15万人の観客を動員したSMタウンジャパン東京ドーム公演…イ・スマン本人が演出


[SBS 연예뉴스 ㅣ강경윤 기자] SMエンターテインメントのグローバルブランド「SMTOWN LIVE」の日本東京ドームコンサートが15万人の観客を動員して盛況のうちに幕を閉じた。

「SMTOWN LIVE 2022: SMCU EXPRESS @TOKYO」(SMTOWN LIVE 2022: SMCU EXPRESS @TOKYO)は、8月27日から29日までの3日間、日本の東京ドームで開催され、8月28日の公演もグローバルプラットフォームBeyondを通じて開催されました。住む。 同時に生中継され、地元の観客のみならず、世界中の担任一列目の観客を魅了した。

特に今回のコンサートは、2019年以来3年ぶりに開催された「SMTOWN LIVE」の日本公演であるため、チケットオープン前から現地ファンの関心を集め、3公演とも満席を記録した。総動員数15万人の観客を動員し、「SMTOWN LIVE」の爆発的な人気を改めて確認した。

今回はカンタ、BoA、東方神起のチャンミン、SUPER JUNIOR、少女時代テヨン、ヒョヨン、SHINee オニュ、キー、ミンホ、EXO スホ、シウミン、チェン、カイ、Red Velvet、NCT 127、NCT DREAM、WayV、Espa、GOT the Beat、雷電、金城、NCT翔太郎、ソンチャン、SMROOKIESショウヘイ、ウンソク、スンハンなどSMアーティストが出演し、約4時間にわたって多彩な音楽とパフォーマンスを披露した。

また、エグゼクティブプロデューサーのイ・スマンも東京ドームを訪れ、客席の真ん中に位置するメインコンソールから直接舞台を演出し、注目を集めた。 記念撮影のために舞台に引き込まれた後、バックステージで出演者の歓声がスクリーンに映し出され、会場を埋め尽くす観客から拍手喝采を受けた。

今回の公演ではスーパージュニアの「Black Suit」、Red Velvetの「Feel My Rhythm」、NCT 127の「Sticker」、NCT DREAMの「Beatbox」、WayVの「Kick Back」、エスパーの「Girls」などのステージヒット曲の中から、および返却前。 カンタの4thアルバム「Eyes On You」のタイトル曲とKey「Petrol」ステージの2nd正規アルバムのタイトル曲、チャンミン「Devil」、テヨン「INVU」、ヒョヨン「DEEP」、オンユ「DICE」、ミンホ「ハートブレイク」 」、スホの「ハードル」、チェンの「4月以降、私たちは別れる」、カイの「Peaches」など、それぞれの個性を生かしたソロシーンを経験し、温かい反応を得た。

また、久しぶりの現地ファンとの出会いということで、BoAは日本デビュー20周年記念アルバムのタイトル曲「The Greatest」をはじめ、スーパージュニアの「BAMBINA」、シウミンの「Shake」、 Red Velvet「WILDSIDE」、NCT 127「gimme gimme」、YESUNGのパワフルな歌唱力を持つOne Ok Rockの「Chaosmyth」、生まれ変わったAdoの「阿修羅ちゃん」(阿修羅ちゃん)など、日本でリリースされた曲チャンミン、キュヒョン、ミンホなどの愉快なパフォーマンスで日本の人気曲のカバーも注目された。

この他にもGOT the Beatプロジェクトユニットの圧倒的な力が込められた「Step Back」、オニュとニンニンが甘いボーカルハーモニーで歌う「One Star」、テヨンの格別なケミストリーを感じることができる「Baby Don’t Stop」そしてTen、ラップユニット(テヨン、ジェノ、ヘンドリー、ヤンヤン、ジゼル)のヒップな雰囲気が最高のSM「ZOO」、雷電、シャオジュン、ソンチャンがフィーチャーされた「Golden」、ショータロウとソンチャンがフィーチャーされたSMROOKIES。 」など「SMTOWN LIVE」でしか見られないユニークなシーンや、本公演の約1時間前に行われたHYO、雷電、金城ら実力派DJによる官能的なDJプレイも見ていて楽しかった。 .

また、東京ドームを訪れた多くの地元ファンは、開場前にライトスティックを持って記念撮影をしたり、OFFICIAL「SMTOWN LIVE」のMDや「MUSIC NATION SMTOWN META-PASSPORT」のブースに入場するために長蛇の列を作ったりした。 東京ドームの内外で情熱的にコンサートを行い、ショー全体を通して音楽に合わせてクラッパーとグロースティックを振っています。

そんな中、「SMTOWN LIVE」は2008年から世界の主要都市で開催されてきた。20日、3万人以上の観客が集まった水原ワールドカップ競技場でのオフライン公演と、Beyond LIVEグローバルプラットフォームを介したオンライン生中継が同時生中継される。も開催し、「No.

kykang@sbs.co.kr

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。