[집중취재M] 週60時間労働…企業は「もっと延長する必要がある」

◀ アンカー ▶

経済副首相は本日、残業時間の有効期限を延長するよう法制化を促す声明を発表しました。

従業員が 30 人未満の中小企業は、現在の週 52 時間労働制限から免除され、今年末までにさらに 8 時間働くことができます。

今年末で終了します。

政府は、この 8 時間の残業制度の延長を要請しました。

事業主や労働者の立場、さらには法案処理の見通しまで詳しく見てみましょう。

まず、イム・サンジェ記者のレポートを見てみよう。

◀ レポート ▶

仁川市西区の建設機械メンテナンス会社。

19 人の従業員のうち、14 人が現場で保守作業を行い、月曜から金曜まで 1 日 12 時間、週 60 時間働きます。

[김창웅/건설장비 정비업체 대표]
「工場の設備は午後 4 時か 5 時まで稼働します。修理して翌日には使用できるようにする必要があります。従業員がメンテナンスに行くと、もう午後 8 時か 9 時を過ぎています…」

週 52 時間労働で、従業員を増やさなければなりませんが、人を見つけるのは簡単ではありません。

[김창웅/건설장비 정비업체 대표]
少なくともあと 5 人追加する必要があります。 やらなければならないのですが、先ほど申し上げた人材がいません。 認定も資格ですが、私たちは実際には 3D 業界にいます。」

従業員 28 名のこの店舗には、10 人の店長が週 60 時間勤務しています。

年中無休のため、人件費削減のため人員を増員する必要がありますが、人件費の負担が懸念されます。

[구경주/마트 대표]
「30人で働いて、その後35人になったら、人件費を分割して負担しなければならないが、人件費を押し上げては余裕がない。赤字レベルで働くことは可能だと思う」労使協定を結んで十分な時間を労働に充てること。」

コロナ19の影響による景気低迷が懸念され、先行きが不透明な状況で、すぐに人員を追加採用するのは難しいというのが業界の立場だ。

大韓中小企業総連合会の調査によると、従業員が 30 人未満の製造業者の 91% が残業制度に依存しており、調査対象の企業の 4 分の 3 は、制度が拡大されなければ予定がないと答えています。

政府は、中小企業や中小企業が倒産した場合、私たちの経済で最も脆弱な労働者が最初に失われると述べて、国会に議論するよう促しました。

MBCニュースのイム・​​サンジェです。

映像カバー : ナ・ジュニョン、ソ・ジョンソプ / 映像編集 : コ・グムグン

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトーク@mbcレポート

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です