貿易・産業 : 経済 : ニュース : ハンギョレ新聞社

少子化が深刻な状況の中、2019年に不妊治療支援の対象を内縁関係の夫婦に広げる法律が施行されました。 高陽記者/ユン・ウンシク記者 yws@hani.co.kr

2022 年、韓国の生産年齢人口 (15 ~ 64 歳) の割合は 71% で、中国 (69%)、米国 (64.9%)、日本 (58.5%) よりも高い。 国連 (UN) の世界人口見通しによると、2040 年までに生産年齢人口に占める韓国の割合は 56.8% にまで低下し、中国 (62.9%) や米国 (61.5%) をはるかに下回ります。 日本は53.8%と推定され、韓国より低い。 26日、ソウル市中区の韓国商工会議所で、李昌陽(イ・チャンヤン)商工資源部長官が主催する「第1回大フォーラム会長会議」に官民が参加した。 Industrial Transformation」は、「10年後の危機の兆候」のトップに人口問題をランク付けしました。 「これまでのところ、生産年齢人口が多く、扶養家族が少ない『人口ボーナス』を利用することで、成長を維持することができた。我々は心配する立場にある」と彼は懸念を表明した. 急速な人口減少に伴い、主要な国家人材の流出も懸念事項として挙げられています。 スイス国際経営開発研究所(IMD)が算出した2020年の「頭脳流出指数」(0~10点)は4点で、主要64カ国中43位。 中国 (40 位)、米国 (6 位)、ドイツ (9 位)、日本 (27 位) に遅れをとっています。 ランクが低いほど漏れが大きい。 また、経済協力開発機構(OECD)の最下層に外国人専門家を起用するという問題も重なります。 2020 年には、国外で生まれた人口の割合は 2.4% であり、経済協力開発機構 (OECD) の 37 か国の平均である 14.1% を大きく下回っています。 本日のフォーラムでは、オーナー人口に続き、「海外投資の急増による産業の燃え尽き」が危機の大きな兆候として挙げられました。 国内企業による対外直接投資は、2015 年の 304 億ドル、2017 年の 449 億ドル、2021 年の 759 億ドルから毎年 10% 以上増加しています。さらに、国内製造業投資は 2017 年以降、約 100 兆ウォンにとどまり、85.7 兆ウォンに達しています。ウォン、106兆ウォン、100.2兆ウォン。 また、従業員と経営者の対立、「逆行する経営環境による企業負担の増大」、「新たな成長エンジンの不在、底なしの研究開発」、「複雑化するグローバルな外部環境」 」など。 韓国経済を脅かす最大の要因。 昨年10月に経済団体を中心に産・学・研究関係者約100名が参加する「産業変革フォーラム」を立ち上げ、投資、人材、生産性など6部門の民間モデレーターが参加して開催された本イベント。 、企業環境、グローバル戦略、新規事業。 これは、政府と政府関係者の最初の本会議でした。 産業省は、フォーラムの議論に基づいて、今年の上半期に「産業変革戦略」を提示すると発表した。 キム・ヨンベ上席記者 kimyb@hani.co.kr

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です