[국제]日本で新たに確認された症例数が最も多い…「来週は20万人を超える可能性がある」


[앵커]日本では、コロナの状況も深刻です。

1日あたり11万件以上の確定症例があり、コロナ危機以来最大の数です。

現在の傾向が続くとすれば、来週は20万人を超えると予想されます。

状況の詳細については、日本にお問い合わせください。 特派員イ・ギョンア!

[기자]はい、東京です。

[앵커]最近、日本では感染数が急増していますか?

現在の状況はどうですか?

[기자]昨日、日本で確認された症例数は11万人を超えました。

2月の1日で確認された症例数は5ヶ月ぶり​​に104,000件を超えました。

2020年2月以来、日本は6回のコロナ発生の期間を経験しました。

スプレッドの兆候は、先月末にすでに始まっています。

今月の1日の感染数は、前週の2倍以上になりました。

彼がすでに第7モードに入っているという専門家の間の意見の相違はありません。

日本政府の専門家は、現在のように1週間で2倍になると、来週は1日20万人を超える可能性があると指摘しています。

伝染性の高いオミクロンBA.5(Vieo)のサブディスプレイスメントが蔓延しており、急速な拡大の原因と考えられています。

今月初めに日本で感染した人の約半数がBA.5に感染した疑いがありました。

専門家はそれが来月それの大部分を占めるであろうと予測します。

しかし、死亡者数と重症患者数は昨年2月に比べて1/10未満です。

しかし、現在の感染症の傾向に伴って患者数が増加すれば、それに比例して死亡者数と重篤な症例数が増加するはずです。

[앵커]それらのほとんどは現在緩和されていますが、この傾向が続く場合、コロナ規制は再び厳しくなりますか?

[기자]日本政府は、非常事態宣言または非常事態宣言により、この段階で営業時間を制限する規制を受け入れないことを発表しました。

その間、繰り返し経験されてきた改善された応答性を最大限に活用する計画です。

ウクライナ危機以来困難でしたが、コロナ規制は経済を悪化させることはできないとの判断によるものと思われます。

外国人の入国制限は当面これ以上厳しくなることはないと思われますが、交通量の多い大国の感染状況はさまざまです。

日本では今週、医療関係者を含む800万人を対象に4回目の予防接種が開始されます。

60歳以上の方に接種しましたが、急速な普及により予防接種の対象が広がりました。

岸田首相は、14日の記者会見でコロナウイルス対策を明らかにし、若者に積極的にワクチン接種を呼びかけた。

確かに、三次予防接種率は日本全体で60%以上ですが、若い世代の半分以下です。

日本政府はまた、空港などの主要施設に100以上の無料検査所を設置することを計画している。

日本では今月から来月半ばまで大規模な夏休みシーズンが続きます。

これにより全国的な広がりが加速する可能性があるため、検疫当局は緊張して感染状況を監視しています。

これまでのところ、東京のYTNのKyeong-ahLeeです。

YTN Kyungah Lee(kalee@ytn.co.kr)

※「あなたの報告はニュースになります」

[카카오톡] YTNを検索してチャンネルを追加

[전화] 02-398-8585

[메일] social@ytn.co.kr

[저작권자(c) YTN 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。