[어바웃 슈퍼리치] 日本を代表する生活の専門ブランド ニトリ 代表取締役社長 似鳥昭夫

[시선뉴스 조재휘] 日本からイケアと呼ばれるニトリの創業者であるニトリ・アキオは、ニトリを日本を代表するリビングブランドにしました。 挑戦し続ける事業環境を整備し、他のファニチャーブランドがなかなか追いつけない体制を築き、ホーム&ファニチャーのリーディングブランドへと成長しました。

計り知れない劣等感

[사진/니토리 홈페이지 화면 캡처]

似鳥さんは北海道学院大学経済学部卒で、広告代理店に勤めていたが、すぐに解雇された。 ひょんなことから入社したが、半年後に業績不振で再度解雇。 ニトリは幼い頃から劣等生だった。 父は似鳥に「頭が悪いから大学に行くなんて考えずに、大学を卒業した人が書いたことをやりなさい」とアドバイスしたほどです。 解雇されて仕方がなくなったニトリは、自分を大事にするつもりで家具屋を開いた。

販売価格を下げる努力

[사진/니토리 홈페이지 화면 캡처]

[사진/니토리 홈페이지 화면 캡처]

実際に家具屋を開いたものの、ニトリは恐怖症でお客さんと目を合わせることができず、途方に暮れていた。 そんな彼に転機が訪れる。 アメリカの家具業界向け研修会に参加したニトリは、日本よりはるかに先を行くアメリカ市場を確認し、人生観を変える。 アメリカの富を日本に広めるという目標を設定した彼は、最初は家具の価格を下げることに注力しました。 ニトリは当初、倒産した家具店や問屋から商品を安く現金で買い取り、家具の販売価格を下げた。 それからメーカーの工場に行って直接買いました。

表示要素の拡張

[사진/Wikimedia]

[사진/Wikimedia]

渡米後、ニトリは日本の家具市場が、キャビネットや箪笥などの収納家具中心から、アメリカのようにラグやカーテンなどの室内装飾品にシフトすると予測した。 ニトリはまずラグを店頭に出し、続いてカーテンを展示し、順次アイテムを追加。 現在、10,000点以上の商品を販売しており、家具だけでなく、カーテンやラグなどのファブリック製品、寝具、家庭用品にまで範囲を広げています.

SPA法の導入

[사진/Wikimedia]

[사진/Wikimedia]

また、ニトリはユニクロのビジネスモデルを参考にSPA方式を導入し、家具業界初の「製造・物流・小売企業」として生まれ変わります。 SPA方式とは、マーケティング、製造、物流、本社営業を一元管理しながら、コスト削減と品質向上を実現するシステムです。商品の企画段階から生産までを直接リードするため、コストを大幅に削減し、妥協することなく品質を維持しています。 ニトリは消費者に満足していただける商品づくりにたゆまぬ努力を重ね、消費者からニトリの商品を高く評価されました。

低価格の理由

[사진/Wikimedia]

[사진/Wikimedia]

ニトリの低価格の理由の一つは、物流+配送体制を外注から直営化することで物流コストを削減したことだ。 そのため、ニトリでは小売業を製造物流と呼んでいます。 現在の業態は家具と家庭用ファッションの両方を扱うファニッシングに近い。 これは日本では新しい概念ですが、IKEAの例が示すように、欧米では一般的です。 実際、事業展開の際にIKEAを比較したという方もいらっしゃるとのこと。

学生時代は落ちこぼれコンプレックスだらけだった似鳥昭夫。 顧客と目を合わせることさえできなかった彼は、日本初の生きた商品のブランドを開発し、小売業界を驚かせました。 自らの意志を貫き、一貫して歩み続けてきた行動によって、今の自分にたどり着くことができたようです。

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。