韓国と日本の首脳間の30分間の会談は、関係を改善する必要性に同意する

尹石烈(ユン・ソクヨル)大統領と日本の岸田文夫首相は21日(現地時間)、ニューヨークで初の首脳会談を行い、国交回復の方策について協議した。 会談前に握手するユン大統領と岸田総理。 /ユンハプニュース

尹石烈(ユン・ソクヨル)大統領と日本の岸田文雄首相は21日(現地時間)、ニューヨークで会談し、日帝強占期の強制動員被害補償などの懸案を解決し、日本統治時代の復興に向けて努力する意向を表明した。両国の関係。

同日、ジョー・バイデン米大統領との2回の会談で、ユン大統領はまた、米国のインフレ削減法(IRA)に関する韓国のビジネス上の懸念を表明した. 韓米首脳はまた、為替を含む外国為替市場の安定化対策についても協力することで一致した。

尹大統領はニューヨークで米国、日本、ドイツなどの同盟国の首脳と相次いで会談し、同日、国連総会を訪問した。 事故の可能性として議論されていた韓日首脳会談は、タスクフォースの当初の予定通り約30分間開催された。 首脳会談は、文在寅大統領と安倍晋三首相が2019年12月に中国の成都で会談してから2年9カ月ぶりに行われた。

大統領府は同日の記者会見で、「両首脳は未解決の問題を解決して両国関係を改善する必要があることで合意した」と述べた。 大統領府関係者は「首脳が一堂に会し、問題解決に向けた第一歩を踏み出した」と話した。

ユン・ソクヨル大統領は21日、ジョー・バイデン米大統領と2回会談し、あいさつを交わした。 ユン大統領とバイデン大統領は、最初の交換が行われた第7回グローバルファンド予算コミットメント会議で会話をしています.  /ユンハプニュース

ユン・ソクヨル大統領は21日、ジョー・バイデン米大統領と2回会談し、あいさつを交わした。 ユン大統領とバイデン大統領は、最初の交換が行われた第7回グローバルファンド予算コミットメント会議で会話をしています. /ユンハプニュース

ユン大統領とバイデン大統領はこの日、2回会談した。 大統領府によると、ユン大統領は、米国IRAの実施に関する国内自動車業界の懸念をバイデン大統領に伝えた後、韓国と米国がERI実施プロセスにおける懸念を解決するために緊密に協力するよう要請した. . バイデン氏は「韓国の懸念は十分承知している。

尹大統領は同日、ドイツのオラフ・ショルツ首相とも会談し、経済安全保障などの主要問題について協議した。

日本と「徴兵補償案」協議…33カ月ぶりの韓日首脳会談
議題のない打ち合わせ…直前まで日程は明かされない

尹石烈(ユン・ソクヨル)大統領と日本の岸田文夫首相が2年9カ月ぶりに首脳会談を行い、両国関係回復に向けた第一歩を踏み出した。 この分析は、両首脳が日本統治時代の強制労働被害者への補償という最大の問題を解決したいという願望を公然と表明したという点で重要です。 しかし、このような結果に至った協議の過程を見ると、両国が完全な関係改善を達成するには、越えなければならない多くのハードルがあることが指摘される。

「問題を解決するために対話を続ける」

ユン・ソクヨル大統領が21日(現地時間)、ニューヨーク市で開かれた第7回グローバルファンドの財政コミットメント会合で基調演説を行った後、主要出席者と記念写真を撮っている. 左から右へ: マイクロソフトの創設者ビル ゲイツ、日本の岸田文夫首相、フランスのエマニュエル マクロン大統領、欧州委員会のウルスラ フォン デア ライエン委員長、米国のジョー バイデン大統領、ユン大統領、カナダのジャスティン トルドー首相、ドイツの首相オラフ・ショルツ。  /AFP聯合ニュース

ユン・ソクヨル大統領が21日(現地時間)、ニューヨーク市で開かれた第7回グローバルファンドの財政コミットメント会合で基調演説を行った後、主要出席者と記念写真を撮っている. 左から右へ: マイクロソフトの創設者ビル ゲイツ、日本の岸田文夫首相、フランスのエマニュエル マクロン大統領、欧州委員会のウルスラ フォン デア ライエン委員長、米国のジョー バイデン大統領、ユン大統領、カナダのジャスティン トルドー首相、ドイツの首相オラフ・ショルツ。 /AFP聯合ニュース

韓国と日本の政府は、首脳会談の前日である21日(現地時間)まで、暦と時間を完全に沈黙させた。 会談の前日、日本の一部メディアは「岸田首相が韓国の一方的な首脳会談の発表に強い不満を表明した」と報じ、一部では会談が不確実であるとの見方もあった。

両首脳の会談は、岸田総理が出席したニューヨークの会議会場を尹大統領が訪れた際に、見事に幕を閉じた。 作業部会の合意により、会合は 30 分間続いた。 大統領府は、事前に議題を設定せずに開かれた非公式の会合であったが、結果は小さくなかったと説明した。

大統領府は同日の書面ブリーフィングで、「両首脳は、未解決の問題を解決して両国関係を改善する必要があることに合意し、そのために外交当局に対話を促進し、協議を行うよう指示した」と述べた。 去ることを決めた」と彼は言った。 現在の問題の意味について、大統領府の高官は、「強制労働による被害の補償の問題だ。 日本の外務省もプレスリリースで、「両首脳は、現在の問題を解決し、韓国と日本の関係を回復する必要性を共有している」と述べた。 外務省は「[leurs points de vue]1965年の国交正常化以来築き上げてきた友好協力関係を土台に、韓日関係を前向きに発展させることと一致していた。」

日本政府は石橋を壊している

首脳会談により、両首脳は関係改善への扉を開いたが、克服しなければならない多くの障害が残っている。 まず第一に、強制労働の被害者に対する補償のあり方をめぐる意見の相違を減らすことは容易ではありません。 朴槿恵外相と林義正外相は19日、ニューヨークで第3回外相会談を行ったが、合意に至らなかった。 朴長官は解決策の一つとして、韓日企業などの民間資金を調達して補償金を支払う案を提案したことが知られている。 日本政府は「強制動員被害賠償問題は、1965年韓日請求権協定締結時に韓国に提供した5億ドルの資金協力を通じて解決した」との立場を維持している。 日本政府に「謝罪」を求める国内被害者の要求も解決すべき課題と見られている。

岸田首相の支持率の低さも一因だ。 実際、交渉の過程で内部陣営の論理に左右されることは避けられない。 1週間前に合意された首脳会談が突然混乱に陥ったのは、「韓国政府が一方的に二国間会談の結果を発表した」という日本国内の反発があったとされている。 日本政府が同日の首脳会談を「会談」ではなく「会談」という表現を用いた文脈も、国内の政治情勢を検討する上で考慮されていると評価される。 大統領府の高官は「『面会』という言葉は、石橋を打っているという日本の立場を反映している」と語った。

ニューヨーク=ドンウク・ジュワ記者 leftking@hankyung.com

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。