海の味がして老化も防げる「この食べ物」



海の味「この醜い食べ物」は老化を防ぐ

イ・スルビ記者 健康朝鮮

▲ ホヤはダイエット、血糖値降下、心血管の健康、軟骨の健康、アンチエイジングなどに効果があります。 /写真=ゲッティイメージバンク

海の味がするウニは5月の旬の食材。 この時期に食べる新鮮なウニも体にとても良いです。 タンパク質とミネラルが豊富です。 最近では、アンチエイジング効果があることが研究で示されています。

◇ダイエット補助、老化防止…ウニの様々な効能
▶ RPM =ウニは食べ物にとても良いです。 タンパク質が豊富ですが、脂肪が少ないです。 カロリーも100gあたり78kcalと低カロリー。 また、ナトリウム、カリウム、鉄、リンなど、体内の代謝に必要なさまざまなミネラルが豊富に含まれているため、別の補完食品を摂取する必要はありません。 また、脂肪などの代謝性疾患を予防する効果のあるEPA不飽和脂肪酸も豊富です。

▶ 低血糖 =ウニは、インスリン分泌が少ない1型糖尿病患者に適しています. 実際、ホヤには、インスリンの分泌を刺激するバナジウムと呼ばれる物質が豊富に含まれています。 食物繊維が豊富なため、2型糖尿病患者にも適しています。 食物繊維は、コレステロールと血糖値を下げます。

▶ 心臓血管の健康 =ウニには心臓や血管を丈夫にするタウリンが豊富に含まれています。 タウリンは交感神経系を落ち着かせ、動脈硬化を防ぎます。 実際、タウリンが高血圧によって引き起こされる心臓の毒性、肥大、および腎臓の損傷を防ぐという日本の研究もあります.

▶軟骨の健康=ホヤは、軟骨が弱い関節炎の患者にも適しています。 確かに、ホヤのコンドロイチン成分は軟骨を強化します。 コンドロイチンは、軟骨を破壊する酵素を抑制し、炎症を和らげる効果があります。

▶アンチエイジング=最近、英国のリバプール大学や米国のスタンフォード大学などの国際研究チームが、ウニの摂取が老化を防ぐという研究結果を発表しました。 研究チームは、ホヤに含まれるプラズマローゲンと呼ばれる物質に注目しました。 プラズマローゲンは、心臓や脳細胞を含む私たちの体全体に豊富に存在しますが、加齢とともにその量は減少します。 研究チームは動物実験を行い、ホヤを摂取して体内の血漿レベルを高めることが老化を防ぐことができるかどうかを確認しました. その結果、ホヤを実際に食べたマウスは、食べなかったマウスに比べて認知能力や学習能力が向上し、毛が太くツヤツヤになるなど老化防止につながる身体症状が現れました。 また、ホヤに豊富に含まれるタウリンやコンドロイチンは、アンチエイジングに良いことが知られています。

◇おいしく食べるには?
ウニを選ぶときは、皮が赤くて固いものを選ぶのがベスト。 後片付けが面倒くさいと思ったら、市場でウニを一袋買って食べることもできます。 腸を取り除いたウニは、食べる直前に流水で洗い流します。 食べる準備ができたら、赤唐辛子ペーストに浸して、独特の風味を保ちます。 冷蔵庫で1~2日保存可能です。 長く保存したい場合は、ピクルスを作ることができます。 うに(500g)は口を切り落とし、身はわたを取り、3~4等分に切る。 切ったホヤに塩(大さじ2)をふり、冷蔵庫で1日水気をきる。 しょうゆ(1カップ)、砂糖(1/2カップ)、水あめ(1/2カップ)、焼酎(1カップ)、水(1.5カップ)、酢(大さじ5)などウニに流し入れ、約1ヶ月日持ちします。 それからそれを食べます。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。