[농어촌 이슈 PICK] キム・ジャンチョルのキャベツ価格の見通しは? 全羅南道の農水産物輸出増加


[앵커]

全羅南道の農業と農村の最新の問題を見て、農村の問題を提起する時が来ました。

まず、今日話す内容を見てみましょう。

最初のニュースは、秋キャベツの最大の生産地である湖南地域の白菜の作付面積が 12% 増加したことです。

キャベツの価格が急騰したので、キムチの価格予想を見てみましょう。

次のニュースは、全羅南道からの農産物の輸出が昨年より大幅に増加した一方で、日本が輸出国として1位になったことです。

詳しく見ていきましょう。

地方選抜、光州日報のペク・ヒジュン記者がきょう来た。

こんにちは。

ペク記者 最近、キャベツの値段が上がり続け、ついに1万ウォンを超えました。

今後のキャベツ価格の見通しは?

[기자]

昨日、光州の良洞市場で販売されたキャベツ1個の価格は1万300ウォンで、昨年同日の7000ウォンより47%値上がりした。

白菜の価格は先月から順調に上昇していたが、今月1日には9000ウォン台まで上昇し、翌日からは1万ウォン台で横ばいで推移している。

キャベツの価格が急騰したのは、昨今の猛暑や豪雨でキャベツの栽培が困難になったためです。

しかし、江原道中高地から出荷される今月末から白菜の価格が下がる見通しだ。

[앵커]

湖南地域は秋キャベツの主な産地です。

今年は秋キャベツの生産量が増えると思いますか?

[기자]

湖南は白菜の最大の生産地で、秋の収穫面積の 35% を占めています。

韓国農村経済研究院が今月初めに行った調査によると、他の地域の作付面積は1年前より減少した。

湖南以外の地域では、キャベツの収穫量の減少を見越して、マメやシソなどの作物が変更されています。

京畿道と江原道は前年比4%減、忠清は2%減、嶺南は4%減と予想される。

湖南地域では、最近キャベツの価格が高騰していることから、ヘナムなどが栽培面積を拡大している。

[앵커]

生産量が増えれば、多少の価格調整はあっても、来月から本格的なキムチのシーズンが始まり、需要が高まる見通しだ。

また値上がりすると思いますが、どうでしょうか?

[기자]

白菜は今月末から出荷され、秋湖南キャベツはキムチの旬である11月初旬から出荷されるため、白菜の価格は一定の安定性を示すと予想されます。

しかし、大根、タマネギ、ピーマン、白菜など、昨年より二桁台の価格上昇を見せた品目が多く、キムチの製造コストを押し上げた。

政府は、これ以上キャベツの価格が上がらないように、来月初めまでに合計3000トンの在庫を提供する計画だ。

[앵커]

詳細をご覧ください。

良いニュース、

全羅南道の農水産物の輸出は、昨年に比べて大幅に増加しましたか?

[기자]

今年から先月まで、全羅南道の農協が輸出した農水産物は1877万ドル、約261億ウォンに上った。

これは、昨年の同じ期間に比べて 57% の増加です。

同期間にみると、昨年の全南向け輸出は前年を下回ったが、今年は回復した。

全羅南道の農産物は、ロシアとウクライナでの戦争や中国でのコロナ 19 によるロックダウンの影響による不利なビジネス環境にもかかわらず、強い輸出の伸びを記録しています。

今年の農協の輸出は前年に比べてやや減少したが、全南は9道の中で最も高い増加率を記録した。

[앵커]

輸出国のランキングを見ると、日本は1位?

各輸出国の主な状況は?

[기자]

日本は全南の農産物輸出の40%以上を占めています。

日本への輸出額は773万ドルで、主にアワビとパプリカです。

日本への輸出も15%増加したが、今年は米国とカナダへの輸出が大幅に増加し、昨年第2位の輸出国だった中国を抜いた。

今年、全南の米国への農産物輸出額は497万ドルを記録し、前年より172%増加した。

中国への輸出も58%増加し、朝鮮戦争で中国の韓流が停滞する中、好調に推移した。

[앵커]

輸出の増加は、全羅南道の農水産物のプロモーションが効果的だったことを意味します 主な効果は何ですか?

[기자]

全羅南道のナシは、農協の輸出品の30%を占め、肥沃度ナンバーワンの商品です。

米国、台湾、ベトナム、香港、オーストラリアが主な輸出国です。

今年の全南梨の輸出額は昨年の3倍の550万ドルに上った。

2位は主にアメリカ向けに輸出されているゆず加工食品。

高興が率いるレモン加工食品は、レモンティー以外にも新製品の開発を続けており、ベトナム、中国、アメリカ、ヨーロッパへの輸出を増やしています。

アワビ、パプリカ、お茶、トマト、イワシ、キムチ、しいたけ、干物が輸出品目の上位を占めています。

全羅南道農協は、光州全南農協輸出協議会とともに、全南農産物の海外市場を拡大するためのパイオニア市場です。

輸出を独占する 33 の農業協同組合がまとまって、パプリカ、シイタケ、パプリカなど品目ごとに 4 つの輸出専門組織を運営している。

[앵커]

はい、今日聞きました。

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。