[사회]日本の船は「福島からの汚染された水」を運ぶ…政府はインターネットからの記事をコピーすることによって行動を起こす

[앵커]日本は来年から福島原子力発電所からの汚染水を海に放出する意向を公式に発表した。

問題は、日本の船舶がバラスト水を汚染水で満たして韓国に入港し、排出すれば、海が汚染される可能性があるということです。

本部である海洋水産部が遅ればせながら対策を打診したが、それもインターネットの記事をそのままコピペしたものだった。

取材に応じたユン・ソンフン記者がスタジオにいる。

まず第一に、日本の福島原子力発電所からの汚染水の排出はいつから始まるのでしょうか?

[기자]日本政府は、早ければ来年3月にも福島原発から汚染水を排出する計画を立てており、その準備を進めています。

2011 年の東日本大震災では、福島原子力発電所が爆発しました。

日本は冷却材を注入して核燃料を冷却し、このプロセスで発生した汚染水は原子力発電所の敷地内に保管されます。

過去 11 年間に、数百万トンの汚染水が現場に保管されてきました。

汚染水が蓄積し続けているため、日本政府は汚染水を処理し、福島原子力発電所に 1 km の海底トンネルを掘削して海に放出する計画を発表しました。

[앵커]原発の汚染水を海に流したらどうなる?

[기자]日本政府は、放射性物質が処理プロセスから除去されているため、安全であると主張しています。

日本政府は、汚染された水ではなく、処理された水を拒否すると説明しています。

しかし、学界では懸念の声があります。

これは、プロセスが完全ではないためです。

専門家の話を聞いてみましょう。

[서균렬 / 서울대 원자핵공학과 교수 : 다핵종 제거 설비가 있긴 하지만 여과기에서 성능이 불완전하기 때문에 여전히 방사성 물질, 특히 삼중수소는 남게 되고요. 이게 방류가 되면 생태계에 영향을 미치겠죠.]

政府はまた、最近のロンドン条約およびロンドン議定書の締約国会議で、日本の福島原子力発電所からの汚染水の投棄の問題を提起した。

彼女は、これが近隣諸国の人々の健康と安全に影響を与える可能性があることへの懸念を表明しました。

[앵커]韓国にはいくつかの問題があるかもしれませんが、船のバラスト水もその一つですよね?

[기자]はい、福島からのバラスト水が国内の海洋生態系を汚染する可能性があると述べられています。

船は航海中に重心を維持するために海水で満たされています。

バランスの水です。

バラスト水がどのように問題になるかを図で説明しましょう。

船が福島からの汚染水を積み込んで海に放流すれば、汚染水が直接海に流れ込む可能性があります。

簡単に言えば、福島原子力発電所によって汚染された水は、私たちの海に直接流れ込む可能性があります.

[앵커]これは気になるところですが、これに対する政府の対応はどうでしょうか。

[기자]事故から 11 年が経ち、韓国政府は実質的に経営権を失ったと言っても過言ではありません。

実際、流入する汚染水の量を推定するための基本的な統計でさえ十分に準備されていません。

原発事故が起きた2011年から最近まで、福島近郊の9つの港から約15,800隻の船舶が入港しました。

このうち、バラスト水排出量のモニタリングが実施されたのは 42 件で、全体の 0.2% にすぎません。

[앵커]この程度の検索性能では、問題があっても特定するのは困難だったでしょう。

海洋水産局の立場は?

[기자]海洋水産省は、調査がサンプル調査として実施されたため、42回のテストしか実施されなかったと説明しました。

しかし、彼は現在の捜査体制にギャップがあり、それを埋めるつもりだと説明した.

これまでのところ、バラスト水が汚染されているかどうかを分析するのに1か月から1か月ほどしかかからず、船舶が汚染水を排出したとしても、すぐに止めることはできません。

福島近海に入港する船舶がバラスト水を排出した場合、汚染の有無を確認し、対処する必要があります。

問題があるかどうかを判断するのに時間がかかり、行動しようとしても行動できませんでした。

最終的に、海洋水産省は、来年から福島近郊の 9 つの港から到着する船舶の完全な調査を実施する計画を発表しました。

彼は国会に予算を6億ウォン増額するよう要請し、現場で1時間以内に放射能汚染を分析して対策を講じるシステムを構築すると述べた。

[앵커]追加予算を要求し、対策を提案したが、それもずさんなのか?

[기자]はい、まず海洋水産省から提出された予算を見ると、新しい車両用ポータブル測量機器、個人用ポータブル測量機器、および専門機関のサービス料金があります。

その中でも問題となっているのが、個人用携帯測量機です。

海洋水産省は、個人用携帯型放射能測定器の性能分析表を添付し、この製品に基づいて予算を設定しています。

しかし、この資料はインターネットのブログ投稿からコピーされたものであることが判明しました。

海洋水産省が予算に反映した商品実績チャートは、2019年に個人が書いた記事と同じです。

記事の著者は、放射線の脅威について書いており、平均的な人が購入すべきサーベイメーターの種類について書いています。

著者でさえ、一般大衆が簡易測定器で放射能を調べる能力には限界があるという趣旨の条件条項をつけた。

海洋水産省は、別途の検証なしに YouTube で放送を見た後、投稿の作成者がキュレーションした製品性能分析チャートを持ってきました。

[앵커]これはばかげた状況です。海洋水産省の立場は?

[기자]まず、海洋水産省が間違いを認めました。

彼は急いで予算を立ててインターネット上の出版物を参照したと説明した.

国会では、政府が綿密な準備計画を立てるべきだという声が上がっている。

自分で聞いてみましょう。

[소병훈 / 농림축산식품해양수산위원장 : 후쿠시마 오염수가 유입될 경우 국내 해양 생태계가 함께 오염될 가능성이 매우 큽니다. 우리 해양수산부에서는 지금 조치가, 준비가 좀 안일하다 생각을 합니다. 이런 일은 정부 차원에서 보다 더 적극적인 대비를 해야 된다….] [앵커]はい、聞いてよかったです

YTN ユン・ソンフン (ysh02@ytn.co.kr)

※「あなたの報告がニュースになる」

[카카오톡] YTNを検索してチャンネルを追加

[전화] 02-398-8585

[메일] social@ytn.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です