10歳になる前に始まる「脳血管疾患」はありますか?

脳血管疾患は、高齢者に多いと考えられていました。 しかし、10歳未満から40歳代までの若者に特に多い脳血管疾患があります。 これを「もやもや病」といいます。 さらに、韓国や日本などの東アジアでは、西洋諸国よりも 10 倍多いことが知られています。 どうすれば回避できますか?

もやもや病は、特に理由もなく発症する、予防が難しい病気です。 しかし、早めに気づいて上手に対処すれば、無理なく日常生活を送ることができます。 家族歴は15%と高いので、家族にもやもや病の人がいる場合は検査を受けるのが一番です。

もやもや病は、頭蓋骨の内側にある内頸動脈の先端が、特に理由もなく狭くなったり、詰まったりする病気です。 「もやもや」とは、煙が立ち上る様子を表す日本語で、日本の医学者が最初に発見した際、もやもや病を脳血管造影で見たときに、たばこの煙が立ち上っているように見えたことから名付けられました。 血管の先端が塞がれているため、脳の下部に新しい脳血管が異常に成長し、煙のように見えます。 発見が遅れると慢性的に脳血管が狭くなり、血流異常を引き起こし、脳卒中などの重大な病気につながります。 近年、もやもや病の発症に強く関与すると考えられている遺伝子(R4810K)が発見されるなど、原因不明の希少難病ですが、重要な研究成果が次々と生まれています。 遺伝、感染および環境が寄与因子であると推定される。

患者数は増加傾向にあります。 健康と医療のビッグデータを分析すると、2019年の患者数は12,870人で、2015年から毎年1,000人ずつ着実に増加しています。最も一般的な発症年齢は10歳未満の子供であり、より多くの病気が確認されています。 30~40代に多い。 女性は男性の約 2 倍の病気にかかる可能性があります。

症状は発症年齢によって異なります。 小児では、脳血管が狭くなり、一過性脳虚血や脳梗塞を引き起こします。 熱いものや辛いものを食べたり、風の強い楽器を演奏したり、激しく泣いたりすると、一時的に手足がしびれたり、ろれつが回らない、目が見えなくなるなどの症状が現れます。 血管が狭くなり、過換気により脳への血流が減少することが原因です。 早く回復しないと、脳組織に損傷を与える脳梗塞が発生する可能性があります。 通常、成人の最初の症状は脳出血です。 出血量に応じて、頭痛、片側麻痺、意識消失など様々な症状が現れます。 どちらの年齢層でも、治療が間に合わないと永久的な障害につながる可能性があるため、これらの症状が発生した場合は、遠慮なく医師に相談してください.

現在、もやもや病の進行を止めたり、狭窄した血管を元に戻したりできる薬はありません。 CTスキャン、MRI、脳血管造影などの画像検査で病状の進行度を確認し、治療法を決定します。 脳虚血や脳梗塞、脳出血の症状が再発した場合は、外科的介入を考慮する必要があります。 脳内の太い血管はすでに細くなって機能していないため、通常は脳外に血液を送る血管を大脳皮質の血管でバイパスして手術を行います。 手術後に症状がなければ、通常の生活を送ることができます。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です