耳の墓」…スンチョンソの「祝福を求める」の声

日本の京都に残る朝鮮人の墓。 朝鮮時代に12万人の朝鮮人の耳と鼻が埋葬されたことが知られています。 (画像出典=KBSニュースのミュージックビデオ)

■「朝鮮人の耳鼻は戦利品」…豊臣秀吉の残虐行為

「朝鮮人の鼻切りの始まりは、慶長年間(1596~1615年)の石油精製戦争中の全羅道南原城攻撃以来、豊臣の命令によるものであった。」 – 長野北右衛門、日本の司令官藤堂高虎の家臣

「彼らが全羅道で朝鮮人を殺し、耳と鼻を切り落としたとき、道全体が血の海になりました。彼らが村に入って火をつけたとき、家は灰になり、煙がすべての村に充満しました。村が震えた。」 – 日本の僧、慶念による「朝鮮一義」

1592 年の壬辰倭乱とその 5 年後の正裕斎の乱の際、朝鮮征服を夢見ていた豊臣秀吉は、日本軍の指揮官に「戦場で朝鮮人の鼻と耳を切り落とし、戦利品として捧げよ」と命じました。 “。 ‘。 日本軍の残忍さを見せつけることで、朝鮮軍の士気をくじき、将校たちの功績争いをエスカレートさせることを狙った。 当時日本に送られ、現在は京都などに埋葬されている先祖の耳や鼻が、 その数は約20万人。

イビチョン(耳鼻塚、耳と鼻の墓、総称して「グウィ墓」と呼ばれる)は、先祖の悲しみと過去の日本人虐殺の証拠に満ちた墓です。 現在、日本各地に5体残っていることがわかっています。 最近、順天市や全羅南道などで「歴史修正」の一環として「韓国人」墓の韓国への返還を求める声が上がっている。

■京都、岡山など全国に5つの「初墓」…鳩山元首相を訪問

日本の耳墓は、126,000 人が埋葬されていると考えられている京都をはじめ、岡山 (備前と津山)、福岡、対馬に広がっています。 特に、岡山県津山市の古墳の場合、2012年のKBSの報道により、正確な位置と状況が韓国で知られるようになった。

岡山県津山市にある朝鮮人の墓。  2012年当時のKBS報道(写真提供=KBSニュースのビデオクリップ)岡山県津山市にある朝鮮人の墓。 2012年当時のKBS報道(写真提供=KBSニュースのビデオクリップ)

日本の鳩山由紀夫元首相とその妻は、昨年 11 月 8 日の午後、日本の岡山県津山市の墓に埋葬されました。  (写真出典=聯合ニュース)日本の鳩山由紀夫元首相とその妻は、昨年 11 月 8 日の午後、日本の岡山県津山市の墓に埋葬されました。 (写真出典=聯合ニュース)

津山市の耳墓は、正裕斎の乱で亡くなった約1,000人の朝鮮人の耳を埋めたとされています。 昨年11月、日本の鳩山由紀夫元首相はこの場所に注目し、「謝罪の意向」を表明した。 鳩山元総理 何年経っても、加害者は心から謝罪し続けなければなりません。

これらの古墳の中には、日本人による自己保存や文化財の指定により「歴史の反映の場」として生まれ変わっているものもありますが、地域ではその正体が長い間不明のままであるケースが多くあります。 . したがって、これらの墓を韓国に返還して先祖の魂を慰め、日本の残虐行為を記憶する場所にすることが強調されています。

3月に順天市で発足した市民団体「クウィトムボンファン推進本部」(会長ソンリョンスンリョル、以下クィモンボンファン本部)が「韓中日平和公園」に登録される。昨年、順天市海龍面に建てられました。 する予定だと述べた。 このために、彼は日本で耳の墓をさらに発掘して掘る計画であり、韓国での出版活動と歴史講義を通じて、帰国の必要性を宣伝する予定である.

■「先祖の墓は順天平和公園に安置すべき」

貴陵和解本部は総額5000万ウォンで構成され、5人の共同代表がそれぞれ1000万ウォンを寄付した。 メンバーは総勢70名で、順天大学歴史学科のイ・ウク教授やキム・ムンギル韓日文化研究所所長(釜山外国語大学校皇帝教授)ら歴史家が参加している。 アドバイザーとして。

3月30日、順天文化芸術の殿堂で貴威鳳凰古墳推進運動本部の発足式が行われた。  (画像出典=亀陵鳳凰推進運動本部)3月30日、順天文化芸術の殿堂で貴威鳳凰古墳推進運動本部の発足式が行われた。 (画像出典=亀陵鳳凰推進運動本部)

同団体は、「私たちの祖先の墓は、最後の戦場であり、正裕斎事件の最大の被害地域である順天に移さなければならない」と主張している。 また、「墓からの帰還は、日本の過ちに対する公式の謝罪が優先されるべき」との指摘もある。

現在、倭城の一部が順天に残っています。 日本の司令官宇喜多秀家が湖南を攻撃するために3か月間建設した前方防御基地です。 1598年秋、チョン・ユジェの末、 「倭寇城の戦い」は李舜臣提督と裕貞率いるジョジョ連合軍と小西行大率いる日本軍が10日間にわたってこの地で血戦を繰り広げた戦いである。 . この戦いを含め 少なくとも 31,900 人の韓国人が順天で日本人によって虐殺されたと言われ、これらの犠牲者の多くの耳と鼻が日本本土に送られたと推定されています。

韓日文化研究院のキム・ムンギル所長は、最近、同機構の要請で執筆・出版された「壬辰倭・製油所戦争(壬辰倭乱)朝鮮の耳(鼻)墓」の中で「精錬戦争の悲惨な戦場は、「日本の城がある場所」全羅道です。

ただ、日本に残る耳墓の場合は私有地でのケースが多いため、土地所有者の許可や日本の地方自治体の許可が必要になるなど、乗り越えなければならないことも多いようです。発掘。 彼らが直接捜索され、韓国に送り返されるまで。 .

チョン・ユジェランの最後に連合国光軍と日本軍が激戦を繰り広げた全羅南道順天の日本軍要塞の風景。  (画像出典 = 順天市観光情報サイトよりキャプチャ)チョン・ユジェランの最後に連合国光軍と日本軍が激戦を繰り広げた全羅南道順天の日本軍要塞の風景。 (画像出典 = 順天市観光情報サイトよりキャプチャ)

チェ・ガンソク / グィモンボンファン本社共同代表

「就任式の後、『公認耳墓図鑑』の刊行を進めました。まるで石墓のようです。

墓を閉じるさまざまな方法について説明します。 マウンド自体を取り壊すか、象徴的に土の一部を持ち込むことができる場合があります。 その方法よりも重要かつ優先すべきは「日本政府の公式謝罪、心からの謝罪」です。 現地政府や外交当局と協議の上、「日本との外交ルート」を通じて申請する予定です。

現在、順天市だけでなく、中央政界も私たちの「再会運動」に大きな関心を寄せています。 今後は日本の「歴史的思考」を広め、韓日関係を前向きに発展させるために最善を尽くす」と述べた。

岡山県津山市にある朝鮮人の墓。 最近、全羅南道順天市周辺で「耳墓の国内再会」を求める声が上がっている。  (写真出典=聯合ニュース)岡山県津山市にある朝鮮人の墓。 最近、全羅南道順天市を中心に「国内耳墓会」を求める声が上がっている。 (写真出典=聯合ニュース)

■市は民間活動も支援…「先祖の魂を慰め、日本を映す」

全羅南道順天市もこれらの民間団体の活動を支援し、古墳の復元を推進する計画だ。 「2022年順天市主要事業行動計画」の報告書には、「順天の歴史と精神を市民と分かち合う」の一環として、「墓の返還を促進する」ことが明記されています。

そのため、今年1月から来年12月にかけて、自治体の歳出を支援する「官民連携事業」を推進する予定です。 「犠牲者の追悼とチョン・ユジェの墓の追悼による適切な歴史的中心地の確立」を目的として、「追悼のための市民フォーラム」、「市民のための教育市民フォーラム」を実施する予定です。チョン・ユジェラン」、「追悼と記念式典の推進」。

順天市文化財課の関係者は記者との電話取材で「昨年、平和の広場が建てられ、順天市昇州邑新城里の新城小学校を購入し、彼は「現在の市長は、彼が「歴史的意義のある運動」であるため、葬式の促進にも関心を持っている.


■レポート
▷ カカオトーク:「KBSレポート」で検索
▷ 電話:02-781-1234
▷メール:kbs1234@kbs.co.kr
▷ニュースサイト:https://goo.gl/4bWbkG

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です