環境:社会:ニュース:ハンギョレ

日本は両国間のビデオ会議で「データなし」に耐える
科学技術省「拡散予測モデルは完全ではない」
解決すべき「最悪の汚染」と「無視できるレベル」の論争

日本の福島原子力発電所に設置された汚染された貯水タンク。 日本は、トリチウム(トリチウム)などの放射性物質を大量に含むこの汚染された水の海への排出を推進しています。 新着

来年の春現在、福島原発事故で汚染された水を海に排出するための日本の準備作業が順調に進んでいます。 確かに、日本の協力の欠如と韓国の準備の欠如は、影響を決定するために不可欠である汚染の広がりパターンの分析さえも可能にしませんでした。 先月18日、日本の原子力規制委員会は、福島原子力発電所の事故から汚染された水を海に排出する東京電力の計画を承認した。 日本のメディアによると、原子力規制委員会は、世論を聞いた後、早ければ来月にも排出量実施計画を正式に承認する予定です。 このように、東京電力は、管轄の地方自治体の同意を得た場合にのみ、排出に必要な設備の建設を開始することができます。 日本から 汚染された水の福島から海への排出は、1年以上前の昨年4月13日の日本政府の閣僚会議で正式に決定されました。終了した。 日本政府は、汚染された水中のほとんどの放射性核種は排出基準の範囲内で処理され、処理できないトリチウムは海水で希釈されて廃棄されると発表しました。 ただし、この場合、海に入るトリチウムの総量は変化しません。 その結果、漁師は汚染された水の流入の影響についてますます懸念を抱いていますが、矛盾する情報はまちまちで混乱しています。 一方で、汚染された水の排出は人類史上最悪の海洋放射能汚染となり、人々がガンや遺伝病の影響を受けなくなると言われています。 日本が汚染された水を再び浄化せずに排出したとしても、国内への影響はごくわずかです。日本の汚染水排出が家庭環境に与える影響を予測することは、このような論争の中で汚染水の問題に対する合理的な対策を見つけるための前提と考えられています。 したがって、科学技術情報通信部、海洋水産省、原子力安全保障委員会も、日本政府が海洋を解放することを決定した直後に、次のように発表した。海洋拡散評価モデルによる韓国の環境と公衆衛生」しかし、それから1年以上が経過したが、モデル分析はまだ始まっていない。理由については、科学技術情報通信部の関係者が福島から海洋への汚染水の拡散をモデル化する計画は、「原子力研究所で開発されているモデルのアップグレード作業はまだ完了していません。これは、日本からデータを受け取る必要があるためです。 」と彼は説明した。これは日本が情報を提供しないことを意味する海洋に放出されると予想される放射性核種の濃度と量、およびコンピューターモデリング分析に必要な放出期間に関する具体的な情報。 現在性能が向上している海洋拡散評価モデルは、福島原発事故直後に関係機関が建設工事を開始した後、2017年に開発されました。 したがって、日本のデータが提供された後は、それを復元することは不可能ではありません。 韓国原子力研究院の関係者は、「シミュレーションの基本的な入力データがなかったので、試しなかった」と述べた。 その結果、韓国政府は、福島原子力発電所の汚染水に関係する関係者が出席した2日に開催された日韓理事レベルのビデオ会議でデータ提供の問題を提起した。 しかし、日本側からは正解は得られませんでした。 科学技術情報通信部の関係者は、「汚染された水中のすべての核種の濃度などの特定の情報の要求は、(日本側から)自分で調査する必要があります。 彼は、彼が安全であるならば、彼はそれを透明に開示するだろうと答えました。 このような状況を受けて、環境保護団体は韓国政府と日本政府の両方を批判している。 グリーンピースの活動家チャンマリー氏は、「2019年以来、大多数の人々が福島から海への汚染水の投棄に強く反対しているにもかかわらず、韓国政府は直接的な対策を講じていない。さらに、日本は環境影響評価報告書で放射線濃度、環境および人体への影響などの重要な情報を省略しているなど、汚染された水。
キム・ジョンス、シニアレポーターjsk21@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。