終わったばかりの東京ゲームショウ2022、注目の全国大会

東京ゲームフェア2022
[아이뉴스24 박예진 기자] 「Nothing Stops Gaming」をテーマに、オンラインとオフラインのハイブリッド形式に戻った東京ゲームショウ(TGS)が18日、閉幕した。

15日から4日間、千葉県幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2022には、今年は37カ国から605社が参加。 これは昨年の参加企業339社から大幅に増加しており、新型コロナウイルス感染症拡大前の2019年の参加企業655社の水準を比較的回復しています。 延べ 138,192 人が実際のサイトを訪れました。

「最初の子孫」 [사진=넥슨]

韓国ではネクソン、ネットマーブル、シフトアップが参加。 ネクソン(イ・ジョンホン代表)はオンラインで参加し、ネクソンゲームス(代表パク・ヨンヒョン)が開発したPCシューティングゲーム「ベストエキスパート」と「ザ・ファーストディセンダント」をそれぞれ提出した。

特に、First Descendant は、サードパーソン シューティング ゲームとロールプレイング ゲーム (RPG) を組み合わせた「ルート シューター」ジャンルの新しいゲームです。

ネクソンは「国内のゲームではなかなか見つけられないUnreal Engine 5で制作され、海外ではロードシューターとして人気のジャンルとして紹介されたことから、反響が非常に良かった」とのことで、期待が高まる雰囲気だ。 」

ネットマーブル「キング・オブ・ファイターズ アリーナ」、レベルインフィニット「勝利の女神:ニケ」 [사진=각 사]

ネットマーブル(クォン・ヨンシク代表、ド・キウク代表)も、ブロックチェーン専門の子会社であるマレックスを通じて、今年下半期に全世界で発売される予定のブロックチェーンベースの格闘ゲーム「キング・オブ・ファイターズ・アリーナ」を提出した。 . ネットマーブルと日本のSNKのコラボレーションは今回が2回目。

レベル インフィニティは、SHIFT UP (キム・ヒョンテ代表) が開発したモバイル シューティング ゲーム ‘勝利の女神: ナイキ’ で東京ゲーム ショーに参加しました。 Level Infinity は、G-Star 2021、Anime Expo、San Diego Comic-Con の後にこのゲームをリリースし、グローバル市場を積極的にターゲットにしています。

また、グラビティ(パク・ヒョンチョル代表)は、日本子会社「グラビティゲームアライズ」を通じて、独自に開発したゲームと8つの独立したゲームを提出した。 韓国コンテンツ振興院も東京ゲームショウに参加し、国内の中小ゲーム企業15社と共同パビリオンを運営して海外ビジネスの機会を提供した。

一方、これまで独自のゲーム展示会を開催していたソニーと任天堂は、今年の東京ゲームショウには参加せず、マイクロソフトは初日の「Xbox Live Streaming Session」によるオンライン参加のみでした。

東京ゲームショウ関係者は「来年の東京ゲームショウは9月21日から24日まで幕張メッセで開催されるので、TGSの動向に注目してほしい」と話した。

/パク・イェジン記者(true.art@inews24.com)











Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。