[아주경제 오늘의 뉴스 종합] 「私的金銭補償」案…転換期の韓日首脳会談など

[사진=아주경제]

「民間資金清算」案…転換点にある韓日首脳会談

2年9ヶ月ぶりの韓日首脳会談を控え、韓国は19日(現地時間)、ニューヨークで開かれた外相会談で、両国の外国企業が関与する民間財源を補償することで合意した。日本による強制労働の動員に対する補償の問題に対する解決策が提案されていることが知られています。 日本政府が受け入れるか否かによって、首脳会談の開催に影響が出ることが予想される。

外務省によると、朴槿恵外相と日本の林義正外相は同日午後4時、ニューヨーク市内のホテルで55分間会談した。 会談後、朴長官は記者団と会見し、「双方は韓日関係改善のために誠実に努力することにした」と説明した。

一方、日本の外務省は記者会見で「林外相は日本側で一貫した立場を取っている」と述べた。 日本側の「一貫した立場」は、補償問題は1965年の韓日請求権協定などで完全に解決されており、2018年の補償に関する韓国大法院の判決は韓国政府の問題である自力で解決する。 .

 

尹原子力発電所は「環境にやさしい」と政府が認める… K-Taxonomy電撃をはじめ

環境省は、「環境に配慮した経済活動」の基準であるグリーン分類制度に原子力発電を含めました。 昨年12月、原発を除外したガイドラインが9カ月ぶりに変更された。 文在寅(ムン・ジェイン)政権とは異なり、原子力産業の発展を国家課題とする尹石烈(ユン・ソクヨル)政権の方針に沿っている。

環境省は20日、原子力発電所を含むグリーン分類制度(タクソノミーK)の改正を発表した。 改正案は、小型モジュール原子炉、放射性廃棄物を最小限に抑えながら発電および電力を供給する次世代原子力発電所、耐事故性核燃料 (ATF)、放射性廃棄物管理、研究、宇宙/海洋マイクロ原子力発電所、核融合に関するものです。安全性と耐震性能の向上 設備の信頼性を向上させるための基本技術の研究、開発、実証に関連するすべての活動は、「グリーン セクター」に含まれています。



また、原子力エネルギーを利用して電気や熱を生産・供給する施設の建設・運営活動(新たな原子力発電所の建設)及び「設計期間満了後の原子力発電所の継続的な運営」を目的とした施設の改修活動ライフ(原子力発電所の建設事業)は、「転換部門」に分類される。

檢、斗山グループ捜索押収イ・ジェミョン関連

「城南FCスポンサー疑惑」を捜査中の検察は、斗山グループ本社で強制捜査を開始した。 法曹界によると、20日、水原地検城南支部刑事3課(ユ・ミンジョン部長)は同日、ソウル中区の斗山グループ本部に捜査員を派遣した。サーバーなどの関連データ。 これに先立って16日、江南区の斗山E&C、城南FC、城南市役所など20ヶ所を家宅捜索の延長として報道した。 斗山グループの本部が家宅捜索されたのは今回が初めてだ。

城南FC後援疑惑は、民主党のイ・ジェミョン代表が城南市長時代に城南FCのオーナーであり、2014年から2016年まで斗山とネイバーから160億ウォンの寄付を受け、建設許可などの便宜を提供したというものだ。ビジネス。 盆唐警察署は昨年、李容疑者を無罪とし、追放した。 しかし、疑惑を再考した警察は13日、李代表と城南市役人に対する第三者贈収賄の疑いで検察に通報した。

 

「時効は過ぎた」…警察、イ・ジュンソク前代表の性的好意主張を棄却

警察は、イ・ジュンソク元人民権力代表の性行為疑惑について、「訴える権利はない」と結論付けた。 ソウル地方警察庁の腐敗公害捜査団は20日、李元代表に対する疑惑を棄却することにしたと発表した。 これは、特定罪増重法に基づく調停の時効である7年がすでに満了しており、継続することができないためです。

李前代表取締役は、2013年に2度の性交渉を行うなど、2015年頃までさまざまな接待を受けた疑いが持たれていました。このような疑惑を提起したガロセロ総研は、昨年12月、李元社長に対して訴訟を起こしました。 IKAIST のキム・ソンジン最高経営責任者(CEO)は、イ氏に性的な好意を提供したとして告発され、イ氏は金銭と性的な好意を含む接待を受け取ったと主張し、見返りに朴槿恵前大統領との会合を組織した。


© ‘5 つの言語で表示されるグローバル経済日報’ Ajou Economic Daily. 無断転載・再配布禁止

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。