[카드뉴스] スマートスキンケアはシルバーテックで始まる – Bravo My Life

高齢者の安全と介護をより便利にする技術を意味する「シルバーテック」は、介護業界のさまざまな分野に応用されています。 AIを活用したリアルタイム見守り、IoTを活用した近接ケア、ビッグデータを分析した個別化ケアサービスが代表例です。

2021年、日本の高齢者比率は20.1%で世界一。 高齢化が先ですが、2000年代から「ハイテクトイレ」「リクライニングベッド」「介護ロボット」などの技術が開発され、日本が開発しているスマートケア技術の姿をご覧くださいマネーテクノロジーの今後の動向を探る。

1. 感情を満たす「ソーシャルロボット」

ソーシャル ロボットは、くすぐられると笑顔になり、指を繰り返し噛むなど、非常に単純な機能を持つコンパニオン ロボットです。 日本のロボット会社ユカイ工学の「Qoobo」は、丸いクッションに尻尾が付いたロボットです。 顔はありませんが、レスポンシブテクノロジーを備えており、動物のように尻尾を振っています。 世界的な家電見本市「CES 2022」で紹介されたロボット「はむはむ」は、指を入れると噛む動作を繰り返します。 これは、高度な機能ではなく単純な反復動作が感情に役立つことを示す例です。

2. 労力を軽減する「介護ロボット」

高齢化率が最も高い日本では、介護人材の不足も問題でした。 この問題を解決するために最も開発されたのが介護ロボットです。 介護ロボットを開発している企業は約100社あり、これまでに約15台のロボットが販売されています。 ソニーの「aibo」やソフトバンクの「Pepper」などがその例です。 癒してくれる人を入力すると、アイボがカメラとAIで癒してくれる人を探して家の中を歩き回ります。 自宅の高齢者が転倒した場合、写真を撮って家族に送信し、すぐに救急車を呼ぶことができます。

3. 床ずれを防ぐ「ロボットベッド」

Ax Robotics が開発した医療施設向けのロボット ベッド Haxx は、自動で動くネットと個人に合わせた正しい姿勢で褥瘡を予防します。 床ずれを防ぐには、2時間ごとに体勢を変えなければならず、介護者の負担が大きい。 ロボットベッドは、時間に合わせて利用者の姿勢を自動で変化させます。 将来的には、脱落検知や生体情報計測などの技術を搭載する予定です。

4.窒息を防ぐ「チョーカー」

日本のスタートアップ「プライムズ」は、高齢者が食べ物をうまく飲み込めるかどうかをチェックする「チョーカー」を開発しました。 加齢により食べ物を飲み込む能力が低下すると、誤嚥性肺炎を起こしたり、窒息の危険性もあります。 フードの出来具合をネックバンドのセンサーが検知し、AIが飲み込む音を学習。 食事中の嚥下回数や速度などのデータを収集することで、機能低下の有無を判断することができます。

5.転倒防止の「コロバン」

eディスカバリー企業「Fronteo」の「Colovan」は、AIを活用した高齢者の転倒防止ソリューションです。 ユーザーの病歴や服薬などの医療データから、睡眠薬や転倒の危険性を分析し、1週間後の転倒や転倒の可能性を予測します。 この図により、車椅子の使用を推奨することができます。 Coloban を使用している病院は、ソリューションの導入後、転倒率が 3 分の 2 減少したと報告しています。

6. 溺れを防ぐ「センサー」

高齢者の溺水事故の90%は家庭の浴槽で発生しています。 一人暮らしの家庭では、事故が起きても発見が遅れがちです。 また、洗濯中に事故が発生すると、急激な温度差による心臓発作のリスクが高まります。 海運会社のJVCケンウッドは、トイレの緊急警報システムを開発しています。 天井に取り付けられた赤外線/超音波センサーが浴槽に入浴している人を認識し、溺れる可能性がある場合にアラームをトリガーします。 アラームに反応がない場合、18秒後に自動で緊急通報するシステムです。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です