韓国政府への信頼、OECD 20 か国中 7 位…日本とフランスを上回る – 政策ニュース | 新着

政府に対する韓国の信頼度は、昨年の 45% から今年は 48.8% に上昇し、経済協力開発機構 (OECD) の主要国を上回っています。

行政安全部は13日、フランスのパリで現地時間午後2時にOECDが発表した政府への信頼に関するパイロット調査で、韓国が調査対象20カ国中7位にランクされたと発表した。

同調査によると、中央政府に対する韓国の信頼度は、日本(24%)(19位)、フランス(28.1%)(16位)、カナダ(44.7%)(10位)よりも高かった。

ただし、前回調査とは調査対象国が異なるため、単純な比較は難しいが、中央政府への信頼に関する質問に対する肯定回答率は、2017年以降連続して上昇傾向を示している。


OECDは2011年から2年ごとに加盟国の政府信頼度調査を実施し、調査結果を報告書「Government at a Glance」で発表しています。

この調査は、OECD の委託による「ワールド ギャラップ 世論調査」によって実施され、「政府を信頼しますか」という 1 つの質問に対する「はい」と回答した割合によって、加盟国の政府に対する信頼を測定します。

韓国の政府に対する信頼は、2007 年に 24%、2011 年に 27%、2013 年に 23%、2015 年に 34%、2017 年に 24%、2019 年に 39%、2021 年に 45% でした。

特に、政府の能力 (応答性と確実性) と価値観 (開放性、道徳性、公平性) に関するほとんどの質問は、OECD 平均を上回っていました。

さらに、公衆とのコミュニケーションの問題、公共サービスの満足度と信頼性、および政府と公務員の倫理的側面が、調査対象の国で際立って特徴付けられています。 しかし、行政手続きに関する情報へのアクセスと教育システムへの満足度は、OECD 平均を下回っていました。

トピック別では、メディア、政党、地方自治体への信頼はOECD平均を上回り、公務員、警察、立法機関、司法機関への信頼はOECD平均を下回りました。

今回のパイロット調査では、OECD 加盟国のうち 22 カ国が参加したが、国によっては 38 問すべてではなく一部を対象に調査を行ったため、各問の対象国の数が異なっていた。

ハン・チャンソプ行政安保部次官は、「政府への信頼は国政の主な原動力であり、国民が信頼し、信頼できるように、大胆な政府革新を通じてうまく機能する有能な政府を確立するために最善を尽くす」と述べた。国政を任せる。

一方、昨年、加盟国が政府の信頼度を一問一答で調査する方法の改善を求めたため、OECDは今年から新しい方法のパイロット調査を実施しました。

パイロット調査は、政府の能力と価値に関する 38 の質問で実施されました。 OECD は、この調査結果を踏まえて、政府の信頼感を調査する方法を引き続き改善する予定です。

リクエスト ; 行政安全部 政府機関イノベーション室 イノベーション企画課 (044-205-2211)

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です