野村證券、米国、欧州、日本に続いて韓国が不況に突入すると予測

▲ 7月1日、釜山港の新仙台埠頭と甲満埠頭で輸出入のための荷揚げ作業が行われている.

[비즈니스포스트] 日本企業の野村證券は、韓国が来年中に米国、日本、英国、ヨーロッパと共に不況に入るだろうと予測している。


韓国銀行を含む世界の主要中央銀行は、経済成長を妨げているインフレを抑えるために利上げを強化すると予想されています。


ブルームバーグは4日の野村證券の報道を引用し、「金融引き締めや世界の主要地域でのインフレ上昇により、今後12カ月で経済が本格化する可能性が高い」との見方を示した。


野村證券は、景気後退が予想される国と地域として、米国、英国、欧州、日本、オーストラリア、カナダ、韓国を選択しました。


確かに、中央銀行や関係当局は、景気の高まりを受けて利上げなどの金融政策を引き締めるために金融政策を引き締めているため、経済成長にマイナスの影響を与えることが予想されます。インフレーション。


野村證券は「世界経済は急激に減速局面に入る。


ただし、景気後退の程度は国によって異なると予想されます。


米国が深刻な不況に陥る可能性は低いものの、経済成長が 4 分の 5 減速し、長期的な不況に陥る可能性は非常に高いです。


欧州は、ロシアの原油と原材料の輸入停止の影響を強く受けており、さらに影響を受ける可能性があります。


韓国、カナダ、オーストラリアでは、不況の影響が不動産価格の暴落につながるかどうかによって、不況のレベルが決まるはずです。


しかし、韓国は輸出依存度の高い国であるため、世界的な景気減速が輸出に悪影響を及ぼし、経済成長にさらに大きな悪影響を与える可能性があります。


野村證券は「世界の多くの国が輸出の回復を期待するのは難しい。


新型コロナウイルス感染症の発生後に経済活動の再開が遅れ、政府の政策支援が高く評価されているため、日本の景気後退のレベルは比較的緩やかであると予想されます。


野村證券は、中国経済は政府主導の成長で回復局面に入ると予測しているが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による経済活動のロックダウン措置が再開される可能性は、今後の変数となる可能性がある。 ジャーナリスト キム・ヨンウォン



Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。