日本のIMFで韓国語を学ぶ…日経看板コラムニストのチョン・ヨンヒョの日本産業分析の苦味

株式市場および IB での 30 年の経験 梶原 誠
半導体・製造企業の刷新によるグローバル競争の活性化
「変化を積極的に受け入れた金大中会長
「ソン・ジョンウィとビル・ゲイツのインタビュー後のデジタル強国の礎」
日本のスタグフレーションと金融危機

写真 = ゲッティ イメージズ バンク。

シニアコラムニストの日本経済新聞は、1997年の「IMF通貨危機」を克服した韓国について、全体的な危機にあった日本がもっと学ぶ時が来たと主張した.

日本経済新聞の梶原誠コラムニストは、「日本株は負け組だった」と題するコラムの1日目に、「世界的な危機で縮小した日本企業が振り返るべきは、IMFコリアが押し付けた危機である」と書いた。瀬戸際まで

コラムニストの梶原さんは、IMF危機に見舞われた韓国が変化によって回復したと報告した。 「1998年に就任した金大中(キム・デジュン)元大統領は、半導体や自動車などの大産業を2つか3つに凝縮し、大企業を韓国ではなく世界で戦うように後押しした。

「エンターテインメント・オブ・エンターテインメント」という看板を掲げ、世界市場への輸出を原則として作品制作を支援した」と説明した。 その結果、「ハイテクとエンターテインメントの存在感は日本を圧倒し、日本の 3 分の 1 だった 1 人当たり GDP は間もなく逆転するだろう」と彼は書いています。

韓国のグローバルなデジタルパワーへの台頭は、「変化を積極的に受け入れたリーダーの強い意志」でもあり、金大中元大統領がソフトバンクグループの社長であるソン・ジョンウィとマイクロソフトの創設者と会ったという逸話が特徴でした。 (MS)、ビル・ゲイツ。 就任して間もなく。 .

金前大統領の「韓国が経済危機を克服し、新たな一歩を踏み出すためにまず必要なことは何か?」という質問に、孫大統領は「1つ目はブロードバンド、2つ目はブロードバンド、3つ目はブロードバンド」と答えた。 ビル・ゲイツ「私は100%同意します」と彼は言った。

ブロードバンド(高速インターネット)の普及を約束した金委員長の質問は、「ところで、ブロードバンドとは?」 コラムニストの梶原氏は、「変化に対する韓国の前向きな姿勢は、さまざまな『理由』を求める不変の日本の風土とは対照的だ」と指摘した.

コラムで紹介した韓国と日本の一人当たりGDPの推移。 梶原年代記 "韓国の一人当たりの国内総生産 (GDP) は、日本の 3 分の 1 でした (トップ チャート) が、間もなく日本を逆転させます。"書きました

コラムで紹介した韓国と日本の一人当たりGDPの推移。 コラムニストの梶原氏は「韓国の一人当たり国内総生産(GDP)は日本(トップチャート)の3分の1だったが、間もなく日本を逆転させるだろう」と書いた。

彼は、「彼が何か他のことについて話しているように、それは「失われた 30 年」ではなく、「失われた 30 年」ではありません。 30年)、自分の失敗を認め、危機感を持ってください。

コラムニストの梶原氏は、スタグフレーション(インフレと景気後退が同時に起こる経済危機)と金融危機が同時に起こる可能性があるとして、日本の危機を警告した。 ロシアがウクライナに侵攻した 2 月 24 日以降、天然ガスと燃料油の価格はそれぞれ 2 倍、41% 急騰し、世界的なインフレに拍車をかけています。

世界経済の先行指標として「ドクター・カッパー」「ドクター・コスピ」と呼ばれる銅価格と、韓国のコスピ指数の急落は、世界経済の低迷の前兆と見られている。

一方、彼は、米国の財政緊縮が常に金融危機の引き金になっていると警告した。 アメリカ中央銀行 (FRB) の緊縮財政政策は、1994 年のメキシコ通貨危機、1997 年のアジア通貨危機、2000 年のアメリカのコンピューター バブルの崩壊の出発点でした。

しかし、日本はウクライナ侵攻後に日経平均株価が8%上昇したことを恐れ、変更を拒否した。 コラムニストの梶原氏は、「世界の投資家の判断の指標である日経225指数は、同期間にドル換算で9%以上下落した。

円に対して価値を失ったのはドンとビットコインだけでした。 これは、ドルに対する円の価値が 16% 下落したことと、外国人投資家が今年 2 兆円以上の日本株を売却した結果です。 コラムニストの梶原氏が「日本株は負け組」と定義したのもこのためだ。 彼は、「日本が変わらなければ、IMF の時代に世界の投資ファンドに押されたかのように変化を余儀なくされた韓国の状況が再び起こる可能性がある。

梶原誠氏は日本経済新聞の特集コラムニストで、30 年近く株式市場と投資銀行 (IB) 業界を専門としています。 ニューヨークや香港などの国際金融センターの特派員として、アジア通貨危機、日本の金融危機、そして「リーマンショック」を直接取材。

今日でも、彼は世界クラスの資産運用会社やプライベート エクイティ ファンド (PEF) 運用会社の代表者と対話し、グローバルな視点から日本およびアジアの金融市場を診断しています。 ソウル特派員だったこともあり、韓国への造詣が深いと評価される。

東京=チョン・ヨンヒョ特派員hugh@hankyung.com

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です