[정치]韓日関係改善の第一歩…徴兵制の解決は「難しい」


2年9ヶ月ぶりの韓日首脳会談、関係改善への第一歩
日韓首脳が強制動員問題で意見交換
日本の謝罪問題に関する日本の「平行線」
「日本に誠実な対応を求める」…「韓国が責任を負うべき」
岸田氏の政治姿勢が徴兵交渉に影響



[앵커]21日に開かれた韓国と日本の首脳会談で、双方は最大の問題である強制動員補償問題を解決する必要性を共有した。

しかし、日本の謝罪をめぐる見解の相違は解消されておらず、かなりの困難が解決される見込みだ。

チョ・スヒョン記者が報告する。

[기자]2年9ヶ月ぶりに行われた韓日首脳会談は、関係改善の第一歩を踏み出した意味でも重要だ。

彼らは、特定の期限を設定することなく解決策を見つけるために、両国の外交当局間の協議を加速することに同意した.

また、関係改善の鍵の一つである強制労働問題についても話し合いました。

[임수석 / 외교부 대변인 (지난 22일) : 일본 측도 강제징용이 주요 현안이라는 같은 인식하에 양국 관계 개선을 위해 양측이 계속 노력해 나가기로 했습니다.]

しかし、外務省がファーストドリンクの配布はできないとのことで、勧告的なアプローチは行われなかった。

日本政府や徴兵を行った企業の謝罪をめぐっては、依然として対立している。

政府は4回の官民協議会の取り組みを説明し、日本側に真摯な対応を求めたが、日本は韓国側の責任ある姿勢を強調する。

[조진구 / 경남대 극동문제연구소 교수 : 해법 마련을 우리 정부가 해야 하는 거고 기본적으로 일본 측이 참가하는 것을 전제로 한 해법 마련이라는 것을 일본이 받아들일 수 없다는 거예요.]

したがって、日本企業が最高裁の日本企業補償判決を執行するための資金調達に参加することは現実的ではないように思われる。

また、日本の岸田首相の内政姿勢が、今後の日韓間の強制労働問題の解決に向けた協議に影響を与える可能性があると見られている。

特に、直前の会談調整過程で緊張が高まったため、解決すべき課題が多いとの指摘もある。

YTNのチョ・スヒョンです。

YTN チョ・スヒョン (sj1029@ytn.co.kr)

※「あなたの報告がニュースになる」

[카카오톡] YTNを検索してチャンネルを追加

[전화] 02-398-8585

[메일] social@ytn.co.kr

[저작권자(c) YTN 무단전재 및 재배포 금지]

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。