韓国の鶏肉価格の高騰は、アジアの食糧危機を告げる(?)











[파이낸셜뉴스]

韓国での鶏肉価格の高騰は、アジアの食糧危機の前兆になる可能性があるという警告があります. 先月10日、ホームプラス蚕室(チャムシル)店チミンコーナーの前には、タンダンチキンを買うために約60人が並んだ。 ニュース 1

韓国での鶏肉価格の高騰は、アジアの食糧危機の前兆になる可能性があるという警告があります. 先月10日、ホームプラス蚕室(チャムシル)店チミンコーナーの前には、タンダンチキンを買うために約60人が並んだ。 ニュース 1

世界的な食糧危機が、食料を輸入に依存している韓国、シンガポール、香港、フィリピンなどのアジア諸国をすぐに襲う可能性があるという懸念が高まっています。

17日(現地時間)、CNNビジネスは17日(現地時間)のソウルと香港の記事で、ソウルと香港でホームプラスのチキン値下げイベントに消費者が殺到した事例を取り上げた。 食糧危機がアジアに広がっている証拠。

鶏舎

CNNビジネスは先月、韓国の大型ディスカウントストアであるホームプラスで行われた鶏肉の値下げイベントを、世界的な食品価格のインフレ(インフレ)現象として紹介した。

彼は、ホームプラスが、すでに大幅に値下げされていた鶏肉の価格を 12% 引き下げるイベントを開催したとき、消費者が群がったと説明しました。

YouTuber は CNN ビジネスに、開店 1 時間前に到着したが、すでに約 50 人が並んでいたと語った。

それは「チキンラン」、チキンのための戦いです。

鶏肉の価格は2年間で50%以上高騰

CNN Business によると、国家統計局のデータを引用して、韓国の鶏肉の価格は 8 月に平均 11.4% 上昇しました。 彼は、キムチチゲやプルコギなど、他のレストランの価格上昇に圧倒されていると語った。

野村のエコノミスト、パク・ジョンウ氏は、一部のニワトリの小売価格は過去 2 年間で 50% 以上上昇したと語った。

その日、CNNビジネスは長い記事で、フライドチキンが韓国の「国民食」になり、フライドポテトとフライドフィッシュを添えて提供される英国のフィッシュアンドチップスと同様に、今年は価格が上昇していると報じた.

政府の統計によると、韓国料理店の 20 軒に 1 軒がチキン レストランであり、チキンとビールを添えた「チマック」は、試合観戦時や観戦時の主食となっています。

世界で 3 番目に大きいフライド チキン市場

実際、韓国は人口の面で世界最大の鶏肉市場です。

ユーロモニターによると、韓国は昨年、鶏肉レストランの売上高で 3 位にランクされました。

1 位は米国で 350 億ドル、2 位は中国で 160 億ドル、3 位は韓国で 79 億ドルでした。

韓国よりもはるかに人口の多い米国と中国が韓国を大きく追い越しているが、昨年の韓国チキンレストランの売上高は、人口が倍増した日本を大きく上回った。

イギリスは 32 億ドルで 4 位、オーストラリアは 25 億ドル、日本は 14 億ドルで 6 位でした。

注文をためらうチキン価格

ユーロモニターの上級食品アナリスト、ユンジン・パク氏は、「原材料コスト」の上昇により、チキンチェーンが平均2,000ウォン(1.5ドル)値上げしたと述べた。

上級アナリストの Park 氏は、その印象は取るに足らないものに見えるかもしれないが、そのために消費者はチキンミールに 22 ドル近くを支払わなければならないと述べた。 それは食べ物だった」と彼は付け加えた。

韓国は食料の半分を輸入に頼っている

エコノミスト インテリジェンス ユニット (EIU) によると、韓国で鶏肉の価格が高騰している理由の 1 つは、韓国が食品輸入の約半分を輸入に依存しているためです。

このため、野村は6月のレポートで、韓国を世界の食料価格の上昇に最もさらされているアジアの国の1つにランク付けしました. シンガポール、香港、フィリピンと並んで最も脆弱な国の 1 つです。

世界の主要な穀倉地帯であるロシアとウクライナの間の戦争が重なったため、今年は世界の食料価格が急騰しました。

良いニュースは、食糧価格がおそらく今ピークに達したということです。

世界の食料価格は上昇を続けている

先月、国連食糧物価指数(IPA)が5カ月連続で下落し、韓国のインフレ率も予想以上に鈍化した。

しかし、食品価格の上昇は簡単には収まらないという悲観論が支配的だ。

INGの韓国と日本を担当する上級エコノミストのカン・ミンジュ氏は、「インフレはピークを過ぎたように見えるが、年内から年末にかけて5%を超える可能性が非常に高い。 5.7%をピークに大幅な下落は見込めない。

アジア最大の穀倉地帯の 1 つであるタイも、食品価格の高騰に追いついていません。

政府が一部の主要製品の価格を管理しているタイでは、先月、ラーメンの価格が 14 年ぶりに上昇しました。 人気のラーメンが1袋3セント前後から20セントに値下がり。

EIUの業界ブリーフィングの責任者であるヴァサリ・バタチャリヤ氏は、「食品価格のインフレはアジアで根強い問題であり、解決するのは容易ではありません。 特に、食品価格の高騰は、場合によっては家計支出全体の 30 ~ 40% を食費が占めるなど、深刻な問題を引き起こす可能性があることを懸念していました。

「世界的な食糧価格危機がアジアを襲うのは、タイミングの問題にすぎない(直るかどうかの問題ではなく、いつ襲うかの問題だ)」とバタチャリヤ氏は警告した。

ソン・ギョンジェ記者 dympna@fnnews.com








Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。