[박선영의 북한인권 칼럼 ③] 平壌の「偽りの太陽」…ニューヨークの「本当の太陽」


▲国連本部前での1対1の抗議活動中の脱北者ユン・テヤン。

ソウル行きの飛行機の中で映画を見ました。

「不思議の国の数学者」

映画の中で「ストレンジ・カントリー」は北朝鮮と韓国の両方を指す。

北朝鮮では、世界的に有名な数学者リ・ハクソンの研究成果が兵器に使われ、
韓国では、良い大学や良い数学の仕事に就くためのツールとして使われています.
基本的に、それは映画のプロットの 3 分の 2 です。
おそらくそれが映画のタイトルになった理由です。

しかし、映画の最後に
数学者は優秀な (?) NIS 職員の助けを借りてアメリカに行きます。
繰り返しますが、彼は数学の研究に専念していることがわかりました。
この映画があまりニュースにならず、人気がなかった理由は推測できます。
ただアメリカ、
「外国じゃない国、夢を叶える国」
と説明されていたからかもしれません。

さらに、映画の 3 つの成功要因は次のとおりです。
暴力もセックスも冒涜もありません。
一言で言えば、「楽しい」映画ではありません。

しかし、私はそれが好きでした。
久しぶりにいい映画を見ました。
私は飛行機の中で、みんなが寝ていると書きました。
映画の残像が消える前に書きたい。

▲ 映画ポスター ⓒ ニューデイリー

1.数学的勇気と人権勇気

サイキックレトリックは次のように述べています。

「数学が得意になるには、
賢くならなきゃいけないとか、死にたいとかいうことじゃなくて、
数学的な勇気が必要です。」

これを聞いて、私は
毎日、ニューヨークの国連本部前で、
悲惨な人権状況を北朝鮮のせいにする テヤン・ヨンさんを思い出しました。

テヤン・ヨン
頭は良くて努力は死んでも、
何よりも、彼は勇敢な人です。

彼の父は金日成とは別の海岸線を歩いていたので、
彼はわずか 8 歳のときに、平壌から咸鏡北道の温城に強制送還されました。
労働党幹部の父と高校教師の母は、
ある朝の強制労働 – 強制農業、
彼は日々イデオロギーの学習と自己批判に苦しんでいました。
8人兄弟は頭が良かったが、
実際、それはそれをさらに抑圧的にしました。
私は無駄に試しました。
いや、やればやるほど
抑圧も強まった。
学びの道は閉ざされた。

困難な行進の終わりに、
テヤン・ヨンM. は亡命した。
すでに健康状態が悪化しているご両親やご家族、
空飛ぶ山も越えられない状態。
息子は5歳です。
夫人
義母が出て行ったらどうしますか
彼らは、子供を連れて行かれたら全員死ぬだろうと言わざるを得ませんでした。
結局自力で逃げた。
勇気が必要でした

まず、母の故郷である江原道春川に行き、挨拶をしました。
お金を稼ぎ、両親に薬を送り、ブローカーを購入し、
私たちは皆、勇気を出して韓国で一緒に暮らしました。

2. より良い世界

口腔生活。
しかし、他の脱北者に比べて、
大きな事故もなく無事に韓国に到着。
母親や親戚も見つかった。
みんな元気に暮らしていました。

でも借金はしたくない
彼はソウルに来て死ぬまで働きました。
ランダムに働いた
寝ずに働いた。
いいえ、北朝鮮を離れた後、安らかに眠ることができませんでした。

私は毎日悪夢を見ました。
狩りの瞬間、
英語すら分からない時もありましたが、
問題を抱えた両親、兄弟、妻、子供たちの物語。
このすべてが時空を超え、
ホラー映画と同じように、目を閉じるとリプレイされます。
映画のリ・ハクソンがよく眠れないように、
テヤン・ヨン氏もそうだった。

しかし韓国では、働いた分だけお金が入ってきました。
彼はこぶしを握り締め、北朝鮮のために良いことをするためにお金を貯めました。
お金で何でもできるところ。
彼は、
資本主義社会の韓国ではなく、
北朝鮮の全体主義社会。

探さない方がいいけど…

病気の両親
テヤン・ヨン家を出て間もなく亡くなったそうです。
私の妻と子供たち、そして私の近くに住んでいたすべての兄弟姉妹、
両親の死から二ヶ月後のある夜、
トラックに積み込まれた後、彼らがどこにいるかは誰にもわかりません。

彼は教和荘に連れて行かなければなりませんでした。
または、彼らはより深い山に追放されました。

私も知りません、
彼は自分がとてもいっぱいで、毎日自分の面倒を見るのが嫌いです。
私は奇妙に感じる

それ以来、彼は北朝鮮が残虐な人権状況を非難し始めた。
日中、彼はいたるところに行き、ピケを使って個別のデモを組織しました。
夜は生計を立てる夜警がいました。
給料を受け取ったとき、私は抗議物資を買いました。

2012年冬。当時18代議員だったパク・ソンヨンは、中国政府による北朝鮮人の強制送還に抗議し、当時の在韓中国大使館前にテントを張って飢えに苦しんだ。攻撃。 毎日

2012年初頭、私が行っていた中国大使館前でのハンガーストライキの様子。
彼はこの場所に参加し、一日も私を離れることはありませんでした。
その涙に感謝し、命を懸けて断食したのです。

しかし、一般大衆は北朝鮮の人権に関心がなく、
左翼はますます凶悪になっていく
お金を稼いでも送ってくれる家族がいなくて、
疲れが続いています。
どんなに食べて生きていくのが大変でも、北には家族がいて、
脱北者でさえ「北朝鮮の人権」という言葉を使いたくないのが現実だ。

より良い世界 vs. より悪い世界

明らかに、彼が住んでいる韓国はより良い世界であり、
より良い世界ですが、
テヤン・ヨン氏の心の中で.
地獄の毎日、
ますます悪くなった、
もっとひどい世界だった。

それからある日。
「国際社会に出て、北朝鮮の人権運動を始めよう」
この考えはばかげているようです。

同行家族がいなかったので、躊躇する理由はありませんでした。
それ以来、私はパスポートとビザを申請しました。
私は英語を一言も話せませんし、お金もありません。
アメリカに来た
「出産前」という4つの言葉で、彼が経験したすべての苦労をどのように説明できますか?

まだ テヤン・ヨン
「運が良かった」と彼は笑った。
助けてくれた人はたくさんいました。

「私が西に行ったのは、単に飛行機が東より安いからです。
ただし、一方通行 ジョン・ヨンボン 社長や びゅんOO 大統領に会いました。
目に見えない手が彼らを通して存在していると感じるのはとても気持ちが良かった.

テヤン・ヨンM.の小さな顔はしわだらけです。
それでも満面の笑みを浮かべた。

まさに「よりよい世界」。
ベターワールドに来たからか、そう笑っているようだった。

3. ニューヨークの太陽は毎日昇る

そのように テヤン・ヨン彼はまた、映画でハクソン・リとしてアメリカに来ました.

リ・ハクソンは国情院の優秀な職員の助けを借りて来たが、
テヤン・ヨン彼は自分の努力だけでやって来ました。

リ・ハクソンは良い研究所で数学を勉強しているが、
未習 テヤン・ヨンリ氏は、リ・ハクソン・リ氏が韓国で行った警備業務を米国で行っています。
日中は国連正門に行き、個別デモを行いました。
夜は夜警として働く。

でも、韓国ではなく、
米国では夜間警備を行う方がはるかに簡単です。
まず、ただの仕事ではなく、
馬は良いガードシステムを持っています、
誰かが建物に近づくと警報が鳴り、
同時に「近寄るな、早く戻って来い」という放送が。
CCTVでそれを見て、
そのまま近づいたり、入ろうとしたりすると、
119 番通報は仕事です。

寝苦しいけど、
家で寝れなくても大丈夫。

夜勤なので時給は高めです。
家はヒスパニック系で、小さなシェアルームが1つしかありません。
優しくして、良い友達になりましょう。
さらに良いことに、それはお金を節約します。
でも、料理ができないのでちょっと大変です。

しかし、一緒に食べたコリアタウンのガルビタン屋さんでは、
彼は食事代を払うと言った。
断食してくれて本当にありがたかったです
彼は彼女を忘れることができませんでした。
それで彼は自分が支払わなければならないものを支払うことを主張し、長い間苦労しました.

そのような人
テヤン・ヨン

▲ 2022年9月、米ニューヨークの国連本部前でパク・ソニョン元議員が「捕虜の送還」を要求する看板を掲げてワンマンデモを行っている.ⓒNew Daily

国連本部前で、「軍隊捕虜の送還」の看板を掲げて個別デモを行った日。
テヤン・ヨン
北朝鮮の人権侵害とワームビア事件を描いた版画が手すりにぶら下がっていた。

▲ 連日、国連本部の前でデモを行う男、テヤン・ユン.ⓒNew Daily

そして彼は杭を持って立っていた

「私に自由か死をください」

彼が背負っていた杭の中での叫び。

午前 10 時から午後 12 時まで、1 日も無駄にすることはありません。
彼は毎日このように抗議した。

▲ 外交通商統一委員会の本会議で脱北者の強制送還をやめるよう中国に求める決議案を提出し、涙を流す第18代議員のパク・ソンヨン議員ⓒ聯合ニュース

世界中から人権活動家がいました。

タジヒスタン、モンゴル、香港、台湾、中国、日本など。
何百人もの人々がさまざまな問題についてデモを行っており、そのほとんどがアジア人で、各国から数十人が参加していました。
ただし、韓国人は1人だけです。
テヤン・ヨン氏のみ

出なかったら
その日はいつものように テヤン・ヨン一人でいなければならなかった CQFD

編集者注
:
CQFDラテン 言い回し」これはデモンストレーションされるべきでした“の略。
それは ユークリッドわお アルキメデス頻繁に使用されます ギリシャ語 言い回し」ὅπερ ἔδει δεῖξαι“(hóper édei deĩxai) のラテン語訳。
直訳すると「見せなければならなかった」。
この略語 算数証拠終わりに使われることが多い

北朝鮮の人権運動
国内外を問わず、私が一人であることを完全に「証明」する時間でした。

でも考えてみれば 太陽1つだけです!

北朝鮮では」 太陽’これ、
彼はずっと前に亡くなった 日曜日いっぱい

しかし、国連本部の前では、
本当の太陽‘これ、
今日、明日、そして毎日。
映画のオイラーの方程式のように .

▲ワンマンデモを終えて帰宅するユン・テヤンの後姿。 元病院員のパク・ソニョンさんが撮影。 ⓒ新しい毎日

正午、私は抗議物資を大きなバッグに入れ、小さくて細い肩に巻きつけて立ち去りました. テヤン・ヨンMさんの背中を見ると胸が苦しくなる。

この寂しさどうするの?
川に入れるカメも残っていません…


Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です