[지금 일본에선(539)] 差別はないが、留学生の就職率は日本人学生の半分

新型コロナウイルス感染症以前に比べて外国人需要は大幅に増加していますが、実際の就職率は日本人学生よりもまだまだ低い状況です。 [출처=일러스트야]

[뉴스투데이/도쿄=김효진 통신원] 新型コロナウイルスと厳しい入国制限により、昨年5月の日本への留学生数は242,444人で、2020年から13.3%(37,153人)減少しました。

しかし、すでに人手不足が深刻化している日本企業は、国際競争力の強化という喫緊の火を消さなければならない状況にあり、留学生への依存度はさらに高まる。

コロナ禍で3年目の今年、外国人留学生の就職状況は? ディスコは就職情報サイトに登録した外国人留学生2,329人を対象に調査を行い、就職活動の現状を発表した。

まず、回答者の 75% 近くが、消費者が最も重視する言語スキルに関して、ネイティブ スピーカー レベル (20.3%) またはビジネス レベル (54.1%) であると回答しました。 日本語でのコミュニケーション能力が十分にあることが確認された。

働きたい企業は「在日外国企業」が46.1%と最も多く、「在日日系企業」が42.1%を占めた。

日本で働きたい理由(複数回答)は、「生活環境に慣れているから」(68%)、「日本語が使えるから」(64.4%)が最も高く、その反対でした。一方、「もし私の日本語が会社で働いていたら」(55%)と回答していますが、日常生活で使う日本語と仕事で使う日本語が大きく異なることは、国際社会に大きな負担を与えています。学生。

希望する業界(複数回答)は、文系留学生が総合商社(33.7%)、情報処理・ソフトウェア(31.1%)、情報サービス・インターネット(29.7%)、科学科の留学生は、コンピューター サイエンスとソフトウェア (33.7%)、32.6%)、薬局と化粧品 (31.5%)、情報とインターネット サービス (29.7%) を好みました。

IT業界への希望は日本人学生と同様でしたが、語学力や異文化への理解から期待する企業やホテル、旅行会社が​​多いのも特徴でした。

しかし、7月の調査時点では、24.1社の企業に既に応募しているにも関わらず、各留学生の平均48%が合格通知を受け取っており、留学生の84.9%に比べて大きな差が見られます。日本人学生。

企業からの留学生の需要は、コロナ禍前の2019年7月の40.6%から7.4ポイント増加しており、大幅に増加していることが分かります。 (59.6%)から来ました。

その結果、今年の就職活動が終了する8月でも、留学生66.1%の半数以上が労働市場に留まり、日本人学生(25.5%)の2倍以上を記録した。 .


Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。