旧正月明け、韓日関係が試される…予備交渉が加速する中、新たなマイナス要因

決議草案の最終決戦で、佐渡・福島の鉱山から汚染水が噴出。
これは日本の世論に影響を与えるかもしれません…数行「未解決の法的問題と歴史は別々に扱われるべきです」

日本の植民地支配下の強制動員補償問題を解決するための韓国と日本の間の交渉は、旧正月の休暇後に重要な試練に直面することになる。

韓国は、最終的な解決に向けて日本の「誠実な対応」が必要であるとして、一方の側にボールを与えている.

したがって、被告企業の謝罪や判決償還基金への参加に、日本がいかに対応するかがカギとなる。

強制動員問題だけでも気が遠くなるが、最近は他のマイナス要因が韓日関係に加わっている。

日本は、朝鮮人が強制労働させられた佐渡鉱山のユネスコ世界遺産への登録を再申請しており、福島第一原子力発電所から汚染された水を排出する計画を立てています。 .

◇今月末、局長級協議推進…日本の対応策の具体的な立ち位置に注目
韓日当局はソ・ミンジョン外交部アジア太平洋局長と船越武宏アジア大洋州局長との局長級協議を続けている。旧正月の休暇が終わった今月末、ソウルにいる外国人たち。

16日に東京でDGレベルの協議が行われてから約15日が経ち、顔を合わせています。

通常は月に 1 回行われる事務局長レベルでの協議サイクルの加速は、強制労働の問題に関する両国間の土壇場での調整が加速していることを意味します。

特に、韓国側は前回の協議で、12日の公開討論で明らかになった国内情勢の悪化を日本側に伝えたことが分かった。

国内の世論環境は依然として厳しいと指摘し、日本に対応を迫った。

このため、船越首相が訪韓した場合、日本企業の判決償還基金への参加や謝罪などの対応策について、より具体的な姿勢を示すかが注目される。

日本は、1965 年の韓日請求権協定により、強制動員問題は解決済みであるという立場を一貫して主張してきた。

日本が被告企業の基金への参加を渋ったり、徴兵事実の認定を含む新たな形での謝罪を渋ったりするのは、強制労働問題を解決するという立場に抵触する要素を完全に排除するためである。クレーム契約を通じてすでに解決されています。

旧正月明け、韓日関係が試される…予備交渉が加速する中、新たなマイナス要因

しかし、これと被告会社が賠償しなければならないという最高裁の最終決定の趣旨を救いたいという被害者の立場との間には、まだ隔たりがある。

被害者の法定代理人であるイム・ジェソン弁護士は22日、KBS「ミート・ザ・ニュース」に出演し、「謝罪がある場合、謝罪が本物であり、証拠が被告の事業参加であるという証拠が必要だ。ファンドで。

最終的には、最終的な裁定を受けた15人の被害者に加え、さまざまな被害者を救うことができる解決策の「枠組み」を作ることが任務となる。

公益財団法人日本占領下強制動員被害者支援財団は、最終判決の被害者に代わって賠償金を支払う役割を担うとともに、特別法の制定に向けて世界的な解決策を準備する予定です。

財団は旧正月後の特例法制定に向けて研究支援団を発足させ、来月末には各職の強制動員被害者遺族が参加する演説会を開催する計画だという。自由に不満を言うことができます。

ここに寄せられた声をもとに、特別法案を策定する予定です。

◇佐渡鉱山の強制再申請で汚染水はすぐに海へ… 揺れる韓日関係
強制労働問題の解決に向けた準備中に噴出した佐渡鉱山のユネスコ世界遺産への再登録は、日本統治時代の朝鮮人の強制動員に対する日本の誤解を明らかにするもう 1 つの機会でした。

日本政府は19日、新潟県の佐渡鉱山を世界遺産に登録するための正式な勧告をフランスのパリにあるユネスコ世界遺産事務局に提出した。

佐渡鉱山は日本統治時代の朝鮮人に対する強制労働の現場であるが、日本政府は朝鮮人に対する強制労働を意図的に排除し、期間を限定することで遺産の「全歴史」を無視していると批判されている。十六世紀半ばから十九世紀半ば。

春か夏に予定されている福島第一原子力発電所の汚染水放出計画も、今年上半期の韓日関係を揺るがすもう一つの起爆剤だ。

旧正月明け、韓日関係が試される…予備交渉が加速する中、新たなマイナス要因

このほど、日本政府は福島第一原子力発電所の放電に関する閣僚会議を開き、放出時期は「今年の春から夏頃」になると予測した。

汚染された水の安全な海への排出を確保するための国内および国際的な見直し作業がまだ完了していないため、政府は科学的および目標が保留されている対策を見つけるのに苦労することが予想されます。

汚染された水の排出の問題は、食品や公衆衛生の問題に関連しているため、世論において非常にデリケートです。

このため、政府は国際社会の調査結果を待つだけでなく、自らも徹底的な査察を行っている。

原子力安全委員会のユ・グクヒ委員長は最近の聯合ニュースとのインタビューで、「東京電力は実施計画を提出する際に汚染水に含まれる核種をリストアップした。実施計画を実施し、NSSCが適切かどうかを検討している。 .”

佐渡鉱山の新たな需要や福島県の汚染水問題で日本国内の世論が悪化すれば、強制労働補償問題の解決に向けた両国間の交渉に影響が出る可能性がある。

そのため、最大の懸案である強制労働問題は、他の問題とは分けて考えるべきだという意見もある。

チン・チャンス日本世宗研究所日本研究センター所長は「歴史意識で強制動員補償に妥協しないとすれば、今後韓日関係の進展は難しいだろう。 「日本ができることをしなければならない」と彼は主張した。

/ユンハプニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です