[특파원 리포트] 「佐渡鉱山」って本当に裏技じゃないの? 日本はそれ自体を「罠」にする

1月7日、新潟県知事、佐渡市長、地方政治家らが一堂に会し、文部科学大臣を表敬訪問した。 それは実際には「抗議訪問」でした。

その手には、佐渡鉱山を世界遺産候補地として早急に推薦してほしいという「要望書」が握られていた。 新潟県知事はまた、2022年新年の記者会見で、日本政府に「世界遺産の候補を決定する」よう促した。

佐渡鉱山は、10 年以上後の 2010 年に世界遺産暫定リストに追加されました。 その後も大会からの追い出しや脱落を繰り返していたが、11年後の昨年12月、日本で唯一の出場選手に「抜擢」された。

しかし、日本の文化庁は異例の留保条項を設けた。

全国推薦候補の「選抜」 推薦の「決定」そうではありません

これに基づいて、将来の政府 完全なレビュー作られています

地元メディアの報道によると、佐渡鉱山が最終的に全国追跡候補に選ばれるかどうかは不明である。 外交当局が国際社会の視線のために「全面的な見直し」を主張したことは承知している。

避けられない「強制徴兵」

明治以降の朝鮮人強制動員の跡地、道遊湖トンネル明治以降の朝鮮人強制動員の跡地、道遊湖トンネル

軍艦島の後、日本は「強制労働」の喚起をめぐる論争を避けられない。 日本統治時代の前後に佐渡鉱山に動員された朝鮮人は少なくとも1,200人いたことが知られています。

ジャーナリストは、佐渡鉱山の近くの村で朝鮮人のリストと生活の痕跡を見つけました。 佐渡博物館が保管しているリストは、韓国の3つの寮の「タバコ配布リスト」と韓国の日本総政府の「指定年齢リスト」です.

3冊の年鑑の表紙には韓国人寄宿舎の名前が書かれ、無秩序に置かれた紙には韓国人の名前が書かれていました。 これは主に、避難民によるたばこの配給や配給の停止要請の内容です。

佐渡峰朝鮮寮正月キャスト一覧佐渡峰朝鮮寮正月キャスト一覧

公文書ではありませんが、登場人物には印鑑が押され、三菱佐渡鉱業の紙も使われていました。 彼らはタバコを受け取るために名前の変更を発表しました.

何百人もの韓国人の名前と記録が、韓国の日本総政府によってリストされています。

記者団は、古地図をもとに朝鮮人一族の屋敷跡と三棟の寄宿舎(サンゲ寮1号、3号、4号)を訪ねた。

朝鮮人寮があった集落からは、佐渡鉱山のシンボルである銅鑼の割戸が見えます。朝鮮人寮があった集落からは、佐渡鉱山のシンボルである銅鑼の割戸が見えます。

第1女子学生会館の跡地にあった相川口支部は文化財に指定され、第3・第4女子学生会館の敷地は草むらが生い茂るのみでした。 誰かに言われない限り、韓国人が住んでいた場所であると確認する方法はありませんでした。

実家は廃屋のように廃墟と化しており、かつてレストランがあった場所はコンクリートの土台だけが残っています。 取材に同行した郷土史家の浜野浩さんも、韓国人の暮らしぶりを語ってくれました。

「みんな川で洗濯をしますが、韓国の女性は皿洗いは川底ですると言います。それで、他の日本人女性は、なぜそんなに汚い場所で洗うのかと尋ねます。彼らはあなたにここに来るように頼んだので、一緒に洗いました。」

「母は鉱山診療所の看護師でした。韓国人労働者が診断書を書きに来たとのことです。後遺症があれば、(母国に)帰れるので医者に相談に来ました。医者は言った。 、「それは書けません。 そう言って涙が止まらなかったそうです。」

■「半分の話」しか評価できない?

日本の態度を見れば、実は佐渡鉱山の「強制労働」を認めている。

1601年に佐渡鉱山で金脈が発見され、1989年まで400年近く続く佐渡鉱山の採掘の歴史。 しかし、4月に新潟県と佐渡市が文化庁に提出した佐渡鉱山の世界遺産候補推薦書の「顕著な普遍的価値に関する声明」には、物語の半分しか記載されていない。

16 世紀後半から 19 世紀半ばにかけて、日本の極東にある豊富な金鉱の島として、国家の管理と運営の下、ヨーロッパとは異なるシステムに発展し、かつてない質と量で金を生産しました。伝統的な職人技による大規模かつ長期にわたる金の生産体制を示す産業遺産として、卓越した普遍的価値。

佐渡鉱山の総合的な価値は「江戸時代の伝統工芸による金の製法」にあるとまとめられています。
400年の歴史の前半だけを見て評価してほしいというようなものです。

彼らも最初から「江戸時代」に注目していませんでした。 新潟県と佐渡市は2019年まで「金中心の佐渡鉱山遺産群」という言葉を使っていた。

ジャーナリストは、内容がどのように変更されたかを正確に確認するために、両方の自治体からの元の (2007 年) 提案をチェックしました。 まず、近世の佐渡鉱山は「佐渡鉱山は東アジアの鉱山発展に大きく貢献した」と高く評価されている。

現在の佐渡鉱山の施設のほとんどは、朝鮮人寮の跡地に建てられた拘置所を含め、文化遺産に登録されています。 そうだとすれば、佐渡鉱山に来た朝鮮人の旅路は言うまでもありません。

彼らは朝鮮の鉱山を研究する必要があるとさえ主張し、「韓国の学生」が佐渡鉱山で技術を学び、佐渡の技術を平安南道の鉱山に導入した可能性が非常に高いと主張している.

記者は、期間を「江戸時代」に限定した理由を新潟県に繰り返し尋ねた。 当局者は、政府の批判が続く中、「佐渡鉱山だけの総合的な価値」を求めていたからだと答えた。

それでも私は、「強制労働への言及をさらに見直す予定はありますか?」と尋ねました。 日本政府の「報道」は、強制労働への言及を排除する意図があったと推測できる。

小田由美子/新潟県世界遺産登録推進室長
「外交問題なので政府が責任を取るしかない。地方公務員としてお答えするのは難しい」

無謀で不器用な「トリック」

実は「期間限定」自体に大きな矛盾があります。

現在、観光地化されている佐渡鉱山トンネルが2つあります。 一つは江戸時代の鉱山跡「宗太夫坑」と、もう一つは明治以降のトンネル「東裕坑」です。

宗太夫湖では、岩を割ったり、金を掘ったり、本物の手道具を使って休んだりする鉱山労働者の姿を、動く人形でリアルに再現しています。

しかし、これが唯一「江戸時代」と鉱山を直接つなぐものです。 鉱山周辺で遭遇する風景のほとんどは、現代の産物です。 視覚的に周りを圧倒するだけでなく、機能的にもモダンな中心的なインスタレーションでした。

50 メートルの濃縮機 (コンセントレーター、1940 年)50 メートルの濃縮機 (コンセントレーター、1940 年)

高遠倉庫(1938年)高遠倉庫(1938年)

北沢武勇線広場(1935年)北沢武勇線広場(1935年)

タカトスリーブ(1952年現在の形に縮小)タカトスリーブ(1952年現在の形に縮小)

寒さとコロナウイルスの感染拡大が懸念されるため、観光客はほとんどいませんが、代表的な施設である浮き船広場やシンナーでは、夜にライトイベントも開催されます。

佐渡鉱山のシンボルであるV字峰「洞友の割戸」も同様です。

日本では、江戸時代に金脈を求めて手掘りで掘られた「職人による金の採掘」の代表的な場所として知られています。 佐渡鉱山の販促物に代表的なイメージとして登場し、世界遺産候補の推薦状の表紙にも採用されました。

しかし、現在の山形は江戸時代には完成しませんでした。 くぼんだ V の下端にある大きな洞窟 (下の写真) は、1800 年代後半に始まった鉱山の再開発と爆破によって形成され、今日の姿になっています。

この事実は、新潟県と佐渡市が共同で作成した「佐渡金山視察資料集」に詳しくまとめられています。

このように簡単に明らかになった矛盾にもかかわらず、日本は約400年続いた産業遺産に対して「江戸時代」の価値しか挙げていません。 これは、強制労働への言及を避けるための「不器用なトリック」としか見られません。

トリックを繰り返して自分で掘った「罠」

12月28日、日本が佐渡鉱山を世界遺産候補地に選定したというニュースが流れると、韓国政府はただちに韓国文化広報センターの所長を呼び出し、激しく抗議した。 また、民主党の国会議員50人が「佐渡鉱山の世界遺産登録推進を止める」決議を発表した。

しかし、日本政府は公式声明を発表していません。

それどころか、彼らは一歩下がって、国際社会が「これは最終決定ではない」と言っているのを観察しています。

日本は、すでに世界遺産に登録されている軍艦島に関するユネスコの「すべてを書き留める」という勧告を実行せずに耐えてきました。

ユネスコの世界遺産委員会も昨年7月、「戦時動員された朝鮮人に関する記述が不十分」として改善を求める決定を下した。

佐渡鉱山の世界遺産登録を進めながら、軍艦島と同じような手口を使っていたのですが、今見るとなかなかやりやすい雰囲気ではありません。

日本にとって、佐渡鉱山が再び推奨された場合、ユネスコ審査プロセス中に軍艦島との「国際的な不名誉」を被るしかありません.

世界遺産リストへの推薦の締め切りは 2 月 1 日で、あと 10 日しかありません。

暗黒の歴史を隠蔽するために策略を繰り返し、自らの罠に陥った日本は、今度はどのような選択をするのか?

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です