歯周病をやめると「脳卒中」のリスクが高まる?




研究によると、口腔細菌が脳卒中や認知症のリスクを高めることが示されています。 /写真=クリップアートコリア

6月9日は「お口の健康の日」です。 口腔の健康に対する社会的関心を高め、公衆の口腔衛生のレベルを向上させることを目的として作成された法的な記念日です。 健康保険審査評価サービスによると、歯肉炎と歯周病は、2021 年に最も多くの外来治療を受ける主要な状態でした。

歯肉炎・歯周病とは、歯肉炎、レンギョウ、デンティコーラなどの口の中に生息する有害な細菌によって、歯の周りの歯ぐきに起こる炎症性疾患を指します。 有害な細菌が食べかすや唾液と混ざり合って、歯に付着する粘着性のある無色のプラーク (歯垢) の薄い膜を形成します。 歯磨きをしっかりしないと、歯垢が固まって固い石のようになってしまう歯石です。 歯石ができると表面がザラザラになり、細菌の膜がどんどん溜まりやすい環境になります。 歯石に蓄積した細菌膜が毒素を放出し、放出された毒素が歯茎の炎症を引き起こします。 歯肉炎は歯茎の炎症で、軟部組織にのみ発生し、治療により治すことができます。 歯肉炎の炎症が歯槽骨にまで広がると、歯周炎と呼ばれます。

より大きな問題は、歯周病が口腔の問題で終わらないことです。 ミネソタ大学公衆衛生大学院の Ryan Demer 教授と彼のチームは、歯の健康状態が極端に悪いと認知症のリスクが 2 倍になる可能性があることを発見した研究を発表しました。 研究チームは、歯周病の原因となる有害な細菌が血管を通って脳に入り、認知症を引き起こすと説明しました。 UCLA歯学部のマイケル・ニューマン教授は、「歯周病の人は、歯茎が健康な人よりも心筋梗塞になる可能性が3倍高い」と述べています。 日本の歯科医である森明氏は著書の中で、歯周病、糖尿病、脂肪肝はその 1 つであると述べています。 そのうちの1つが発症すると、3つの病気が同時に発症するリスクが高まります。 さらに、多くの研究では、歯周病の人は健康な口腔の人よりも他の病気の有病率が高いことが示されています. 血管性認知症は 1.7 倍、脳卒中は 2.8 倍、心血管疾患は 2.2 倍、関節リウマチは 1.17 倍、糖尿病は 6 倍、妊婦は早産や低体重児出産の可能性が 7 倍です。 歯周病の妊婦の早産の確率は、喫煙する妊婦の2~3倍高いことが知られています。

歯肉炎や歯周病を予防し、健康なお口を保つ一番の方法は、きれいなブラッシングです。 毎食後、ブラッシングとフロスで食べかすを丁寧に取り除くことが重要です。 しかし、私たちが知っている「333」のブラッシング方法は、ほんの数にすぎません。 明洞デンタルクリニックのイ・ビョンギュ院長は、「ブラッシングの頻度や時間よりも正しい方法が重要だ。 特に、歯の表面だけでなく、歯の内側も徹底的にきれいにすることが重要です。 歯の内側は、歯磨き粉が飛び散りやすい方向にブラッシングしてください。 しかし、調査によると、口腔の表面の 25% しか歯ブラシで磨かれていません。 デンタルフロスや歯間ブラシを使って、歯と歯の間や奥歯の奥など、歯ブラシが届かない部分をきれいにします。

経口乳酸菌も使用できます。 腸内の悪玉菌を抑え、善玉菌を増やすのは、腸内乳酸菌を食べるのと同じ原理です。 口の中には700種100億個の細菌が住んでいます。 体の臓器の中で、腸の次に細菌が多く、健康状態が悪いと1兆個にまで増えるという研究結果があります。 口の中の細菌は、歯周病や虫歯、口臭の原因となるジンジバリス、ミュータンス、ニューレアタムなどの有害な細菌や、シベリア、サリバリスなどの口腔の健康に寄与する有益な細菌と共存しています。 口腔内乳酸菌は、微生物である乳酸菌を口の中に届けて有害菌を排除・抑制し、有益菌を増殖させて口腔免疫を高めます。 韓国では、口腔乳酸菌の専門企業であるオラファームが積極的に研究活動を行い、その研究成果をもとに成人用・子供用口腔乳酸菌「オーラティクス」を販売しています。 オラパムが口腔乳酸菌の原料として使用している oraCMU 株と oraCMS1 株が、韓国の健康な口腔内の子供たちの口から分離・同定されました。

実際、口腔乳酸菌は、7つの人体への適用試験を通じて、口内の有害な細菌を殺傷または抑制することが証明されています. 国際的なSCIレベルの学術誌BMC Oral Healthに発表されたヒトへの応用に関する研究論文によると、口腔乳酸菌株oraCMUは歯肉出血指数を47.8%、歯周病や口臭の原因であるフソバクテリウム・ヌクレアタムを79.6%減少させました。 Journal of the Korea Dental Hygiene Association に発表された人間への応用に関する研究論文によると、経口乳酸菌株 oraCMU は、口臭の知覚を 38.2% 減少させ、テスターが鼻を通して直接感じた感覚的な口臭は 43% 減少させました。 %、言語インデックス スコアは 41.8% です。 唾液の酸性化を緩衝する唾液の緩衝能力は 20.3% 増加しました。 唾液の酸性化は、歯を腐食させるだけでなく、虫歯菌を増殖させて虫歯の原因になることが知られています。 また、オラパムは、上気道感染症に対する経口乳酸菌 oraCMU および oraCMS1 の作用に関する in vitro 試験を韓国で初めて実施し、上気道感染症の予防と治療の新しい可能性を示唆しています。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。