[월드리포트] 「アメリカファースト」 ドアを閉める巨人、あなたはどこ?

「アメリカ第一」を標榜したトランプ政権とは異なり、バイデン政権は発足後の同盟の復活を求めるなど、前政権とは大きく異なる姿を見せた。 それ以来、伝統的な同盟国であるヨーロッパ(NATO)、日本、韓国も、防衛費の分担と貿易の分野で一時停止しています。 しかし、中間選挙までの数日間、バイデン大統領の口先では同盟国よりも国益の方がはるかに一般的です。

選挙を行わなければならない民主主義国では、これはある意味当然のことなのですが、票を狙った選挙政治を注ぎ込む過程で、アメリカ優先が復活し、いわゆる同盟国への脅威となっています。 . 言うまでもなく、電気自動車の補助金における差別問題は、ご存じのとおりです。

「メイド・イン・アメリカ」の毎日… 言葉は別、行動は別

米国で製造されず、最終的に米国、メキシコ、カナダなどの北米のみで生産される車両に税額控除を提供するインフレ削減法は、米国政府でさえ正当化できないほど明白です。世界貿易機関に抗議している貿易相手国に対し、これは WTO 規則に違反していると説明している。 韓国だけでなく、EUや日本もこの問題を提起しており、韓国とEUとの間で解決策を模索することで合意した。

ホワイトハウス、政府、そして議会でさえ、この状況の深刻さを十分に認識しており、解決策を見つけることについて話し合っていますが、米国の指導者であるバイデン大統領は、その日は長く、この状況を促進することに焦点を当てている. どこでも法律。 ありません。 特に「メイド・イン・アメリカ」、アメリカで生産することを重視し、ものづくりの立て直し、雇用の創出、技術の確保を叫んでいます。


現地時間14日、ミシガン州デトロイトで開催された「2022年北米自動車ショー」に参加し、米国車に直付けしてハンドルを握って米国電気自動車の販売を開始した。 バイデン大統領はスピーチの中で、米国が電気自動車の未来を形作り、米国の製造業に雇用を取り戻していることを強調しました。 彼は署名したインフレ抑制法を促進することを忘れませんでした。

インフレ削減法成立後、支持率の上昇を目の当たりにするバイデン大統領の立場からすれば、この決定を理解することは難しくない。 しかし、米国政府自身が弁解の余地のない問題のある条項を含む法律を推進しているバイデン大統領が、彼が重要視する「同盟国」の立場と矛盾しているように見えることも事実です。

テクノロジーを取り除く… 米国への外国投資のレビュー

自国産業の発展を重視するのはどの国も同じであり、アメリカが「メイド・イン・アメリカ」を重視するのも仕方がない。 しかし、経済力、技術力、国防力などあらゆる面で超大国である米国の強調の影響は、他の先進国とは異なる。 技術、資本、または米国市場に関係なく、独自の産業を運営できる国がいくつあるかは簡単にわかります。

このように国内投資を重視してきた米国が、今回、外国投資を包括的に監督する大統領令を出した。 一言で言えば、外国からの投資は受け入れますが、米国に友好的な投資のみを受け入れます。 ホワイトハウスは現地時間午後3時に発表されたプレスリリースで、「米国は投資に対して開放的であり、何百万人ものアメリカ人労働者が外国からの投資の恩恵を受けている. かねてから承知しておりました」と、政令施行の背景を説明した。

米国の消費者と生産者の価格が急騰

大統領令には、外国投資審査委員会 (CFIUS) が国家安全保障に対する外国投資の影響を評価する際に 5 つの要因を考慮するためのガイドラインが含まれています。主なサプライ チェーン、最先端技術、投資動向、サイバーセキュリティ、および米国のプライバシーです。 . この大統領令の標的はやはり中国です。 ただ、中国だけを特定するのはWTOのルールに反するとの専門家の意見もあるので、対象を特定しないのは当然だ。 注目すべき最大の標的は間違いなく中国ですが、標的は中国だけではないようです。

米国も重要な軍事情報を共有する「ファイブアイズ」の一部である英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドは、外国投資の評価で「優れた国」として挙げられています。 国には、米国との協力の程度に基づいた独自のセキュリティ リスク評価システムがあります。 この観点から見ると、米国とその主要な同盟国は投資の評価において例外のように見えますが、現実は少し異なります。

TID のコア技術、つまり技術、インフラ、データに投資する場合、これらの国は CFIUS に報告し、評価を受ける必要があります。 実際、CFIUS が発行した年次報告書によると、昨年は合計 184 件のコア技術取引が審査されました。 国別では、ドイツ(16件)、イギリス(16件)、日本(15件)、韓国(13件)など。 英国の「傑出した国」の数は 2 番目に多かった。

技術に合格… 米国は国内企業の外国投資審査を強化

米国はこれにとどまらず、外国企業による米国への外国投資および米国企業による外国投資を規制するための措置を追求していると付け加えた。 その目的は、米国の最先端技術を中国などの競争相手から保護し、輸出管理だけでは制御できないため、最も機密性の高い分野で競争相手の技術能力を構築できる投資を除外することです。

ジェイク・サリバン、ホワイトハウス国家安全保障顧問 (写真提供 = Getty Images Korea)

最近、ホワイトハウスが、米国企業が中国のハイテク分野に投資する際に、セキュリティリスクをフィルタリングして投資自体をブロックする大統領令を検討しているという報道がありました。 ホワイトハウスの国家安全保障担当補佐官ジェイク・サリバン氏は、外国投資審査委員会(CFIUS)の大統領令が技術の保護に役立つと述べた。

「米国は、自国のエネルギー源に投資する近代的な産業およびイノベーション戦略を追求しています」とサリバン氏は述べています。 彼はまた、この戦略は 4 つの柱で構成されていると説明しました。 かなり具体的なようです。

ドアを閉める巨人…色あせた古い映画

バイデン政権が発足した後、米国は再び世界のリーダーであると主張し、同盟国を結集し始め、前政権とは異なる側面を示しました。 しかし、11月の中間選挙では、「アメリカ第一」への回帰が明確に示されています。 11月に中間選挙があるからといって、その足取りは広く、一目瞭然だ。 軍事面、経済面のあらゆる面で超大国として世界に発展した過去とは大きく異なります。 彼は何かに追われているように閉じ続け、盗まれないように急いでいます。

米国では、自分の力でうまくやれば、何人もの競争相手を打ち負かして、世界一の地位を維持できるという信念や信頼があるようです。 しかし、自称超大国のリーダーとして、守勢を強めるアメリカでは、過去とはかけ離れているようだ。 アメリカの政界はしばしば「巨人が目覚めた」とアメリカの再生を強調するが、中国との競争を意識しつつも、積極的な拡大と封じ込めをやめて自国を再生させた国があるかどうかは、歴史的にはやや疑わしい。代わりに内側から。

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。