[카타르] 私も同じようにラウンド16に行きました… 韓国のフェスティバル、日本のメランコリー?

日本人フォワード「勝ったけど、望んでいたサッカーではなかった」

↑ 観衆を歓迎する中、サッカー韓国代表チームが韓国に戻った/写真=聯合ニュース

2022 年カタール国際サッカー連盟 (FIFA) ワールド カップは、すべての大陸がラウンド 16 に出場する初めての大会であり、「サッカーのグローバル化」と見なされています。

カタールのドーハに滞在中のFIFA会長ジャンニ・インファンティーノ(52)は昨日(7日)、FIFA TVのインタビューで「サッカーは真の意味でのグローバル化に達した」と語った。 実際、この大会では、ヨーロッパや南米だけでなく、アフリカ、アジア、北中米、オセアニアなど、すべての大陸で準々決勝に進出するチームが生まれました。

特に、アジアサッカー連盟(AFC)に所属する韓国、日本、オーストラリアがすべてラウンドオブ16に進出し、3カ国が同時にラウンドオブ16に進出した記録を打ち立てた。

韓国と日本は、強敵を相手に勝利を収めました。 グループEの日本はドイツ、スペインに2-1で勝利し、韓国もポルトガルに2-1で勝利した。

両国は準々決勝進出を逃し、それぞれクロアチアとブラジルに敗れましたが、グループステージですでに印象的なパフォーマンスを見せ、アジアサッカーの成長を世界に伝えました。

両チームともファンの声援を受けて帰宅するが、チーム内のムードはまるで違う。

歓迎の観衆の中、サッカー韓国代表チームが帰国/写真=聯合ニュース
↑ 観衆を歓迎する中、サッカー韓国代表チームが韓国に戻った/写真=聯合ニュース

韓国の場合、昨日(7日)の帰り道、空港の到着ロビーには約1000人のサッカー代表ファンが訪れ、歓迎の声を上げた。 焦って自分のアイデンティティーを捨て、相手の特徴を少しずつ見極めていった過去とは違い、今回は「自分たちのサッカー」でノックアウトステージに到達できたことを誇りに思います。

大会を率いていたパウロ・ベントは帰国直後、「ワールドカップ決勝の準備中、私は自分たちのやってきたことと選手たちだけを信じていた。 ” 見つかった。

韓国代表主将の孫興民(ソン・フンミン、30、トッテナム)も「本当に選手たちに大きな影響を与えた」と満足感を示し、「いいえ、選手とチームだけでなく、チームも. 人々も命を絶たずに前に進んでほしいと願っています。

ラウンド16終了後、悔し涙を流す日本人選手/写真=ロイター
↑ ラウンド16を終えて悔し涙を流す日本人選手/Photo=Reuters

しかし、日本の雰囲気は少し違います。 準々決勝進出を逃した悔しさに反省の声が挙がっているようだ。

サッカー日本代表のドアン・リッツ(24・フライブルグ)はきょう(7日)、地元メディア「サッカーキング」のインタビューで「ドイツ、スペインに勝ったが、望んでいたサッカーではなかった」と語った。 占領して勝つ。 日本のサッカーは今、素晴らしいレベルの選手と大きな可能性を持っています。」

さらに「理想に向かって行ける」という意味を明かした。

.

今回のワールドカップで、日本が欧州の強豪2人を相手に長年の「占領サッカー」を断念し、久々に守備ラインを下げながら反撃のイレギュラーで勝利したことは残念に思えます。 堂安さんの発言は、「過程を捨てて結果を取る」という方法に対するプレイヤーの気持ちを表しているようです。

[임다원 디지털뉴스부 인턴기자 djfkdnjs@gmail.com]

Kono Makoto

「ベーコン愛好家。筋金入りのツイッター愛好家。流行に敏感なポップカルチャーの専門家。学生。認定ビールマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です