日本も物価上昇…「国民的お菓子」まで上昇

◀ アンカー ▶

日本経済は混乱している。

円安になると、日本への輸入品の価格が爆発的に上がります。

インフレは上昇しており、経済は生き残れず、見通しは暗い。

東京から特派員のヒョンジュン・ヒョンです。

◀ レポート ▶

日本の名古屋にあるスーパーマーケット。

日本人に人気の輸入果物であるアボカドの価格が大幅に上昇している。

永田義男(市場青果販売部長)
「以前はアボカドが100円か120円だったのが、150円になりました。」

人気食材のニシブリも3割高。

実際、防衛食品である輸入食品は値上がりしている。

国際原油価格の上昇で輸送コストが上昇し、為替レートが1ドル130円を超えるなど、輸入品全般の価格が高騰した。

日本を代表する銘菓でも値上げは避けられなかった。

1979年の発売以来、43年間10円をキープし続けている人気スナック菓子「うまい棒島」

価格は20%アップの12円。

米国産トウモロコシや植物油などの商品価格上昇の圧力に耐えることができなかった。

日本のコカ・コーラも、プラスチックの価格上昇によりペットボトルがより高価になったため、1.5リットルと2リットルのコカ・コーラ飲料の価格を5〜8%値上げしました。

国際的なエネルギーと穀物の価格が上昇し、円が上昇するため、日本のインフレは当面続くと予想されます。

分析によると、日本の世帯あたりの平均生活費は、インフレのために年間6万円、約58万ウォン多くなることが分かった.

東京からMBCニュースのヨン・ジュン・ヒョンに会いましょう。

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷ カカオトーク@mbcレポート

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。