日本 : 国際 : ニュース : ハンギョレ新聞社

「電気自動車」の後発として被害が少ない
作品に反対したグラント条項が抜けている
前例のない電気自動車の後のトヨタの屈辱
日産は補助金を受け続けている

世界一を争うグローバル自動車メーカーのトヨタ自動車は、4月に初の量産型電気自動車「BZ4X」(bZ4X)を発売した。 トヨタのサイトを見てください。

米国のインフレ抑制法(IRA)の実施に関して、ジョー・バイデン政権に積極的に対応している韓国とは異なり、日本の動きはかなり静かです。 確かに、電気自動車 (EV) 市場では韓国に後発であるため、被害は比較的少なく、草案の審議過程で重要な要件を実装しています。 16日、「インフレ抑制法」が施行された後、北米の電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)製品だけに最大7,500ドル(約1000万ウォン)の補助金が入った。 16日、日本政府は具体的な立場を発表しなかった。 これは、世界貿易機関(WTO)の提訴の見直しを含め、政府と野党の政治家の合同代表団が相次いで米国を訪問している韓国とは対照的である。) 日本は電気自動車の生産・販売が韓国に遅れをとっており、被害は比較的小さい。 世界の覇権を争う世界的な自動車メーカーであるトヨタは、4月に最初の量産電気自動車「BZ4X」を発売し、米国市場にも導入しました。 しかし、2ヶ月以内にホイールボルトの緩み現象がリコールされました。 つまり、電気自動車市場に本格的に挑戦する前に、販売を停止するという「屈辱」を味わったということです。 現在のところ、正確な原因は特定されていないため、払い戻しが開始されました。 一方、現代・起亜自動車は米国電気自動車市場でテスラに次ぐ第2位。 米国で販売されているプラ​​グインハイブリッド車であるトヨタのプリウスプライムなど、特定の車種は、「インフレ削減法」が実施されると、補助金から除外されます。 トヨタ側からすれば、法が施行されなくても被害は想定内だった。 米国では、電気自動車やプラグインハイブリッド車など、1社が累計20万台を販売すると、補助金が減額または廃止される。 アメリカのテスラやゼネラルモーターズ(GM)も上限を超えており、補助金を受けていません。 トヨタは2021年までに18万3000台を販売し、今年は上限に達する。 それどころか、この法律によって累計販売台数20万台の条項が撤廃され、テスラやGMだけでなく、トヨタにも新たなチャンスが生まれました。 GM、フォード、ステランティス、トヨタの 4 社は 6 月、米国の著名議員に 20 万台の制限の撤廃を求める書簡を共同で提出しました。

米国のインフレ抑制法の施行後、日本の自動車メーカーの間では電気自動車が

米国のインフレ抑制法の施行後、日本の自動車メーカーでは、2010年から米国で生産されている日産の電気自動車「リーフ」が補助金を受け続ける。 日産のウェブサイトのキャプチャ

日本の自動車メーカーなどが強く反対している「組合のある企業が作った車」への追加補助金も法案から除外された。 日本のトヨタ、ホンダ、日産、マツダ、スバル、フォルクスワーゲン、ボルボ、ヒュンダイ、起亜自動車は、昨年から米国議会議員に書簡を送っており、改正後の規定の撤回を要求している。 日本の自動車メーカーでは、2010年から米国で生産されている日産の電気自動車「リーフ」が引き続き補助金を受ける。 この法律の適用は、日本でのチャンスにもなり得るとの指摘もある。 「ハイブリッドカーに強い日本は、電気自動車に後れを取っています。 米国、欧州、または韓国の主要企業が、新しい法律に対応するため、生産と供給を米国に迅速に移行する場合、これは逆転の機会になる可能性があります。 トヨタとホンダの動きは速い。 トヨタは先月31日、米国ノースカロライナ州で建設中の電気自動車などのバッテリー工場に3250億円(3兆1600億円)を追加投資すると発表した。 ホンダは先月29日、韓国のLGエナジーソリューションズと合弁で電気自動車用バッテリー工場を米国に建設し、2025年の稼働を目指すと発表した. 東京/キム・ソヨン特派員 dandy@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です